クアン・フイミン

PEOPLEText: Emma Chi

クアン・フイミンは20年以上の経験を持つフリーランスの写真家だ。彼は現代中国社会において注目度の高いテーマを選び、長期に渡り追跡撮影を続けている。彼の作品には中国農村社会の変遷をテーマとした「岜沙(バシャ)20年」、庶民の精神と信仰や自然の生体系の変化など、社会の底辺に存在する人々の姿を捉えた「鉱山労働者写真」と「小鉱山」などがある。2004年5月からクアン・フイミンは鉱山労働者をテーマに撮影を始めた。3年の歳月をかけ、幾度となく様々な鉱山を行き来し、そこで起きたストーリーを撮影することで、農民や鉱山労働者の悲喜こもごもを記録している。

クアン・フイミン

何故、鉱山労働者を撮影しようと思ったのですか?

中国では小さな鉱山の多くが都会と農村の境界にあります。交通も便利で、採掘する技術や設備は簡単ですが、数十メートルも掘ればすぐに鉱石が採れます。1トンの鉱石を採掘するのに必要なコストはそれほど高くありません。高品質なものだと、転売すれば1トンにつき数百元の利益が出ます。その利益に駆り立てられた多くの個人経営者たちが採掘に参入してくるので、大量の肉体労働者が必要となります。そして、そのような肉体労働に従事するのは、辺鄙(へんぴ)な貧しい山間部からやって来た農民たちなのです。

photographer_kuang_huimin4.jpg

そのような鉱山労働者はどのような場所で生活しているのですか?

私が記録した鉱山は湖南省南部に位置し、百年近い採掘の歴史があります。ここで働く労働者の多くは、湖南・四川・貴州・湖北の農村出身者です。2004年鉱山採掘の管理に混乱があり、大小様々な鉱山事故が日常的に起きていました。私はカメラを通して特殊な人々の生存状態を記録することにしました。そしてそれらの写真はインターネットとテレビのメディアを通じ放送され、鉱山を管理する部署の関心を引き起こすことができました。社会世論が法整備や監督管理など採掘条件の改善を求めたり、鉱山労働者が劣悪な生活環境から抜け出せるよう支援するようになりました。私はこのことから、写真を通して社会の改革や発展に関わり、進歩を促すという初志を得ました。

photographer_kuang_huimin5.jpg

鉱山を撮影するのに、どのように鉱山の人々を説得したのですか?

私はフリーランスのカメラマンです。ですから時間はたくさんあります。そして撮影対象をじっくり観察し理解するよう努めています。撮影地点を決めると、毎日のように現地に向かいます。そして鉱山労働者たちと友達になります。短時間ですぐに撮影を済ませて発表するようなことはしません。私は自分を「作家」だと考えています。(撮影対象の)生活に深く入り込み、写真でストーリーを語る特殊な「作家」です。また今回は多くの鉱山労働者たちのおかげで、「画家」になりました。それは私がよく彼らのために、彼らの“働く肖像画”を撮影しているからです。その肖像画を、労働者たちに家族に送らせます。彼らがくたくたになりながらも働いている姿を、彼らの家族に見せるようにしました。彼らは私が撮った肖像画は、自分たちの人生で最も真実を写した写真だと言ってくれます。始めの頃は多くの人に、私が何のために撮影しているのか理解してもらえませんでした。一年、二年と通いましたが一度も彼らの生活や仕事を邪魔したことはありません。そして少しずつ鉱山の所長や労働者の信頼を得ていったのです。

photographer_kuang_huimin7.jpg

あなたの作品は違法鉱山に焦点を当てているそうですが、彼らを撮影することでどんなことを伝えたいと考えていますか?

私が撮影してきた鉱山の中には、違法に採掘している小さな鉱山もありました。投入される資金も少ないため、設備も粗末で、必要な安全管理もなされていません。地滑りなどの事故もしばしば起こります。ある労働者は竪坑(垂直に掘られた坑道)の中で窒息死しました。また、過度の採掘は地下を空洞化させ、蜘蛛の巣のように無数の穴が張り巡らされています。そして地下で、ある部分が沈下すると、地上の池は干上がり貯水出来なくなります。これはその土地の環境・水資源・生態系に影響し、ひいては治安まで日に日に悪化させてしまいます。生態環境の変化は、深刻な水資源や土壌の破壊を引き起こし、更に大地を荒れ果てたものに変えます。私はこの写真シリーズを通じて、社会や国の管理機構が違法採掘の現状にもっと目を向け、整備するように働きかけています。もちろんそれには長期的な計画を立て実行していくことが必要です。一時的な対策だけで、根本から解決できるような問題ではありません。2007年の春から政府は鉱山採掘の整備に力を入れ始めました。私が撮影した小鉱山や他の地域の竪坑が社会的注目を集める中、爆破され閉山していきました。そして農村からやって来た鉱山労働者は仕事を失い、荷物を持ちこれらの土地を離れ、新しい生活を求め他の土地へ去って行きました。私が撮影した鉱山労働者の作品は、その時代の歴史の記憶となっているのです。

Text: Emma Chi
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE