クリスチャン・ボルタンスキー展「ノー・マンズ・ランド」

HAPPENINGText: Carlos J. Gómez

今こそ生後3ヶ月の息子に、初めて巨大なアートインスタレーションを体験させる絶好のチャンスだ、と私は決意した。その機会とはクリスチャン・ボルタンスキーの「ノー・マンズ・ランド」。30トンもの古びた衣服がパーク・アベニュー・アーモリーの巨大な稽古場を埋め尽くすインスタレーションだ。

image001.jpg

ホールに入っていくと最初に目につくのが、錆び付いたビスケットボックスの数々からなる重々しい壁。これよって壁の向こう側へのアクセスが複雑になっている。そして次に耳をつんざくような心臓の鼓動音が空間を取り囲み、メインホール内部へと誘う。床の上の洋服を囲む杭には拡声器が取り付けられ、そこからそれぞれ異なった心臓音が繰り返し発せられている。折り重なる心臓音は心を落ち着かせるとともに、単調さをやわらげる。幼い息子は、すやすやと眠りはじめ、私はリラックスしてこの旅を楽しむことにした。

image003.jpg

壁の通路を抜け出ると、メインホール内の空間は、まるで夢の中。もしかして私も眠りに落ちたのか?想像してみてほしい、ツェッペリン型飛行船やDC-10ジェット旅客機が入るほどの巨大なホールに、碁盤の目状に着古された洋服が並び、床を埋め尽くしている光景を。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE