PINA/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

THINGSText: Wakana Kawahito

五感を揺さぶる衝撃、魂を満たす至福。

pina-main.jpg

コンテンポラリーダンスにさほど馴染みがない人でも、ピナ・バウシュという名前は耳にしたことがあるかもしれない。彼女は、世界で最も知られた振付家・ダンサーのひとりであり、その革新的なスタイルで、コンテンポラリーダンス界に大きな影響をもたらした。

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」は2009年に惜しくも急死したピナ・バウシュについてのドキュメンタリー映画だ。

pina-sub1.jpg

ヴィム・ヴェンダース監督は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の撮影の後、20年来の親友であるピナ・バウシュの映画を撮ろうと長年画策していた。しかしながら、そんな中、突如ピナが逝ってしまったため、映画の制作は中止され、再び開始されることはないかと思われた。けれども、映画化を望む周りの熱意と、3D映像でならダンスの躍動感を伝えることができるとの監督の考えにより、映画はついに完成された。

pina-sub2.jpg

「カフェ・ミュラー」「春の祭典」「フルムーン」「コンタクトホーフ」の4つの舞台をメインに映画は構成されている。その舞台シーンの合間には、ヴッパタール舞踊団の団員たちが、公共の場や工場、ベルギッシェスランドの自然、ヴッパタールを走るモノレールの中などで、自由に踊る場面が挿入される。

pina-sub3.jpg

確かに、3D映像はダンス映画に向いている表現方法だ。舞台というライブで生身の人間が繰り出す躍動感や生命力は、単純に映像化しただけではなかなか伝えきれない。もちろん、3Dであっても、映像表現と舞台表現はまた別のもの。ライブにはかなわない部分もあるのだが、この映画は、舞台では実際に見ることが不可能なダンサーの表情のズームアップや、観客が見ることができない角度からのダンスを見せてくれる。そのため、舞台とは違った楽しみ方がある。また、3Dならではの映像の奥行き効果により、ダンサーたちがまるですぐ目の前で踊っているかのような臨場感を味わえるのだ。

pina-sub4.jpg

ピナの求めに必死に答えようとするヴッパタール舞踊団の団員たちの想いが、そしてそれを切り取ろうとするヴィム・ヴェンダース監督の眼差しが、1カット1カットにこめられている。この映画を通して、ピナが繊細な心で懸命に、自己と向き合って作り上げてきた創造と葛藤の歴史を垣間見ることができる。ピナ・バウシュという類希なる才能と、新しい3D映像表現をぜひ堪能して欲しい。

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
2012年2月25日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9他 全国順次3D公開
http://pina.gaga.ne.jp

Text: Wakana Kawahito
Photos: © 2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION, 写真提供:ギャガ

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE