パリ・デザイン・ウィーク 2011

HAPPENINGText: Shotaro Okada

バカンスシーズンも終わり、新学期を迎えたパリ。その初々しさも一段落した9月12日〜18日に「パリ・デザイン・ウィーク 2011」が開催された。

これは、「メゾン・エ・オブジェ」というインテリア、雑貨の国際見本市に合わせ、パリにあるデザイン施設が一同に会し、多くのイベントを行なうお祭りのようなもの。そして、今回は記念すべき第一回目。期間中は、メトロの入口にポスターが貼られたり、参加する施設の横には旗が置かれたりと街に彩りを添えていた。

パリ・デザイン・ウィーク 2011

施設に対する知識がなくても、デザイン、フード、ファッション、デコ、アートと5つのセクションに分けられ、詳細はインターネットや無料配布されるガイドブックに明記されているため、自らの興味本位で巡ることができた。

pdw2.jpg

期間中に行なわれるイベントは展示会やカクテルパーティなどがあり、気軽に参加することができるのが嬉しい。セレクトショップ、「メルシー」では「素顔の日本」展が催され、終日人が絶えない様子。天井からは鯛を模したソープが吊るされ、ユニークな印象を与えていた。

pdw3.jpg

「素顔の日本」展は名前の通り、日本のプロダクトに焦点を当てたイベントで、日用品から伝統工芸品に至るまで、あらゆるものが品良くまとめられていた。店内には無印良品のコーナーも設置。日本のプロダクトの飾らなさを「素顔」に重ねており、置かれた品々は「メルシー」のフラットな雰囲気と調和していた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ラ・フェリス
MoMA STORE