レベッカ・ホルン展

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

静かな叛乱 鴉と鯨の対話。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《アナーキーのためのコンサート》 1990. ピアノ、モーター Photo: Attilio Maranzano Ⓒ 2009 Rebecca Horn

ゼロ年代の最後の年である2009年、それは展覧会の当たり年だった。
いま振り返ってもそう感じるのは、とくに女性作家の個展が素晴らしく、印象に残ったからだろうか。例をあげるならば、森美術館のアネット・メサジェ展、目黒区美術館の石内都展、などが思いつく。いわんや、東京都現代美術館のレベッカ・ホルン展もだ。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
映画 「ダンス・パートナー」 1978. Ⓒ 2009 Rebecca Horn

ドイツ出身の現代美術家レベッカ・ホルンは、今回の展覧会が日本で初めての個展となる。
初期の頃は羽や角をまとうパフォーマンスで知られており、「ドクメンタ5」展以後は、制作の幅を広げてきた。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《ジェイムズ・ジョイスのためのヌーグル・ドーム》 2004. ナイフ、モーター Photo: Gunter Lepkowski Ⓒ 2009 Rebecca Horn

会場は3階と1階の2フロアーで構成されている。3階へあがって最初の部屋では、色鉛筆やピストルが機械仕掛けで動く立体作品を見ることができる。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《愛人たち》 1991. インク、モーター Photo: Attilio Maranzano Ⓒ 2009 Rebecca Horn [参考図版]

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《浮遊する魂》 1990. 楽譜、モニター Photo: Attilio Maranzano Ⓒ 2009 Rebecca Horn

元々は人間の手によって使用されるはずのものが機械のぎこちない動作によってゆっくりと動いていく。そんな、アナログとデジタルの融合とでもいうような、手仕事へのノスタルジーと未来への憧れが振り子のように交差している。その確信的な誘惑は、奥の部屋に進んでいくに従って、より柔やかさと強度を増していく。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《双子の鴉》 1997. 鴉の羽、モーター 1997. Photo: Attilio Maranzano Ⓒ 2009 Rebecca Horn

双子のように合わさった羽、気ままに動いていく筆、動いていく光。それぞれの作品がのびやかに、自由に、世界を創りだしている。そのレベッカの自由な創造の世界に触れて、まるで自分の体の一部のような装置によって拡張された知覚が、徐々に研ぎすまされていく。そんな心地よい緊張感を味わうだろう。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
《鯨の腑の光》 2002. 水槽、作家による詩、ハイデン・チザムの音楽 Photo: Heinz Hefele Ⓒ 2009 Rebecca Horn

さらに1階では、パフォーマンスの記録、長編映画、と4部屋で計8の映像作品が上映されている。

Ⓒ 2009 Rebecca Horn
記録映像 「パフォーマンス2」 1973. Ⓒ 2009 Rebecca Horn 

自身の作品をつかった映像から、ある部屋を舞台にした物語の映画まで、レベッカの魅力を余すところなく堪能できる素晴らしいものばかり。ちなみに、ひとつの作品が1時間以上のものもあるため、時間には余裕をもって訪れたいもの。
同じ時代に生きててよかった! と感謝できる、こんな素晴らしい才能を見逃す手はないのだ。

レベッカ・ホルン展 - 静かな叛乱 鴉と鯨の対話
会期:2009年10月31日(土)〜2010年2月14日(日)
会場:東京都現代美術館
開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日
住所:東京都江東区三好4-1-1
TEL:03-5245-4111(代表)
http://www.mot-art-museum.jp

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE