NIKE 公式オンラインストア

プリマベーラ・サウンド 2010

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio

10周年記念ということもあり、誰もが今年のプリマベーラ・サウンドのフェスティバルは、史上最高のできになると感じてた。今回新たなスポンサーを得て、(危機の為)バラエティ豊かな音楽と巨大なインディーロックの演出を残した唯一のフェスティバルとなった。

ペーブメント、ピキシーズ、ウィルコ、ペットショップボーイズ、ワイヤーを筆頭に、200のアーティストという信じられないラインナップで、チケットはキャンディが売れるかのように売れた。


Sic Alps

パルク・デル・フォルムにてスタートを切った今年のフェスティバル。当然今年は、ピッチフォークステージで、ローファイ・ガレージロッカーのシク・アルプス(僕のお気に入りのバンドの一つ)の演奏と共に開幕し、フェスティバルは順調に滑り出した。


Monotonix

その後すぐに、ワイルドなイスラエル人のモノトニックスのショーを見にヴァイス・ステージ(フェスティバルで最も奇妙なステージを繰り広げることで有名)に向かった。ショーは、今まで見た中で最もパワフルで、聴衆が夢中になって飛び跳ねたり踊ったりするほどの盛況ぶり(これはフェスティバル初日のまだ午後7時の出来事だ)。


The Fall

メインステージのサン・ミゲールがマーク・E・スミスとザ・フォールと共に登場。会場は、イギリス人で一杯になり、まるで天国のようだ。


The XX

そして、ニュージャージーからガレージパンク・バンドのティタス・アンドロニクスが登場。おそらくバルセロナでは初めての登場で、コンサートは非常に素晴らしいものとなった。突然多くの聴衆がある方向へ動き出した。レイバン・ステージで、イギリスのThe XXが登場したからだ。フェスティバル全体としても、もっとも期待されているバンドの一つで、会場を盛り上げた。


Tortoise

オーディエンスをがっかりさせることのないシカゴ出身のカルトバンド、トータスはATPステージでクラウト、ジャズ、ロック、ファンキーを混ぜたステージを披露し、曲に合わせて聴衆と踊りながら心を通わせ、非常に素晴らしいパフォーマンスを行った。


Comanechi

また、初日のレイバン・テントでは、僕のお気に入りのパワフルUKバンド、コマネチとロック・ザ・カスバのドラム、Keexが20〜30人を前に演奏した。


Pavement

初日の最後は、もちろん、サンミグエルステージ。全員がドリンクとスナック片手に、ステージの前で、伝説のポップロック、ペイブメントの登場を待った。スーパーヒット曲「カット・ユア・ヘア」を皮切りに、ディスコグラフィーを披露し、初日は、今までで最高の一日となった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE