半野喜弘

PEOPLEText: Sumie Okada

電子音楽から映画音楽、オーケストラ作品まで幅広い創作活動を世界規模で実践し、独自のスタンスと視点で音楽を描く孤高の音楽家、半野喜弘。RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNOとしてのライブパフォーマンスや、アジア映画の巨匠、ホウ・シャオシェン監督作品「フラワーズ・オブ・シャンハイ」、ジャ・ジャンクー監督作品「プラットホーム」など、映画音楽家としての国際的評価も高い。現在、パリと東京を拠点に、よりワールドワイドな活動を展開中の半野氏にお話を伺った。

半野喜弘

まず初めに、半野さんの音楽的バックグランドを聞かせてください。またキャリアをスタートしたのは、エレクトロニックミュージックから?それとも他のジャンルからでしょうか?

元はジャズっぽいバンドをやっていました、その後ラッパーとしてレコード会社と契約し、その数年後、エレクトロニック・ミュージックをプロデュースする方向にシフトしました。

「RADIQ」のコンセプトやキャリアを教えてください。

2003年位から始めたと思いますが、忘れました。映画音楽など、RADIQとしての制作を全くやらない事もあるので、やりたい時にやっている感じです。
半野喜弘の名義では長い間、ブラックミュージックと距離をおいていました。しかし、ある時期に自分のルーツにある60〜70年代のブラックミュージックの熱量を、現代の感覚のなかに投影する事に興味を感じ始めたのです。ルーツを感じさせる未来の音楽とでも言えばいいかな。そういうイメージです。ただ、新しいと呼ばれるだけの形態は時間と共に簡単に風化するので興味はないのです。時代に媚びるのではなく、時代を拡げる創作がしたいですね。

RADIQ_3.jpg

始めた当時、半野さん自身やシーンはどのような状況でしたか?

時々の流行が自分に合う合わないはありますが、常にシーンは活発ですよ。シーンはあまり気にしてないですね。自分が良いと思う事をやるだけ。それ以外ないですね。

日本を離れて、パリに移住を決意した理由は何でしょう?

ヨーロッパでの活動や暮らしに興味があった事。好きな女性がパリに住んでいた事。シンプルですよ。

その当時一番影響を受けたものは何ですか?そして今日影響を受けているものは?音楽でも、人生におけるで出来事でも、出会った人でも。

異文化がすぐ横に存在してるという感覚ですね。これは島国の日本人には鮮烈でした。言葉も違う。好みも違う。意見も違う。でも、おなじ場所に普通にいる。世界の縮図なんだなって、思いましたね。
今も様々な事から影響は受けます。最近は、死を意識して物事を考えるようになりましたね。老いなのかもしれない。

RADIQ_2008.jpg

コンスタントに作品をリリースされていますが、制作中のエピソードやどのような機材環境で創作したのか教えて下さい。また、制作にはどの位かかりましたか?

実際の制作は、1曲を2〜3日位じゃないかなと思います。コンピューターベースです。後は、ピアノ、ギター、ベース、パーカッション等、生楽器も結構使います。必要なものを使うだけで、規則は全く無いです。

どういうときにアイディアが浮かびますか?また、曲作りで一番大変なのはどんなところですか?

好きでやってることなので、大変な事はないですね。そして、好きな音楽をつくってるので、いつでもアイディアはあります。嫌な事をやるときは、アイディアは浮かばないので、苦労はしますね。

RADIQ-septet_2.jpg

数年前からバンドという表現スタイルを選んだ理由、きっかけを教えてください。

昔やっていて、途中でやめてしまったので、もう一度挑戦したいと思い始めました。後は、自分の肉体だけで何ができるかを再度体感するために。運動を始めるのに近い感覚です。瞬発力とか。

何人かで演奏することは、1人で演奏することとどう違いますか?

人が多いと、進むルートはより予測不可能になります。それが良いときもあれば、崩壊するときもある。それをどうやって、まとめあげていくか、良い瞬間をすくいあげるか、その瞬間のジャッジが一人の時以上に多岐に渡るということじゃないですかね。

今の音楽スタイルに行きつく過程で、影響を受けた人物や音楽は?そして今のご自身を作り上げたものは何だと思いますか?

影響を受けたものは、あまりにも多過ぎて列挙できないです。僕の音楽を支えているのは、人生への渇望と音楽への憧れですね。多くの偉人から、その音楽から沢山の事を学びます。それは今も同じです。

デジタル化の影響は、音楽シーンにもかなり大きな衝撃となっていると思うのですが、音楽とデジタルとのつながりについてどう考えますか?

不可欠なものですが、毒でもあります。毒の部分が、どんどん人々を浸食してると感じます。本質を見失いつつあります。

半野さんは様々な活動をしていますが、その活動の中で核となるものは一体何ですか?

音楽の中に、誰もが持ち得る普遍的な感情を見いだす事、そして未だに気付いていない未知の部分を探り当てる事です。自分という人間が、どういう人間なのかを確かめる作業なのかもしれません。

今後、どういった活動をしていきたいと考えますか?新たなプロジェクトやリリースの予定はありますか?これからの音楽的なプランや方向性を聞かせてください。

RADIQは今年は、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、そして日本と、沢山のレーベルからのリリースが予定されています。
半野喜弘としては、BLOWFISHという台湾映画の音楽を終えました。
そして、念願の自分の映画製作もスタートしました。映画づくりは僕の次の大きな目標です。

Text: Sumie Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE