旧ユダヤ人女子学校

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ミッテの復活、ベルリンの復活 

2012年2月のある晩、凍てつく寒空の下にも関わらず、ベルリン中心部にあるアウグスト通りは多くの人で溢れた。彼らのお目当ては新しく誕生したギャラリー・コンプレックスのオープニングを訪れることだ。建物の前には入場を待つ人だかりができている。ベルリンでは珍しい行列だが、その理由も納得できるだろう。なぜならここではコンプレックスのオープニングだけでなく、アート・シーンにおけるミッテの復活に立ち会えるかもしれないからなのだ。

ベルリンの壁が崩壊した頃、旧東ドイツに属していたアウグスト通り周辺には多くの空き屋があったという。そこには使用可能なスペースが多数あり、好奇心溢れる人々にとっては、街の中心部に突如現れたフロンティアだったに違いない。現在このエリアはミッテ地区とよばれており、日本語では「中心」の意味を表す場所だが、1990年代に無数のギャラリーがこの新天地に殺到したため、ミッテはまさに文字通りベルリンのアート・シーンの中心となっていた。しかし今やここをベルリンのアートの中心と呼ぶには躊躇してしまう。多くのギャラリーは家賃の上昇や再開発の影響を嫌って郊外へと移転しており、通りにはブティックやカフェといったお洒落な店が立ち並ぶ。そして道を歩くお洒落に着飾った人々は、観光ガイドを片手に、それらの店へ消えていく。そう、今となってはこのエリアはベルリンにおけるツーリズムの中心部であっても、アートの中心部ではなくなってしまったのだ。

01_12_M%C3%A4chenschule_aussen_A4_ok.jpg
旧ユダヤ人女子学校 外観 Photo: Stefan Korte

今回ミッテ復活の狼煙となるのは1920年代にユダヤ人女子学校として建てられた建物。ナチスによるユダヤ人迫害が強まる1942年まで本来の役割を果たしていたという。しかしその後は、戦時中に病院として使用され、戦後は東ベルリンでの教育施設として用いられてきた。そして1996年に生徒不足を理由に閉鎖されて以来、ミッテ地区の真ん中で空き屋のままとなっていた。周りの建物は改装が進み再開発の波に飲み込まれる中、歴史に翻弄された建物はミッテの中心にありながらも、アート・シーンやツーリズムと関わりを持つことはなかったのだ。このような建物の使用方法が決まったのは最近のこと。2009年に本来の所有者であるベルリンのユダヤ人団体へと返還されたことによって、ついに長期的な使用が可能となる。こうして建物は流行のツーリズムに踊らされることなく、ギャラリーが入るコンプレックスとして、満を持してかつてのアートの中心に登場することとなった。

02_12_m%C3%A4dchenschule_01_ok_A4.jpg
旧ユダヤ人女子学校 建物内部 Photo: Stefan Korte

コンプレックスは建物の歴史を引き継ぎ「旧ユダヤ人女子学校(Ehemalige Jüdische Mädchenschule)」と名付けられた。機能主義の美を追究した建物は14室の教室や体育室などを備えており、多額を費やして改修され、3軒のギャラリーが入居することになった。建物に一歩足を踏み入れれば、古めかしい装飾に彩られた正面入り口が来訪者を迎え、建物が持つ歴史の重みを感じさせてくれるだろう。しかし感じられるのは歴史だけでなく、現代のアーティストたちが作品を通して映し出す現在でもある。5階建ての建物の中では、それぞれのギャラリーがスペースを構えており、かつて生徒たちが学び遊んだ場所には、優雅に現代の美術作品が展開されているのだ。

CWCGALLERY1.jpg
カメラ・ワーク・コンテンポラリー・ギャラリー Photo Courtesy of CWC GALLERY

建物2階にスペースを展開するのは、カメラ・ワーク・コンテンポラリー・ギャラリー。ベルリンで写真作品を扱うギャラリー、カメラ・ワークが新たに用意した二つ目のスペースである。本店では主にファッション写真などを扱っているが、新しいスペースでは写真だけでなく彫刻やペインティングを扱い、新たな展開を行っていくようだ。400平方メートルに及ぶかつての教室や廊下を用いた展示スペースの中で、素晴らしい作品と出会えることになるだろう。

建物4階に入るギャラリーは、EIGEN + ART Lab。ライプツィヒを拠点とするギャラリー、EIGEN + ARTの支店であり、今回のスペースはベルリンでの二つ目の展示場所となる。ギャラリストのゲルト・ハリー・リィブッケは日本でも知名度の高いカールステン・ニコライや、ライプツィヒ出身のペインター、ネオ・ラウホなどを世界的なスターへと育てたことで名高い。EIGEN + ARTが今までベルリンで展示を行ってきた場所はコンプレックスから僅か数100メートル離れたところ。つまりギャラリーは1992年から再開発の波にも負けず、ミッテにおけるアート・シーンの火を守り続けてきていたのだ。今回、同じ通りに二つ目のスペースを設けたように、ミッテに対するギャラリーの並々ならぬ思いが伝わってくる。

02_12_m%C3%A4dchenschule_05_ok_A4.jpg
ミハエル・フックス・ギャラリー Photo: Stefan Korte

そして同じく建物の4階に入るのは、ミハエル・フックス・ギャラリー。1997年よりベルリンでギャラリー・ハァス・アンド・フックスを共同で率いてきたミハエル・フックスによる新しいギャラリーだ。イケムラレイコ、フランク・ステラ、そしてチャック・クロースがギャラリーに所属しており、今後はミッテで質の高い展示が見ることができるに違いない。またミハエル・フックスはギャラリストだけでなく、このコンプレックスを生み出したプロジェクトのリーダーでもある。今回この建物を20年契約で借り上げて、他のギャラリーにスペースを貸し出しており、今後は他にもコレクターや他の美術系施設にスペースを貸し出すことも検討しているという。このような注目を集める場をどのように運用していくかは、まさにミッテの復活に関わることでもあり、今後の展開が非常に気になるところだ。

_MG_1769_ok_A4.jpg
ミハエル・フックス Photo: Stefan Korte

近年多くのギャラリーが郊外へと流出する中で、単発的ではあるがミッテにスペースを構える美術関連の施設が増えてきている。2009年、20世紀の半ばに活躍した写真家アルフレッド・エールハルトや現代に活躍する写真家の作品を展示するアルフレッド・エールハルト財団がアウグスト通りへと移ってきた。そして2010年、その目と鼻の先に現代美術だけでなく民族美術や工芸作品などの個人コレクションを展示する「ミー・コレクターズ・ルーム」もオープンした。このように最近ではミッテに再び注目が集まりつつあった。しかしミッテの復活を語る上では再開発の波に負けることなく、この場所で今なお良質な展示を行うギャラリーや美術館を忘れてはいけない。例えば、ベルリンで最も先進的な展示を行い、またベルリン・ビエンナーレを開催する美術館「KW」はコンプレックスの向かい側にあり、その裏にはオラファー・エリアソンやリクリット・ティラバーニャなどの展示を開催するノイゲリームシュナイダーがスペースを構える。このようなミッテの現況に旧ユダヤ人女子学校は大きな刺激を与え、新しい息吹を吹き込むことは間違いないと言って良いだろう。数年前から現れていたミッテ復活の兆しは、今回のコンプレックスの誕生によって現実になるかもしれない。だからこそ人々は多大な期待をせずにはいられないのだ。

現在ベルリンのアート・シーンは不況の下で苦しみにあえいでいる。ベルリンに支店を構えていた幾つかの有力なギャラリーは撤退しており、少なからぬギャラリーがスペースを閉じている。何よりもベルリンで毎年開催されていたアート・フェア、「アート・フォーラム・ベルリン」の終了は多くの人々に失望を与えた。そして世界的な知名度を誇るドイツ・グッケンハイム美術館の2012年末閉館のニュースは強烈な追い打ちをかける。残念なことに国際的な美術におけるメトロ・ポリスだったベルリンは、今やヨーロッパの大都市の一つに成り下がったと言うことが出来るだろう。それゆえ美術関係者の過去への郷愁は非常に強い。90年代のベルリンは輝いていた。現在ベルリンで活躍するギャラリーの多くがミッテでそのキャリアを始めていた。また世界中のギャラリーがミッテに支店を開こうと願っていたという。ミッテは90年代のベルリンを牽引していたのだ。今、ミッテがベルリンのアート・シーンの中心に戻ることは、美術業界の重心の移動を表すわけではない。人々は願っているのだ。かつてミッテの輝きが世界のアート・シーンを照らしていたように、ミッテが息を吹き返し再びベルリンの輝きが世界のアート・シーンに届くことを。

旧ユダヤ人女子学校(Ehemalige Jüdische Mädchenschule)
住所:Auguststraße 11-13, 10117 Berlin, Germany
http://www.maedchenschule.org

ミハエル・フックス・ギャラリー(Michael Fuchs Galerie)
開廊時間:10:00〜18:00(日・月曜日休廊)
TEL:+49 30 2200 2550
http://www.michaelfuchsgalerie.com

カメラ・ワーク・コンテンポラリー・ギャラリー(Camera Work Contemporary Gallery)
開廊時間:10:00〜18:00(日・月曜日休廊)
http://www.camerawork.de

EIGEN + ART Lab
開廊時間:11:00〜18:00(日・月曜日休廊)
http://www.eigen-art.com

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE