民野宏之展「1997-2012」

HAPPENINGText: Satsuki Miyanishi

静けさの中に海外を思わせるスタイリッシュなクロスホテル札幌のフロントへ着くと、そこに掲げられた1枚の絵に目を奪われる。手を伸ばせば触れそうな、溶けかかったアイスバーを表現した油彩の絵。まるで時間を切り取ったかのように丁寧に描かれたこの絵は、画家・民野宏之の代表的な「アイスバー」シリーズだ。

_MG_0046.jpg

2011年からSHIFTとのコラボレーションによりアート作品の展示を行う「まちなかアート」のクロスエディションとして、民野宏之展「1997-2012」クロスホテル札幌にて、開催されている。このプロジェクトでは、年間を通して道内作家の展覧会を行うことで、札幌から世界に向け道内のアーティスト情報を発信している。本展は同企画の第4弾。

_MG_0048.jpg

“ホテル”という場所を使った展示は、美術館やギャラリーで行われる展覧会とは別の魅力がある。主に作品が多く飾られるラウンジは、ブラックの壁の他、レンガ風の壁、サテンのような質感で柄の入ったピンクの壁など、絵画の背景としては少々派手すぎるのではないかと思われるものもある。だが不思議なことに、前回までの矢柳剛のカラフルな作品、ワビサビのモノクロの作品など、どの作品でも違和感がなく、むしろそれぞれの絵の魅力をより引き立ててくれるのだ。

DSC_0256s.jpg

そして期待を裏切ることなく今回の民野氏の作品にもとてもマッチしているのである。また、表裏に2枚の作品を見せるホテルのエントランスの作品や、真っ赤なピアノやシックな掛け時計などのインテリアとのコラボレーションも見所となっている。

_MG_0111.jpg

北海道生まれの民野氏は1983年から油彩を始め、同年に札幌にて初めての個展を開催。それ以来、ティッシュやお菓子、食器など普段なにげなく見ている身近なものに焦点を当て、静寂な描写の中にあたたかな印象を持つ作品を描き、銀座をはじめ全国で展覧会を行ってきた。札幌では大丸にて行われた展覧会から2年ぶりの展示となる。また、林真理子、三浦綾子、東野圭吾など有名作家の本を含めた100冊以上の本の装丁を手がけている彼の作品を知らぬうちに目にしたことがある方も多いのではないだろうか。

_MG_0133.jpg

今回の展覧会では、旧作から新作を含む21点の作品が展示され、彼の作品の変遷を見ることができる。『3月に東京・南青山にて発表した新作を4月中に展示替えし、展示する予定です。また、同じく4月には2週間程滞在制作も行っていただく予定です。展示だけでなく、ホテルでの滞在制作という新しい試みになります。制作した作品を期間中に展示する予定でいますので楽しみにして下さい。』と今回の展示のキュレーションを行う大口氏は語る。

_MG_0087.jpg

オープニングの際に、訪れた方々それぞれにとても丁寧に接する民野氏が印象的だった。作品のやわらかい雰囲気から想像できる通り、民野氏の優しい人柄も彼の魅力の一つだ。夜9時ころには就寝し、朝5時には起きて活動を始めるという自然のリズムと調和した生活も、静けさの中に心を揺さぶる力強さを感じられる油彩画を生み出す原動力の一つとなっているのかもしれない。

民野宏之展「1997-2012」
会期:2012年3月2日〜6月30日
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
主催:クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051)
キュレーション:クラークギャラリー+SHIFT
協力:まちなかアート株式会社正文舎
http://crossmet.jp/sapporo/

Text: Satsuki Miyanishi
Photos: Ryoichi Kawajiri

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE