ジャコ・ハースブローク

PEOPLEText: Bertina Appel

彼の面白い名字も手伝ってか(“haas” はウサギ、“broek”はズボンを意味する)、ジャコ・ハースブロークの名と彼のアートは急激に南アフリカに広がり始めている。ジャコはプレトリアで生まれ、現在はケープタウン在住。イラストレーター、デザイナーとして様々なクライアントや取引先と仕事をしている。

2007年にストレンボッシュ大学を卒業してからすぐ、奇妙な二次元のキャラクター(かわいらしくもあるが、ちゃんと賢さも感じられる)とフェルト製ぬいぐるみで有名な新進気鋭のアーティストとなった。南アフリカでこのユニークなキャラクターがとても人気で、彼のスタイルはほとんど確立されたともいえるだろう。また、彼はケープタウンで壁画を様々な場所に描いたりもしているのだ。

彼のアートワークのほとんどは、「自然からインスパイアされている」とのことだが、昔のテレビゲームの8ビットの小さなキャラクターのような印象も受けることが多い。作品の多くは太い線とフラットな色で構成されているが、それが実に深い感情と人生の経験を反映し、そこに小さな彼の世界が作られているよう。

ジャコ・ハースブローク

バックグラウンドについて少しお聞きします。どこで、何を勉強されましたか?また、現在の活動拠点は?

南アフリカのストレンボッシュ大学でファインアートを学びました。出身はヨハネスブルグですが、現在はケープタウンに住んでいます。

作品を作る上で何か影響を得たりしますか?また、インスピレーション、自分を奮い立たせるものなどを教えて下さい。

インスピレーションは自然から受けることがほとんどです。自然の世界には数えきれないほど美しいものがあります。あと、創造性は神様からの贈り物だと思っています。そのことについて考えたりするときが、想像力が自由に働いて、一番インスピレーションを得ているときかもしれません。音楽、言葉やいろいろな人々の作品からもインスパイアされますね。

jaco2.jpg
Mural for Tinsel, Old Biscuit Mill in Woodstock

ケープタウンの「サロン91」で行われた「No Strange Land」というエキシビジョンで展示をされましたね。その時のことについて教えていただけますか?

この展示のために製作した作品は、現実と捉えるか、想像として捉えるか…というアイディアの元に、土地や僕たちのまわりの物理的な空間をテーマとして作りました。
「Six and Out」という絵は、近所の庭でクリケットをしているときに、ボールを取らなきゃいけないときによく感じていた気持ちを表したものなんです。(バックヤード・クリケットでは、ボールを打ってフェンスを越えたら6ランがもらえるが、アウトにもなる)すぐ隣の家なんだけど、外国のような感じがしたんです。他人のテリトリーに入るってことはとても変な感覚なんだなぁ、と思いましたね。

jaco5.jpg
When The Ocean Meets The Sky (2009) Acrylic On Canvas

「Untitled」と「When the Ocean Meets the Sky」は、ある旅で感じた特別な感情、体で感じた瞬間を表現しました。音楽から生まれた、フェルトの人形たちも展示しました。僕が何かをどう見て、それをどう経験するか、そういうものたちを僕がどう解釈するのかということが作品にとても大事な影響を与えていると思います。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE