北海道立体表現展’10

HAPPENINGText: Tamami Kadowaki

北のアーティストの力強さを感じる一大展覧会。

北海道のアーティストが集結しアーティスト自らが主体となって札幌市内の三つの美術館で同時開催した展覧会「北海道立体表現展」。「立体」展ということで彫刻家のみならず現代アート作家やガラス作家などバラエティー溢れる作品が一堂に集結する。北海道中から56人ものアーティストが集い、北海道の美術シーンを感じることができる展覧会だ。

2001年にスタートしたこの展覧会は、03、06、08年と開催し5度目の今回で最後の開催となる。最終回はこれまで主会場としてきた道立近代美術館に、本郷新記念札幌彫刻美術館札幌芸術の森美術館を加えた3会場で展開するという前例の無い取り組みである。

6月5日には10周年を迎えた感謝の意を込めて3館を一日で廻る無料バスが運行し、今回はそのバスに同行して取材を試みた。道立近代美術館の西門を昼に出発し、順次、札幌彫刻美術館、札幌芸術の森美術館と巡るバスツアーだ。ツアーは好評につきバス中央の補助座席を使うほどの盛況ぶり。乗客38名を乗せ晴天の中、出発した。

hmam001.jpg
道立近代美術館展示風景

道立近代美術館から出発ということで、まずは各々で道立近代美術館の展示を観ておく。会場にいた人がバスに乗り込んでくるケースもちらほら。これから半日をともにする仲間である。入場券を購入する受付の場所からもちらちらと見える作品が高揚感をさらにかきたてさせてくれる。気になった作品をいくつか紹介したい。

hmam008.jpg
写真手前:国松希根太「ICEBERG」

国松希根太「ICEBERG」
木の幹が二本横たわっている彫刻作品。特に具象的な形に変えられたわけではない。木で創られた何かを見たというよりは、木が“いきもの”であると再認識させられる、木が呼吸をする瞬間に遭遇した様である。その生々しさをさらに引き立てているのが作品の下に敷かれた白濁の液体。ここまで木を生々しく感じたのは初めてだった。

hmam004.jpg
写真左:渡邊希「MASK」

渡邊希「MASK」
窓から光が差し込む明るい雰囲気のスペースに、その作品はあった。風になびかれたカーテン、それが頰に触れるほんの瞬間を抽出したかの様。一見黒い布の様に見えるが、素材は漆であり、差し込む日光、外の景色の変化により様々な表情を見せる。作品の前に立つと歪んだ自分が見える。そしてぬるりと形を変えて漆黒の渦のなかに消えていく。自分の顔の滑稽さに照れながらも漆の美しさに魅了される。

hmam010.jpg
写真中央:荒井善則「Soft Landing To Field」

荒井善則「Soft Landing To Field」
小学校の運動会で用いるような三角コーンの木製のもの。石膏のもの。拾い物競争を思わせるカラーの紙。機械的なはずなのに温かくどこか懐かしい、とても不思議な作品である。今回は荒井氏がバスに同乗していたこともあり、話を伺うことができた。作品のその不思議さには理由があった。計算つくされた図形のようなモチーフを用いながらも、どこかでその緻密さを「ずらしている」。作品には、その秘密がいくつも組み込まれている。

hsmm001.jpg
道本郷新記念札幌彫刻美術館展示風景

今回の展覧会の参加作家56人の小作品を、一挙に観ることができる大変欲張りな会場が、本郷新記念札幌彫刻美術館だ。小作品と言っても作品のパワーは決して変わらず、なおかつこの大きさならではの魅力も加わっており、本当に貴重な会場である。その全参加作家の半数がそれぞれ道立近代美術館と芸術の森美術館で作品を展開していている中、3館の美術館の中では、ここがキーポイントとなっているように感じた。

hsmm002.jpg
道本郷新記念札幌彫刻美術館展示風景

こちらの美術館で展示される作品には、他の2つの美術館で展示されているものと関連させた作品が多くその繋がりも面白い。例えば、坂本正太郎氏の「TSUKIJIN」は、ここでは木材等を使用した平面作品であるが、芸術の森美術館では同じモチーフを立体とした鉄で表現している。家でも飾ることができる大きさの作品がほとんどで、所有欲が生まれてきてしまった。

ham001.jpg
札幌芸術の森美術館中庭

札幌芸術の森美術館では、参加アーティストによるギャラリートークが催された。アーティスト自らが各々の作品についての解説をしてくれる。前庭、中庭から館内までをアーティストも来場者も一緒になって廻るというのが貴重な体験であった。午後2時に天気は最高潮。札幌ではこの時期特有のポプラの綿毛が大量に舞っていたのだが、それもインスタレーション作品の様であった。この会場で展示された作品もいくつか紹介したい。

ham002.jpg
山田良「Infinite Landscape」

山田良「Infinite Landscape」
美術館前の池に浮かぶ作品。作品から地上へと続く細い道が繋がっている。そこを渡らないと中を知ることはできない。子供たちがこぞって渡っていた。山田氏は『そこに生じる空間そのものが作品であり、変化していくものである。作品を渡る人や天気によって変わる影のでき方まで全てが作品の一部になりうる。』と話す。

ham005.jpg
写真左:富原加奈子「雪の景」

富原加奈子「雪の景」
立体全体に白い布を覆った作品で、北海道の雪を表現している。飛行機から見下ろした一面真っ白の地上。よく見ると白の色調は様々であり、雪の上からうっすら見える地表を表現したのだろうか。布はフェルトのようなやわらかい印象の素材で、北海道のあたたかさや優しさを表現しているようだ。

ham003.jpg
写真左:野村裕之「単純に作ること」

野村裕之「単純に作ること」
札幌軟石を用いた塔を連想させる作品。タイトルの通りシンプルに造り上げられたこの作品は、石の素材をよく活かすための計算からだと彼のプレゼンを拝聴して感じた。野村氏が『最近の現代美術は新しいものの見方や美しさの切り口を提案することが多い。その中で石や木を彫り続けたい。』と熱く語っていたのが印象的だった。

ham004.jpg
札幌芸術の森美術館展示風景

イベントは盛況で大人数の移動とアーティストの熱い語りによって20分程度押しての終了となった。アーティストが主催して行う展覧会はめずらしい。バスに同乗していた荒井氏も泉氏もアーティストである。北の熱いパワーを感じてほしいという言葉が印象的だった。その言葉の通り、この展覧会に魅せられたファンは多い。バスで私の隣に座った女性も毎回必ず観に来ていたという。10年という節目の年で展覧会は終焉を迎えるが、北海道のアートシーンはこれからも進化し続けていく。この様な展覧会がまたいつか開催されて欲しいと願う。

参加アーティスト:荒井善則、池田緑、泉修次、伊藤明彦、梅田マサノリ、加藤宏子、国松希根太、齋藤健昭、櫻井亮、下沢敏也、菅原尚俊、杉田光江、鈴木隆、千代明、高橋昭五郎、武田享恵、千葉有造、中江紀洋、仲嶋貴将、野又圭司、長谷川裕恭、端聡、藤本和彦、松田郁美、山田吉泰、山本美沙、山本良鷹、吉田茂、渡邊希、阿地信美智、阿部典英、伊賀信、柿崎熙、國松明日香、熊澤桂子、坂本正太郎、佐々木けいし、澁谷俊彦、田村陽子、富原加奈子、野村裕之、伴翼、藤井忠行、藤沢レオ、藤田尚宏、松井成樹、毛内やすはる、森川亮輔、伊藤隆弘、ダムダンライ、楢原武正、韮沢淳一、林弘堯、原田ミドー、山田良、渡辺行夫

北海道立体表現展’10
会場1:道立近代美術館
会期:2010年5月29日(土)~6月6日(日)
住所:札幌市中央区北1西17
観覧料:一般 700円、大学生 400円、高校生以下無料
http://www.aurora-net.or.jp/art/dokinbi/

会場2:本郷新記念札幌彫刻美術館
会期:2010年5月15日(土)~6月27日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日等の場合は翌日)
住所:札幌市中央区宮の森4-12
観覧料:一般 500円、高大生 300円、中学生以下無料
http://www.hongoshin-smos.jp

会場3:札幌芸術の森美術館
会期:2010年6月4日(金)~6月13日(日)
開館時間:9:45~17:30
住所:札幌市南区芸術の森2
観覧料:一般 700円、大学生 400円、高校生以下無料
http://www.artpark.or.jp

Text: Tamami Kadowaki
Photos: Aiko Watanabe

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE