鈴木ヒラク初作品集「GENGA」

THINGSText: Mariko Takei

言語(GENGO)と銀河(GINGA)に捧げる1000のシグナル。

genga_boxandbook.jpg

路上に転がる様々な素材や記憶をもとに、「発掘」をテーマにした独自のドローイングを制作するアーティスト、鈴木ヒラクによる初の作品集「GENGA」が2月24日に発売された。文庫本サイズの、その辞書程も厚みのある本には、鈴木ヒラクが2004年から6年の歳月をかけて描きためたドローイング1000点を収録している。

収録作品はタイトルに「GENGA」と付けた、GENGA#001からGENGA#1000までの1000枚のGENGAシリーズの作品のみで構成。1ページに1ドローイングずつ展開され、ページ番号がそのまま作品番号の役割も果たしている。

日々暮らしていく中で発見するあらゆるものからインスパイアされ、今と未来をつなぐ夥しい数のシグナルとなって鈴木ヒラクの小さな宇宙を作り出している「GENGA」。初の作品集が出版されたばかりの鈴木氏に、「GENGA」の出版にまつわるお話を伺ってみた。

genga_page001_002.jpg

自身初となる作品集「GENGA」を出版することになった経緯を教えて下さい。

ずっとコピー用紙に描いていたドローイングが600枚を超えたあたりで、紙の束が尋常じゃない厚みになっていたのに気づきました。そして、これをまとめたら見たことのない本になるんじゃないか?と、漠然と思い始めました。なんというか、辞書のようなモノになるのではないか、と。

そしてちょうど1000枚に達する頃に、面白い、変な、素晴らしい人々(河出書房新社の吉住唯さん、編集協力の田中有紀さん、多大な協賛をいただいたアニエスベーさんなど)の協力が重なって、今回の出版に至りました。

genga_page003_004.jpg

「GENGA 」シリーズのドローイングは、すべてコピー用紙にマーカーによる作品ですが、何か一貫したテーマに基づいて描いているのでしょうか?または、それぞれの作品にテーマを設定して描いてるのでしょうか?コピー用紙とマーカーという使用材料以外に「GENGA 」シリーズのドローイングに共通点などあれば教えて下さい。

「GENGA」はA4のコピー用紙を真ん中で二つに折って、そこに普通のマーカーで描いています。描かれた図像が1000枚ともぜんぜん違うのは、一枚一枚が自分にとって新しい文字やシグナルのようなものだからで、つまり全部が発見そのものの集積だからです。

例えば、目の前を歩いている人が突然横を向いて洋服の背の柄が歪んだ一瞬とか、電車の窓から遠くに見えた建物の残像とか、意味不明な看板やグラフィティなんかを見てハッとした瞬間をヒントとして、それを家で思い出して描こうとするじゃないですか。
そうすると描くという行為の中で記憶がズレていって、描いた絵自体に発見の感覚を得られたら「GENGA」に入れるという感じです。
似たような図像は入れていません。「牡蠣」と「柿」とか、そういうような似方はあると思いますが。

genga360.jpg
GENGA #360 / マーカー、コピー用紙 / 210 x 297 mm / copyright © Hiraku Suzuki

本来はコピー用紙はプリンターで文字をプリントするものですが、そこにマーカーで点や線を書いたものをスキャンして「データ化」したときに、本当の意味で記号になったというか、新しい世界の文字を作ってしまったような、やってはいけないことをやってしまったような快感を感じました。

「GENGA」を制作するということは、自分にとっては絵を描くというより、勝手に新しい言語で話してみたり、勝手に新しい星座を発見するような行為に近いです。
逆に言うと、かつて旧石器人が原始の文字を石に刻んだり、遠い未来に誰かが別の惑星でゼロから文明をつくり出すような行為を再現しているのかもしれないです。

それぞれのドローイング作品はどのくらいの時間をかけて描きますか?作品により制作時間の差はありますか?

それは一枚一枚違います。10秒で描いたものもあるし、2ヶ月かかったものもあります。
毎日たくさん絵を描きますが、「GENGA」に入れるのはごくわずかです。「GENGA2」も出したいですが、20年後くらいになるかもしれないですね。

genga001.jpg
GENGA #001 / マーカー、コピー用紙 / 210 x 297 mm / copyright © Hiraku Suzuki

「GENGA #001」の作品は2004年のいつくらいに描いた作品ですか?描いた時のエピソードなどあれば教えて下さい。また「GENGA」をシリーズとして展開する構想は当時からありましたか?

2004年の春くらいに形を描きたいなーと思ったと同時にもう描いていました。#001は、何かの図鑑からとった形だったと思います。もちろんズレていますが。
最初はタイトルもなかったし、シリーズとか何も考えていなかったのですが、世界中どこに行っても現地でコピー用紙とマーカーを手に入れて、他の色々な作品と並行しながら描いていましたね。500枚を超えたあたりで、これは「GENGA」なんじゃないか?と思い始めました。

installation02.jpg
GENGA #001 – #900 / 2004 – 2008 /「都市のディオラマ」(2008)トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)での展示風景 (撮影:神宮巨樹)/ copyright © Hiraku Suzuki

今回の作品集「GENGA」を作るにあたり、こだわった点を教えて下さい。

僕の作品の一部が入っているという意味では作品集ですが、いわゆる作品集を作る気は全くなくて、新しい作品を作ろうと思いました。だから解説なども入れていません(あとがきはありますが)。いわゆる文庫本のフォーマットで、文字の代わりに絵があり、ページ数が絵の番号になっているだけです。

造本は、京極夏彦の怪奇小説の文庫本と、辞書のGENIUSに影響を受けました。また2010年という映画に出てくるモノリスのイメージもありました。
モノとしては辞書と隕石のあいだ、つまり辞書のようでもあり、隕石のようでもあるということを漠然と考えていましたが、予想を超えて面白いモノになったと思っています。
「GENGA」は自分が描いたとは思えない、面白い挿絵だけを集めた本、という気もするし、また自分にとって新しい彫刻/建築作品だとも思います。

GENGA
発売:2010年2月24日
仕様:文庫版(105x149x60mm)/1008ページ/ボックス仕様
価格:2,940円(税込)
ISBN:978-4-309-25526-2
発行:河出書房新社
協力:agnès b. Endowment Fund
http://www.genga.info
http://www.wordpublic.com/hiraku/

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE