NIKE 公式オンラインストア

ミラノ・サローネ 2012

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

世界最大の国際家具の見本市/デザインの祭典である、ミラノ・サローネ 2012が、2012年4月17日〜22日まで、イタリア・ミラノ市内にて開催された。サローネは、プロフェッショナル向けのメイン会場であるフィエラと、市内に点在するフォーリサローネの2つの会場から成る。

この1週間は、沢山のイベントが開かれ、世界中からデザイン関係者が集まり、街全体がデザイン一色となる。憧れの有名デザイナーが目の前に!なんてこともしょっちゅう。

DSC_2831.jpg
フィエラ会場

フィエラ会場は、約20万平米の敷地に計2500ブランドのブースが並び、実際的な商談の場となっている。今年も世界160カ国から30万人以上の来場者を迎え、その内、イタリア国外からの参加者は6割にも上る。会場は、デザイン、キッチン、バス&トイレ、そして若手デザイナーの発表の場であるサローネサテライトに分けられている。

全体的なトレンドとしては、素材本来の特徴や利点を活かしたデザインのものに注目が集まった。

DSC_2858.jpg
riva1920のブース

たとえば、「リーヴァ」は得意な木材のクオリティをアピールするために、木でつくったデモンストレーション用の車を展示。多くの観客が、技術の確かさと滑らかな触感に感嘆の声をあげていた。

BENCH%20Fukasawa_01.jpg
“BENT GLASS BENCH”, Design: Naoto Fukasawa

素材の中でも、特に“軽さ”への注目は高い。軽い素材は扱いやすく、輸送コストの面からも環境の面からも利点があるということで、関心を集めている。たとえば、 深澤直人デザインによる超軽量化されたクリスタルガラス製の「Bent Glass Bench」などはその一例だ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE