カウライス

PEOPLEText: Justin Tsui

フィリップ・ラウとグレース・クオックは香港に住むごく平凡な1組の夫婦。2人が共有している人生観は「シンプルでいる」ということだ。2003年には2人で「カウライス」として創作活動を開始し、様々な作品を生み出している。そのうち初めての女の子ムイ・メーを授かり、以来2人にとって彼女が1番大きな影響を与えてくれる存在になったという。彼らの作品の中にある飾らなさが、忙しない街に爽快さを与えてくれる。今年、カウライスは数人の知人と共に手作りの革製品の魅力を紹介する工房「ファンガス・ワークショップ」を開店した。機会があれば、この工房で開催される革を使った作品作りの教室に参加して、この素敵な家族と一言話してみてはいかがだろうか。

q5-1.jpg

まず、カウライスについて教えていただけますか?なぜ「カウライス」という名前を選んだのですか?

カウライスはフィリップ・ラウとグレース・クオックが2003年に立ち上げました。クリエイティブ・ユニットとして、日常生活の中から他愛のないものを作り出しています。主に素材として使用するのは写真、文章、ビデオ、イラストレーション、それから手作りの製品ですね。普段の日常生活の中にある平穏さや純粋さといったものに大きな影響を受けていますが、社会の中にある不平や矛盾といったものからも幾らか影響があると思います。一見すると愛想が良く親しみやすいという印象を受けるかもしれませんが、実際は他の人々と妥協しながら付き合っていくのは嫌なんです。「ポルポルチャンネル」「ハーバー・レコーズ」「マイ・リトル・エアポート」「ブルースカイ・マガジン」「ロモグラフィー」「ホイミング」「シモキタザワ・ジェネレーション」などの同じ考えを持つ仲間達と共に、ごくたまに活動できたらいいなと思ってます。

2003年に同居し始めて以来、自分達を表現する場を探し求めていました。そこで中国語の名前である「cow rice」(カウライス)を選んだのです。この名前には特に深い意味はありません。

2人それぞれを5つの単語で表現するとしたら何になるでしょうか?

グレースは感傷的、シンプル、天邪鬼、辛抱強い、そして母親ですね。
フィリップは自己中心的、複雑、天邪鬼、人の気をそぎやすく、また父親でもあります。

q5-2.jpg

フィリップはこれまでに素敵な8mmフィルムをいくつか撮っていますよね。その中で1番のお気に入りとその理由を教えてください。

一番気に入っているのは2007年に撮ったものですね。タイトルは「シャー・ティン・タウ村で過ごした時間」です。内容はグレースが妊娠してから娘が生まれるまでの断片的な映像を集めたものです。とても静かな時間が流れていて、今でも一番懐かしいと思える時で、1年間シャー・ティン・タウ村でひっそり離れて暮らしていた時のことです。映像の中に流れる音楽はいたってシンプルで、編集などしなくても映像とぴったり合うんです。日常生活を通して得た感覚が表現されています。このビデオ自体は私の妻への贈り物ですし、シャー・ティンでの暮らしにとても思い入れがあるということを彼女に伝えてもいるんです。

現在地元のインディー・バンド「フォールス・アラーム」のメンバーとしても活動していますが、香港のインディーズ音楽シーンについてはどう思いますか?

香港のインディーズ音楽は今では、とても多様になりました。沢山のミュージシャン達が自分たちの音楽作りに専念しようと必死です。メディアだけがオルタナティブだとか限定的な音楽だとかみなしていますが、殆どの人はこういった意見も、ただ彼らの音楽を一般的なものにしようとしているだけだと捉えています。こういった状況の下では、少数派は少数派にならざるをえません。将来性が否定されつつありますが、魅力的な特色はこの少数派の中に息づいているんです。

日常生活を題材とした作品の中でも凄く上品な写真も撮っていますよね。写真に興味を持ち始めた経緯を教えて下さい。

2003年に僕とグレースがロモ・カメラを手に入れて以来、写真を撮るのが好きになりました。生活の一場面を捉えるフルカラーのスナップ写真をひっきりなしに撮り続けていて、おもしろくて新鮮な画像が撮れるんです。その写真はまさに僕らの青春時代をそのまま表現していました。それ以来、写真には興味を持っています。記事を読んだりして写真についてもっとよく知ろうともしました。僕たちが成長して生活も変化し、結婚、妊娠、子供の誕生、そしてお互いに様々な事を経験していくうちに、物の見方も変わってきました。今では物事を落ち着いて、あるがままに見る事が出来るようになりました。僕らの人生を記録しておきたいし、そこでアナログカメラは僕らの目の代わりをしてくれるんです。僕らにとって写真は言葉よりも多くを表現してくれます。写真の映像は、より多くを自分で考えさせてくれるから。より感情を直接的に表現してくれますが、同時に曖昧な部分も持ち合わせている、と言えます。

q6-1.jpg

グレースは「Capture The Fleeting Moments of Life(人生の過ぎ去る時を捉える)」という題の本を出版していますが、どういった内容なのですか?この本を作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

2009年に出版したこの本は、私個人の生活を紹介する目的で出版しました。この本の中には私の日常生活が短い文と写真、イラストで記録されています。私の人生に対する考え方を伝えたかったんです。それは穏やかな部分も、また相反する部分も持ち合わせています。仕事や家族、夫婦関係、親子関係に対する考え、さらに個人的な意見も表現しています。他の皆と同じように、人生はシンプルなんです。でも、その人生を出来る限り楽しもうとしています。人生の中で起こるどんな小さな事も気にかけるようにしています。私にとって言葉と映像だけが時を瞬間冷凍して残してくれるものなんです。ここ数年は夫に関することから娘の事まで、常に人生が移り変わってきています。でも、それも私には予期しなかった安らぎを与えてくれるんです。

実は、本の出版は過去4年間の計画には入っていませんでした。絵や写真で私の人生を記録していましたが、それは大きな意味があってのことではありませんでした。文章を書くのが凄く上手なわけではありませんが、本能の赴くままに作品を作り続けています。周りの人々や出来事から影響を貰いますね。夫と娘は一番の題材です。

q6-3.jpg

娘さんであるムイ・メーちゃんの可愛らしい顔は、あなたの本やビデオ、写真などあらゆるところに登場していますね。

実は私たちの娘であるムイ・メーが生まれてからは、作品作りに掛けられる時間が少なくなりました。でも同時に彼女は大きな刺激を与えてくれますし、創作活動をする上でのインスピレーションをくれるんです。彼女が生まれた事で、今まで体験した事のないシンプルな世界が見えてきたことも本の中では書いています。
過去2年間の彼女の成長は、人生は平凡だけど驚きに満ち溢れているということを気づかせてくれました。毎日の中での断片的な部分を記録したいんです。親子の関係に限った事ではなく、人間性や社会、人生観に関する部分もです。だから作品の題材が徐々に娘のムイ・メーや日常生活へと変わっていったんです。彼女は私たちにとって最も大切な存在ですから。

以前はこの様な変化が起こるとは思っていませんでした。でも今では雑誌や幼児関係の本に記事を提供して、娘との生活で起こった出来事やちょっとしたアドバイスなども伝えています。これはすごく好きな事だし、なにより楽しいんですよ!

これまでに2人が行ってきたプロジェクトの中で一番おもしろくて、わくわくしたものとその理由を教えて下さい。

今までで一番おもしろかったプロジェクトはムイ・メーが生まれたことですね(笑)。別に以前から計画していたことではないんです。いつも思うのは、神様が彼女をまさにその時に授けて下さった、ということです。グレースが妊娠した日から出産まではごく自然に事が運んで行きました。『深く考える必要はないし、わざと磨きを掛けて美しく見せる必要もない。』これがカウライスの人生観を如実に反映している言葉です。彼女は僕たちが創った素晴らしい「アートの1つ」なんです。彼女は僕に似ているところもあるし、グレースに似ているところもある。日々変化し続けていますし、僕達や周りの環境、そして彼女自身とも互いに対話しあっているようです。カウライスにさらなる可能性を与えてくれ、またカウライス自体を大きく担う存在です。

fungusworkshop1.jpg

新しいスタジオ「ファンガス・ワークショップ」が出来たばかりですよね。おめでとうございます!どうして革製品の工房を作ろうと思ったのですか?

グレースは手作りの物が好きなんです。これまで彼女は時々思い出したように、革を使ってあまり手を加えない作品を作っていました。実は僕たち2人とも革の質感や香りが好きなんです。特に色や表面の艶が好きなんですが、そこにはこれまでの年月が現れています。そこで昨年には革製品に関していろいろ試行錯誤を開始して、手作りの革製品を製造し始めました。
今回、ファンガス・ワークショップの立ち上げに参加した、革製かばんのデザイナーであり親友でもあるホイミンとボールドウィンと一緒に作品を作りました。ここは個人の工房でもあり、革で作品を作る教室も開催しています。この教室を通してより多くの人々と知り合い、手作りの革製品を作ってきた経験を共有できたらと思っています。そして同時に僕らの人生に対する考え方も伝えていけたら良いですね。

ファンガス・ワークショップの今後について教えてください。

今後、さらに様々な分野に発展していけたらと思っています。教室でも8mmフィルムや、裁縫、ぬいぐるみ、さらには家具や日用品など、革製品以外のものに関するものも扱って行きたいんです。まさに可能性は無限大ですね…。ファンガス・ワークショップはただ革製品を専門とするのではなく、人生観やデザイン、個人の嗜好そのものなんです。
カウライスもホイミンもそれぞれ違った個性を持っていますが、お互いが人生の中に見つけ出した意味というのは似通っています。お互い刺激しあって、更に様々なものを作り出して行きたいですね。

Fungus Workshop
住所:G/F, 17 Wa In Fong East, Central, Hong Kong
TEL: +852 2779 9003
info@fungusworkshop.net
http://www.fungusworkshop.net

Text: Justin Tsui
Translation: Yuki Mine

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE