ウィーンフェア 2010

HAPPENINGText: Carmen Rüter

オーストリア国内の最も重要な現代アートの祭典。

viennafair1.JPG
Hanna Nitsch, Aaron-Block (2009)

6度目となる今年のウィーンフェアは、ウィーンを世界的な現代アートの地としての地位を向上させることも目的とすると、総合ディレクターであるエデック=バーツによって宣言された。114のギャラリーはそれぞれ所属のアーティストの作品を展示し、33のギャラリーが西ヨーロッパ地区から(うち2カ所はトルコから)、43のギャラリーがオーストリアから、33が東ヨーロッパから、イスラエル、メキシコ、アメリカ、アラブ首長国連邦からはそれぞれ1ギャラリーから展示を行った。南東欧には絶え間ない注目がされているが、そこには、今年のトピックである「アートと映像」という変わりつつあるテーマへの関心いうことも付随している。

viennafair2.JPG
Ján Vasilko, Gallery Space, Slovakia

最も優れたブースデザインを行ったギャラリーに与えられる、オーストリア経済省新旧ギャラリー賞の2010年の受賞者は、ベルリンのコック・オーバーフーバー・ウルフ・ギャラリーのアレキサンダー・コック、ニコラウス・オーバーフーバーとジョセリン・ウルフ、それとウィーンのネーヒスト・セント・ステファン・ギャラリーのローズマリー・シュヴァルツヴェルダだった。

審査員のエーデルベルト・ケープ (MUMOK館長)、アーウィン・ペレット(オーストリア経財省)、アンジェラ・スティーフ(クンストハレ・ウィーンのキュレーター)、リタ・ヴィトレリ(アートマガジンSpikeの編集長)は、コック・オーバーフーバー・ウルフ・ギャラリーによって実現された芸術的に制作する場所として、社会的側面と現代的なマルチメディアのブースデザインとの間にある結びつきを強調した。また、ネーヒスト・セント・ステファン・ギャラリーでは、ハーバート・ブランドルの抽象画に基づくコンセプトが評価された。加えて会場では、スペースというトピックを扱った多くのミニマルまたはコンセプチュアルな作品が展示されていた。

viennafair3.JPG
Ila, installation, Gallery Eugen Lendl, Austria

展示会は、東ヨーロッパの若手アーティスト、国際的に有名なギャラリーと、地方マーケットを形成しているギャラリーの3つに分けられるように思われた。ウィーンフェアのフォーカスが”CEEに焦点を当てた国際現代アートフェア”ということにあったため、東ヨーロッパのアーティスト達によって非常に興味深い講演が行われた。展示会以外のそうした活動は検討されるべき事項となり、インスピレーションを与えるものとなった。

curated1.JPG
John Miller, Untitled (06-15-05)

ウィーンフェアのメインイベントの周辺では、面白くて、コマーシャル性の少ない発展もみられたことだろう。今年別の場所での展示された2度目となるジェニーフェアーのようなサテライトイベントは、ウィーンフェアのプログラムに異質性をもたらした。

curated4.JPG
Projection 9 1/2 Weeks, (1986), director: Adrian Lyne, on Albert Oehlen, 21 (2008)

ウィーンフェア2010の一環として、メイントピックである「アートと映像」とは別に、今回で2回目となる「Curated by」が開催されていた。「Curated by」は、ギャラリーとキュレーターとの協力関係を深めようという野心的なプロジェクトで、ウィーン市とウィーン・ビジネス・エージェンシーの企業によるイニシアチブ「デパーチャー」によって始められた。

curated2.JPG
Lucas Aiemian, Pageant (2008)

2009年の初回は、ジェローム・サンス、マリア・デ・コラル、ダン・キャメロンなど、国際的に知名度の高い5人のキュレーションにより開催した(有名なキュレーターがいるだけという噂があったが…)。今年は、20人のアーティストがそれぞれ20の異なったギャラリーでキュレーションされたということで、プログラムの内容は変わったといえる。

curated3.JPG
Mike Bouchet, Programi derene de vojag agentejo, (2001)

トピックである「アートと映像」の分野の専門家としてそれぞれのキュレーターにとって挑戦となったという意味においては、普段芸術的な制作をおこなっている人によるアレンジを見る価値はあるだろう。ビデオアートの奥深く複雑な歴史への洞察を通じて、認識と誤解、知覚と無知覚、現出と消失の間における多様な解釈が講じられた。訪れる人は、ビジュアルアートにおけるフィルムとビデオのクリエイティブな考え方を捉え、プログラム内容も、インスタレーションや映像が表象する空間にはどのように意味を求めればよいのかという問題について提案を投げかけたものとなった。

VIENNAFAIR 2010
会期:2010年5月6日〜9日
会場:Messe Wien
住所:Messeplatz 1, A – 1020 Wien
http://www.viennafair.at

Curated by_Vienna 2010
会期:2010年5月7日〜6月5日
会場:ウィーンのギャラリー20カ所
http://www.curatedby.at

Text: Carmen Rüter
Translation: Nozomi Suzuki
Photos: Carmen Rüter

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE