大竹夏紀

PEOPLE

大竹夏紀「Affection of idols」 

portrait-otake.jpg

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAの2Fギャラリーで、大竹夏紀の個展「Affection of idols」が2月10日より開催されている。大竹夏紀は、日本の伝統的な染色技法「ろうけつ染め」を使用して、幼少の頃より夢中で描いてきた少女達の絵を現在も描き続けている作家だ。夢を追い求める自身の少女時代と変わることなく、現在もその夢を追い求める大竹夏紀が描く、キラキラとしたアイドル達がダイナミックな世界感を作り出す。

自己紹介をお願いします。

伝統技法である、ろうけつ染めで少女絵を制作しています、大竹夏紀です。

ろうけつ染めという伝統的な染色技法を使って“少女=アイドル”の絵を描いていらっしゃいますが、アーティスト活動を志すようになった経緯を教えて下さい。

小さな頃から女の子を描くのに夢中でした。様々な画材で描いてきましたが、美術大学でテキスタイル学科に進学し染色技法を学びました。大人になった今も小さな頃からの夢を本気になって追いかけていることが表現活動となっています。

これまでにどのような作品を手がけてきましたか?過去の作品を数点ご紹介頂けますか?

idea%231-1.jpg
「イデア#1」2007年
大学院での修了制作作品です。
現在の無数の染めた布のパーツを組み合わせてひとつの大きな絵をつくるというスタイルで初めて制作した作品です。

idea%232-2.jpg
「イデア#2」2009年
大学院修了から2年後の同じタイトルの作品です。
「イデア」とは私の理想の世界です。

_MG_0015-1.jpg
「Affection of idols」展示風景/ DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA

2月10日よりDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAにて個展「Affection of idols」を開催しますね。コンセプトなど展覧会の内容について教えて下さい。

展示タイトル「Affection of idols」の“Affection”は“愛着”、“恋情”という意味です。アイドルは人々の憧憬と欲望で出来ています。憧憬と欲望は歪むと嫉妬になります。でもそんな気持ちも含めてアイドルへ惹かれる気持ちの根底にあるものは、圧倒的な光や前向きなエネルギーに向かう人間の性だと思うし私もそのひとりです。アイドルへの様々な愛を作品にしています。

_MG_0097-1.jpg
「Affection of idols」展示風景/ DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA

今回の展覧会のために制作した新作もあるそうですね。新作についてご紹介いただけますか?

新作は今までにない新しいことに挑戦しています。少女の好きな部分ベスト3の目、口、髪の毛のみを描いた球体の作品や、染めのパーツを無数に空間に散りばめたインスタレーションや、染色以外でドローイングをシルクスクリーンプリントで制作した作品もあります。

DSC_0049-1.jpg

作品を制作する上で、ろうけつ染めという伝統技法を仕様するに至った経緯を教えて下さい。

今まで様々な画材で絵画制作をしてきましたが、大学で学んだ伝統技法のろうけつ染めが一番色彩が鮮やかだったので表現方法として選びました。

作品で一貫しているのは、ろうけつ染めで少女達を描くということですが、少女達に惹かれるのはなぜでしょう?また、大竹さんがろうけつ染めを使用して少女を描く最大の特徴や魅力は何ですか?

絹の布にろうけつ染めをしているのですが、最大の特徴は色の鮮やかさと光沢とスピード感です。そして布に染めるという性質上、透明感があります。光を感じさせるところがろうけつ染めの特徴でアイドルの魅力と重なります。

少女達に惹かれるのはなぜでしょう…?明確な理由はわかりません。ただ深夜に少女の睫毛などを描いている時はどうしようもなく楽しいです。どうしてこれほど夢中なのか自分でも不思議です。

_MG_0073-1.jpg
「Affection of idols」展示風景/ DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA

ピンク、水色、青、赤、など、使用している色にも特徴がありますね。色のセレクションにもこだわり等ありますか?

こだわりあります!心から好きな色しか使いたくありません。ピンク、水色、青、赤大好きです。実は茶色とカーキ色はあまり好きではありません…なので私の作品にこの色は登場していないはず。

作品の制作に際して影響を受けた人やものはありますか?

少女漫画のヒロイン、来来キョンシーズのテンテン、グラビアアイドル。絵のモチーフの少女に大きく影響しています。

好きなことや人、もの、本などを教えて下さい。

好きなこと…ネットサーフィン、図書館巡り、ひたすら考え事
好きな人…森下悠里
好きな本…小説は読まなくて小説家のエッセイをよく読みます

seisaku02.jpg

今後挑戦してみたいことはありますか?

このまま少女を描いて描いて描きまくっていつか信じられないぐらい可愛い少女が描きたいです。そして最終的には観音様を描きたい。

大竹夏紀「Affection of idols」
会期: 2010年2月10日(水)〜4月11日(日)
時間:13:00〜20:00(不定休)
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
キュレーター: 古井信也(gallery POINT
http://www.diesel.co.jp/denimgallery

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE