ロンドン・デザイン・フェスティバル 2011

HAPPENINGText: Yumiko Isa

今年で9回目となるロンドン・デザイン・フェスティバル(以下LDF)が、9月17日から25日にかけてロンドンで開催された。過去最大となる注目すべき今回は、180に及ぶ出展者による300ものイベントがロンドン中のあちこちで行われた。

イギリスの財務大臣ジョージ・オズボーン氏は、最近行われた予算演説の中で『イギリスで作られたもの、イギリスでデザインされたものが、国を活性化させる事につながる』と述べている。デザイン業界はイギリスにとって非常に重要な市場であり、LDFはイギリス経済の再生にも大きく関わっていると言える。イベント主催者のベン・エヴァンズは『今年のLDFはロンドンのデザイン業界の実績となる一連の優れたプロジェクトによって、ロンドンのデザインが持つその力と多様性を訴える事になるはず。』とコメントしている。

メイン会場となるのは、ロンドンで最も人気の美術館のひとつであるヴィクトリア・アンド・アルバート(V&A)ミュージアム。そこでは数々のワークショップやレクチャーと共に、12個ものインスタレーションが館内全体を通して楽しめる。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2011
Timber Wave at V&A designed by AL_A and supported by AHEC and Arup © London Design Festival, 17-25 September 2011

クロムウェル・ロードの正面玄関の前に設置された、最近行われたV&Aによる国際コンペの勝者である建築家、AL_Aによる12メートルもの「ティンバー・ウェーブ」はインパクトがある。オイル加工されたアカガシワというアメリカ製のオーク材で作られたこの素晴らしい螺旋状の作品は、緻密な曲線を描くために非常に薄くスライスされた板を積層状に接合させる特殊な技術によるものだ。

IMG_2261.JPG
© London Design Festival, 17-25 September 2011

「ザ・パワー・オブ・メイキング」は100以上に及ぶ見事な工芸品や技術のクリエイティビティの幅広い可能性をアピールした展示だった。

おそらく何かを作るということは、人間のもつ最も優れた能力のひとつだろう。人々はずっと昔から、生活をより良くするためのアイデアを形にするため、試行錯誤を重ねながら様々な技術を磨き続けてきた。ものづくりの力というのは決して特定の人だけに与えられた特別な能力ではなく、多かれ少なかれ誰もが持っているものなのだ。

廃れかけていた伝統工芸が、その伝統的な技術はそのままに新しい変わった素材を使う事で再び注目を浴びるきっかけとなった作品は多い。展示されている作品は伝統的な技術を使ったものから最新技術を使ったものまで(例えば伝統的な石造りの壁やライオン型の棺から3Dプリンティングまで)新旧両方にスポットを当てている。

Textile%20Field%202.jpg
Textile Field by Ronan & Erwan Bouroullec + Kvadrat © London Design Festival, 17-25 September 2011

フランスの最も活躍するデザインデュオ、ロナン・エルワン・ブルレックが、世界的なテキスタイル会社のクヴァドラ社と今回共同制作した「テキスタイル・フィールド」。柔らかな布で覆われたフォーム材はとても座り心地がよく、観客は裸足になってそのテキスタイル”ラウンジでくでつろいでいた。『今までにない美術鑑賞の環境を作る事がこの作品の狙い』とデザイナーは語っている。

IMG_2277_2.jpg
British-ish by Giles Deacon © London Design Festival, 17-25 September 2011

イギリス人ファッションデザイナーのジャイルズ・ディーコン監修の「ブリティッシュ・イッシュ」は、ロンドン芸術大学の今年度の優れた卒業生による作品の展示だ。この作品はV&Aのブリティッシュ・ギャラリー内に、歴史的な展示物と共にバラバラに設置されている。新旧のクリエイティビティが織り交ぜられた展示は新鮮だった。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2011ロンドン・デザイン・フェスティバル 2011
Poly Light by Scene Design, 100% at London Design Festival 2011 © London Design Festival, 17-25 September 2011

実用的なデザインプロダクトから建築素材のようなマニアックなもの、新進気鋭の新しいデザイナーの作品など、400以上の出展者が集まる100%デザインもフェスティバルのメインイベントのひとつだった。

ロンドンの秋のメインイベントのひとつであるデザインフェスティバルは、イギリス国内のみならず世界中のクリエイティブ業界にとっても大きな役割を果たした。町中の至るところで色んな催しが行われたため、わざわざメイン会場に足を運ばずとも何かしらこのデザインのお祭りの一端を目にする事ができた。来年はどのような新しいユニークな企画で楽しませてくれるのか、今から期待している。

ロンドン・デザイン・フェスティバル 2011
会期:2011年9月17日〜25日
会場:ロンドン市内
http://www.londondesignfestival.com

Text: Yumiko Isa
Photos: © London Design Festival

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE