アニータ・フォンテーン

PEOPLEText: Lotje Sodderland, Maxalot Gallery

オーストラリア人のアーティスト、アニータ・フォンテーンの作品は、それ自身で独自のエレクトロニックなジャンルを形成している。彼女の作品では、ビクトリア朝時代の美術品、魔法、そして最新鋭の技術を駆使した機器などの要素が融合し、複雑で、レトロフューチャーなサイバーヴィジュアルが特徴的だ。彼女は、それによって新しいメディアアート界でも最前線で確固たる地位を確立している。フォンテーンは、商業的な技術を全く新しい目的へと変換しながらインタラクティブな作品を作り続け、その作品においては強迫観念、カルト崇拝、消費主義などのテーマを熱心に追い求めたくなる世界へと我々を誘い込む。現在はアムステルダムを拠点に、ジェフ・リレモンとシャンパン・ヴァレンタインと呼ばれるクリエイティブスタジオを運営しており、気が向いたときはモダニスタ!でも活動している。今回は、アムステルダムのマクサロット・ギャラリーにてもうすぐ公開される彼女のゲーム風のインスタレーション作品「キュートXドゥーム」を中心に話を伺った。

アニータ・フォンテーン展
© Anita Fontaine

自己紹介と最近の活動を教えて下さい。

アーティスト、デザイナーとして、現代の科学技術やメディアを駆使し、幻想的な新しい体験が出来る作品を作っています。素材としては、テレビゲームの内部装置、セカンドライフ空間、GPS搭載の電話技術などを使用し、それらを新しい神話や古いおとぎ話のようなものに組み込んでいきます。作品では、確実性と奇策、バーチャルと素材のもつ領域、夢と現実など異なる2つの間に、橋渡しをしようと考えています。

出身はオーストラリアですが、これまで様々なプロジェクトに携わり、海外へは旅行や仕事関連で行く機会が多かったです。現在は、アムステルダムに住んでいて多くのプロジェクトに携わっています。今はちょうどシンセポップバンドM83のプロモーションビデオの仕上げを終え、同時にアムステルダムとニューヨークで予定している展覧会の準備をしているところです。加えて、クリエイティブパートナーであるジェフ・リレモンと共に、シャンパン・バレンタインという新しいデザインスタジオを設立しました。非常に独特のアプローチでテレビゲームやプロモーションビデオ、インターネット体験などの新しいプロジェクトを素晴らしいクライアントと一緒に進めています。

アニータ・フォンテーン展
© Anita Fontaine

あなたの作品のジャンルは何だと思いますか?

実際に考えた事は一度もないですね。周りの方がそういうことを気にしてくれるほうがいいです。どうしてもと言うなら、「クリスタルとピクセルで作られた光り輝く海の上に浮かぶ未来のお化けとハイジャック・テクノロジーを駆使したファンタジカル・ニューメディア」といったところでしょうか。ただやっぱり、ある特定のジャンルに決めつけない方が自分にも合っていますね。ジャンルの不釣り合いというのも私にとっては非常に面白いものであると思います。

今の自分に至った経緯を簡潔に教えて下さい。

ダイアグラムみたいなものを書ければもっと解りやすくなると思うんですが、これまでいろいろな人と出会い、信じられないくらい運がいいと思います。でも、やっぱり今の自分が今の自分である一番の源は、自分がアートにかけてきた凄まじいほどの時間だと思います。
そして、「人生を信じる事はおとぎ話にもなる」といつも信じています。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE