ウォン・ティン・ヤン

PEOPLE

ウォン・ティン・ヤン廃材木。人はゴミだと言うかもしれないが、ウォン・ティン・ヤンならそこに自然の美しさを発見し、彼の魔法で面白い生き物たちが住む動物園に変えてしまう。彼は、工業地帯から持ってきた廃材の木を使って制作を行い、キュートな動物として新しい命を吹き込む。環境に優しいアート作品は、子供だけでなく大人にも人気があり、現在では家具の製作も行っている。彼の作品を家に持ち帰って、可愛い動物たちの「飼い主」になってみてはいかがだろう?

ウォン・ティン・ヤン

まずはじめに自己紹介をお願いします。


香港中文大学のファインアート科を卒業し、現在は青少年のためのアートスタジオで働いています。また彫刻家として、廃材になった木片などを使い、動物の彫刻を制作しています。

初めて廃材で彫刻を作り始めたのは2000年のようですね。最初の作品を作るに至った経緯を教えて下さい。

実は、全くの偶然だったんです。大学の卒業制作展に向け作品の材料を探していた時のことなのですが、キャンパス周辺で改築している建物がいくつかあり、そこから廃材の木を集め、しばらくその木を使って遊んでいました。そして「これが自分の使いたいメディアだ」と気付いたのです。素材として廃材の木を使う利点は、まずお金がかからないということ、そして失敗しても気にしなくていいということです。作品作りで最も大切なことは「廃材に新しい芸術作品として第二の命を吹き込む」ということです。こんな理由で最初の作品を制作してから今まで続けています。

Wong Tin Yan
中長頸鹿 Giraffe (M), 240cm(L) x 140cm(W) x 220cm(H), 2005

廃材の木は、私のお気に入りの材料です。非常に独特なテクスチャを持っていますから。荒っぽくて汚いと言う人もいるかもしれませんが、木は魅力的な物語を内側に潜めているんです。釘、ねじ、金具など多くの色々な国や文化の知恵が詰まった技術が使えるのも魅力の1つですね。スタジオも工業地帯にあるので廃材の木を集めるのにも大した苦労は要りません。

Wong Tin Yan
虎死留皮 Tiger Skin, 280cm(L) x 90cm(W) x 300(H), 2006

作品の対象として「動物」を選んだ理由を教えて下さい。

実はそんなに動物好きというわけでもないのですが、マンガなどに出てくる動物は、不思議な容姿をしていて、表情も豊かで、それぞれ特徴があるから好きなんです。中性的で分かりやすいですし。ほとんどのイメージは子供の頃の記憶です。だから作品を作り始めたときも、いつもマンガチックでユーモラスな作品を作っていました。私の作品は、必ずしもメッセージ性を含んでるわけではありません。見ている人に単純に形、大きさ、手触り、ディティールを楽しんでもらえるようにしています。

Wong Tin Yan
疊馬 Horses, 250cm(L) x 140cm(W) x 250cm(H), 2003

作品製作のプロセスを教えて下さい。

まず、様々なアングルから木を観察し、それが動物のどの部分になるかを考えます。基本的なイメージがまとまったら、それをのこぎりで切り、それぞれのパーツをどんな技術で組み合わせていくかを考えます。そして、作品に合った表情をつけ、色をつけていきます。作っている段階でも、満足出来なかったら元々のアイデアを変えて、より良いものにしていこうと思っています。

今までに手がけた一番のお気に入りのプロジェクトを教えて下さい。

MTR(香港最大の鉄道路線システム)とのプロジェクトですね。「MTR Mobile Exhibit Train」という名前のプロジェクトで、古い車両を改装して中で展示が出来るものに作り換えました。私の廃材の作品は、2つの車両のエンジンの真ん中にディスプレイされ、ピーク時を除いて3週間、MTRの各駅をゆっくり通過するというものです。こんな風に特別な形で自分の作品を展示出来る機会に恵まれたのをとても光栄に思います。このプロジェクトは、アート作品を展示するという意味で、非常にクリエイティブな方法だと感じました。

Wong Tin Yan
門口狗(一) Don’t bite I, 68cm(L) x 16cm(W) x 65cm(H), 2008

廃材を使った動物以外に、他にはどのような作品を作っているのですか?

廃材の木を使った家具などの制作も行っています。先ほども言いましたが、私は何よりも廃材を使って作品を作るのが好きなので、家具を作るのにも必ず木を使います。以前「モンスター・チェアー」という作品を作り、「もっと色々な作品を作って、1つの家具シリーズにしたい」と考えるようになりました。香港の人には、アート作品を買って家で飾るという習慣はあまり一般的ではありません。だから香港の人たちが、私の廃材の作品と同じスタイルだけど安く買えるアート作品を作りたいというのが、家具を作る理由です。

Wong Tin Yan
怪獸櫈(一) (二) Monster Chair I&II, 2008

香港に住むことについてどうお考えですか?あなた自身の視点から香港について教えて下さい。

香港での生活はとても気に入っています。色々な機会に恵まれているし、便利ですしね。したいことは何でも出来る自由があります。しかし、私は香港の人々の価値観には賛成出来ないところがあります。お金や不動産のことを気にしすぎているし、自分たちの周りにある大切な何かを見失っていると思います。

香港でのお気に入りの場所と、その理由を教えて下さい。

赤柱(スタンレー)近くの春磡角(チュン・ファム・コック)ビーチがお気に入りです。夏には日光浴をしたり、泳いだり。特に週末は人も少ないし、静かですから友達とぶらつくのにもぴったりのビーチです。毎年夏になると行くことにしています。私にとっては特別な場所です。

今後の予定を教えて下さい。

会社もしくはお店を立ち上げたいと思っています。そこで、オリジナルの手作り家具やアート作品、アクセサリーや洋服などを売りたいと考えています。この背景には、「香港の人々の暮らしによりよい選択肢を与えたい」という思いがあります。

Wong Tin Yan
TEL:(852) 9751 7157
tinyantinyan@yahoo.com.hk
http://www.wongtinyan.com

Text: Justin Tsui
Translation: Tatsuhiko Akutsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE