高橋理子

PEOPLEText: mina

2010年5月末日、秋葉原・御徒町高架下再開発プロジェクト「2k540 AKI-OKA ARTISAN」の一部が先行オープンした。12月のグランドオープンにはクラフト系工房が充実し、新たな日本の象徴となるようなアルティザン(職人)が集うエリアとなる。この一角で、アイコン的な存在として先行入居したのがアーティストであり、「HIROCOLEDGE」(ヒロコレッジ)ディレクターの高橋理子(たかはし・ひろこ)だ。彼女の真摯なモノづくりへの想いについて話を伺った。

3Hirokos.jpg
© HIROCOLEDGE & Co.

アーティスト高橋理子の新たな活動拠点であり、発信基地となる「HIROCOLEDGE & Co. / HIROCOLEDGE SHOP」について、教えてください。

高架下いっぱいの天井高があるこの空間は、高橋理子のアトリエ・ギャラリーであり、「HIROCOLEDGE & Co.」の事務所であり、「HIROCOLEDGE SHOP」でもあります。ここから私の活動の全てが発信されていきます。ブランドとしての「HIROCOLEDGE」のデザインだけでなく、私の活動全般がこの空間、この机から生み出されていくというようなイメージです。

HIROCOLEDGE%20_shopgallery03.jpg
© HIROCOLEDGE & Co.

ギャラリーでは絵や写真の展示、着物の展示など、私の作品を見れる場所として機能させていければと思っています。12月のグランドオープンに向けて、今は映像作品の発表を企画しているところです。将来的にはイベントも開催する予定ですし、ワークショップなど、色々な人との交流ができればと思っています。

6月25日~7月4日まで、グランドオープンに先立ち期間限定で「HIROCOLEDGE SHOP」をオープンします。このショップではネットストアでは入手できないものや、サンプル品なども販売していく予定です。

SLEEVEBAGS2.jpg
© HIROCOLEDGE & Co.

手ぬぐい本来の良さを活かした「スリーブバッグ」も人気ですね。

洋服もすごく好きでつくりたいのですが、いざつくると無駄な部分が多いことにがっかりします。職人さんが手作業で一生懸命染色したものを捨てるのは、自分が単純に心地良くありません。もったいないという感覚は誰しも持ってると思います。ゴミになっていくのは気持ちのいいものではないですよね。手ぬぐいは、必要な幅の生地を長く織って、横に切っただけで、その瞬間に道具になります。その手ぬぐいをまったく切らずに縫うだけでバッグにしたものが「スリーブバッグ」です。そういった、無駄のないモノづくりを心がけています。

ELTTOB-3.jpg
© HIROCOLEDGE & Co.

デザインのモチーフとして円と直線を多用されていますね。

限られた要素の中でどこまで面白いことができるかという、ひとつの挑戦です。直線は着物の仕立てが縦方向で区切られてるので、色分けを反物の幅毎にすれば必然的に縦のラインがでてきます。円はどこにでも存在するものですし、季節性も時代性もない。男女の区別もないし、国の文化も関係ない、すごく中立なモチーフだからです。

デザインされるときに意識されていることはありますか?

例えば、着物をデザインするというのが表面的な柄だけであるならば、私はそういうつもりで着物をつくっていません。着物を使って何を伝えていくか。着物の表面的ではない裏側の部分に何があるか。そういうことを理解してもらうために、着物を使って活動しています。

着物が完成するまでに、染め、その下処理、後処理、白い反物を織る人、道具をつくる人、そして絹という原料を作る人。とにかくものすごくたくさんの職人さんが関わっています。なかなかそういう存在がいることも皆さんには知られていないと思うので、伝統技法についても紹介できればと思っています。

また、日本の和物と言われてるものに対する固定観念みたいなものを変えていきたいし、崩していきたいとも思っています。私の生み出すものは“和風”ではなく、今の時代の“和”と認識してもらえたら嬉しいです。

rocket04.jpg
ROCKETでの展示風景,Photo: Shiori Kawamoto

現在進行中のプロジェクトについて教えてください。

ジャパンブランドというプロジェクトで、岐阜の美濃の和紙メーカー6社共同で、インテリアから雑貨までの世界的なトレードショーである「メゾン・エ・オブジェ」というパリの大きな展示会に参加するのですが、私はその全体のデザイン及び、アートディレクションを担当します。美濃の和紙を世界に広げていくための3年計画のプロジェクトで、まずは来年2月の展示会に向けて進行中です。

HIROCOLEDGE & Co. / HIROCOLEDGE SHOP
住所:東京都台東区上野5-9-18 2k540 AKI-OKA ARTISAN
TEL:03-6240-1327
http://www.hirocoledge.com

Text: mina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE