今村育子

PEOPLEText: Mariko Takei

今村育子

imamura_3.jpg
「わたしのおうち2」/ 2006 / 「FIX・MIX・MAX!現代アートのフロントライン」北海道立近代美術館(札幌)

記憶の縁を微かにかすめるくらいの、ほんの小さな日常の中の出来事を大きな空間で光や影、闇を駆使して表現するアーティスト、今村育子。生まれ育った札幌を拠点に活躍する作家の新作個展「カーテン」がCAI02にて5月17日より開催される。2006年の個展「わたしのおうち」から4年を経て新作を披露する。

どういう活動をされているのですか?

インスタレーションを中心に体験できる作品を作っています。過去の作品で言うとCAIで開催した個展「わたしのおうち」のような、見る人が作品の中に入っていける、そういう体験型の大型インスタレーション作品を手掛けています。

アーティスト活動をされるようになったきっかけを教えて下さい。

もともとはデザイナーになりたかったんです。高校生の頃は、音楽が好きで音楽のジャケットを作る人になりたいとボンヤリと思ってました。渋谷系といわれていたフリッパーズギターとかコーネリアスとか、あとフィッシュマンズとかが好きで、日本の音楽が面白くて、そういった音楽に関わるビジュアルを作りたくて、デザイナーになろうと思い、美大を受験したのですが、落ちてしまって。進路に迷っている時に、CAIの前身のリーセントアートスクールに出会ったのがきっかけです。
最初は現代美術というものを知らなかったので、アートにあまり興味がなかったのですが、スクールでCAIの端さんと出会い、いろいろなことを学び、アートの面白さを発見しました。

imamura_1.jpg
個展「わたしのおうち」/ 2006 / CAI現代芸術研究所(札幌)

スクールにはどのくらいの期間通ったのですか?

2年間ですね。今は夜間だけのスクールなんですけど、当時は全日制といって月曜日から金曜日の朝から晩まで授業があり、好きなクラスをとれるようになってました。すごく良かったことは、アトリエを24時間使えるシステムがあったこと。人数も少なくて、今もアーティストとして活動している仲間達と朝までしゃべったり、制作をしたりという環境があったことが良かったなと思います。板東史樹さんというアーティストに出会って、板東さんと対話を重ねることで、自分の作品を掘り下げる訓練ができたことも大きかったです。

それでスクールの終了後にアーティスト活動を始められたのですね。

いえ、終了後も道に迷いながらも、企画という仕事に興味があったのでアートディレクターの仕事にも挑戦しました。いろいろと悩みながらも、アート活動はちょこちょこと続けていて、2006年に初個展「わたしのおうち」を開くことになったんです。その後、北海道でアーティスト・イン・レジデンス事業を行っているS-AIRの海外交流プログラムでメキシコに1ヶ月ほど滞在し個展を開催しました。また、札幌宮の森美術館で開催されたFIX・MIX・MAX!2(2008年)や、上海のM50芸術区で開催されたグループ展「雪国の華」にも出品しました。

imamura_5.jpg
「おとどけアート(札幌アーティストインスクール事業)[ゆめのとんでんみなみ村をつくろう]」/ 2009 / 札幌市立屯田南小学校(札幌)

では一番最近の日本での活動は「おとどけアート」ですか?

そうですね。小学校で2週間創作活動を行うというもので、私は転校生という設定で、朝小学生たちと一緒に登校し、図工室で制作をしました。390名ほどの全校生徒がひとり一個ずつ小さいお家を作り、それを展示し、最後に灯りをともし「ゆめのてんでんみなみ村」という街を制作しました。体験型のアートを子供たちに伝えたかったということがアイデアにあったのと、お家を作るということと、もともと興味の対象である明かりをともすということなど、もともと気になっていたパーツが組み合わさって出来たのがこの作品です。

IMG_0471.JPG
「カーテン」/ 2010 / CAI02(札幌)写真:小牧寿里

今回CAI02で開催する個展「カーテン」について教えて下さい。

今回の作品は、暗闇の空間の中に配置されたカーテンの裾から明かりが漏れているというインスタレーションです。わたしは、扉の隙間からもれる光や窓からさしこむ光など、日常のほんの些細な光景をモチーフにした作品を制作しています。例えば、ドアの隙間の光だったり、カーテンから朝日が筋になって見えたり、煙が光に照らされて筋になったり、そういう瞬間を大きな空間で再現しています。

その日常の些細なことにどうして惹かれるかというと、日常生活を豊かにしてくれることは、日常に無数にあるからです。忙しくしているときに、ふと心が奪われる瞬間って、スイッチがパチンと入るというより逆に切れる瞬間であって、自分に戻れる感じがするんです。

カーテンの裾から光が覗くというイメージは、何か得に印象に残る過去の記憶や日常の思い出などに基づいているのですか?

例えば、2006年にやった個展「わたしのおうち」はイメージのもとになっている、小さいときの記憶というのがあります。夜、自分ひとり部屋で寝なくてはならなくて、電気を消して暗くなった部屋の扉の隙間から光が漏れ、親が歩くとその光が揺らぐということや、扉の向こうとの距離感などが気になっていた思い出があります。こういうふうな気になる記憶がたくさん蓄積し作品に繋がったりしていますね。

最初デザイナーになりたいと思った動機の中に音楽が好きということがありましたが、最近好きな音楽やアーティストなどはありますか?

すごく好きな作家はオラファー・エリアソンです。金沢21世紀美術館での展覧会も見に行きました。光にはすごく興味があるし、単純にお客さんとして体験したいという思いもあったんです。そして最近はChim↑Pomが気になります。

5.jpg
「わたしのおうち5」/ 2008 / 「FIX・MIX・MAX!現代アートのフロントライン」札幌宮の森美術館(札幌)

他にインスピレーションには何がありますか?

毎日どう生きてるかというのが一番大事かなと思ってます。人と会話をすること、何かを見ること、聞くこと、食べること、毎日変化する自分の気持ちも大切なので、自分なりに好奇心を旺盛にすることや、たくさん疑問を持つことが、インスピレーションにつながっていると思います。本当の自分ってなに?みたいなことは、とても気になるし、その不確かな感覚が作品につながっています。わたしにとって、作り手の考え方や生き方が見えてくる作品が、いい作品だなぁと思います。

札幌のアートシーンについてはどう思いますか?

インスタレーションをやっている作家さんが少なくて、でも私はそういうことに興味をもっているので、同じ仕事をしている人といっぱい会いたいという思いがあります。アートの受け皿が確立して、(札幌のアートシーンが)もっと面白くなればいいなという思いもありますが、周りとちょっと違う面白いことをすれば興味をもってもらえるというのは恵まれた環境だなと思う反面、この場所だからチャンスが頂けてるという危機感みたいなものも感じてます。

札幌出身で札幌を拠点に活動してますね。今後どこか行ってみたいと思いますか?

上海はすごく面白かったので住んでみたいですね。

今後どんなことに挑戦したいと思っていますか?

いろんな人に作品を見てもらいたいです。私の作品は大きくて、体験型の作品だから実際に行って見てもらわないと意味がないので、より多くの人に見てもらう方法を探していこうと思っています。
あと、おとどけアートに参加したことがきっかけとなって、人と一緒に制作していくことに興味が出てきました。作品発表の場も、ギャラリーや美術館という箱の中でという想定をしてましたけど、ホワイトキューブじゃないところでの作品展開も考えたいと思ってます。

今村育子個展「カーテン」
会期:2010年5月17日(月) 〜 6月5日(土)
時間:13:00~23:00
休館:日曜・祝日
オープニングパーティー:5月22日(土)19:30〜
会場:CAI02
住所:札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビルB2
TEL:011-802-6438
入場:無料
主催:CAI現代芸術研究所
http://www.cai-net.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE