トータス

PLACEText: Nico

ロサンジェルスの西側にあるベニス・ビーチ。1970年代にはドッグ・タウンと呼ばれていたこの地域には、ヒッピーやスケーター、サーファー等の米西海岸を代表するストリート・カルチャーが盛んであると同時に治安の悪い地域でもあった。ここ最近では、すっかりドッグ・タウンという風貌はなくなり、毎日多くの人々が訪れる観光地となり、高級住宅もしばしば立ち並ぶエリアへと変化している。

そんなベニス・ビーチから内陸へ歩いて数分の場所にあるアボット・キニー・ブルバード。ここは8年ほど前から着目され、表のベニス・ビーチとは対照的な雰囲気でアートギャラリーや、各種セレクトショップ、アンティーク家具屋等の小さな店舗が沢山並んでいる。

トータス

毎月第一金曜日に開催されているナイト・フェスティバルでは、通常は19時くらいに閉めてしまう通りの店舗が22時ぐらいまで開放され、ライブコンサートや、DJパフォーマンスまたは各種イベント等、様々な試みを企画しながら盛り上げている。そういった日は夜遅くまで人通りもあり、地元の若者からセンスのいい大人やその子供達、又はペットまで陽気な賑わいを見せている。

2003年このアボット・キニー・ブルバードにオープンした「トータス」(tortoise)。今では2店舗目も同エリアで展開しているトータスは元々日本の家具メーカーでデザイナーとして活躍されていたオーナーである篠本夫妻のセレクトによる雑貨や小物から家具、または工芸品からアート作品までを広く取り扱っている。そのほとんどは日本製であり、ここに来ればどんなアメリカ人でも日本というイメージを改め、その奥深さを痛感するに違いないと感じられる場所でもある。

トータス

開放感のある店内には見れば見るほど手に入れたくなるような繊細な彫刻から、実用的でオシャレな雑貨がほどよく置かれている。どの商品もアメリカを代表する人工的であり、大量生産主義的な文化とは真逆なスローライフを感じることができる。自然素材や伝統的な主観、長い年月があるからこそ仕上げられた、そんなコンセプトを感じることができる。日本人である僕も、ここアメリカで日本の繊細なプロダクトや伝統工芸品がモダン・デザインとしてインテリアに採用されていることを目の当たりにでき、とても嬉しく思えた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ステファン・マークス
MoMA STORE