ル・ラボラトワール

PLACE

今日、世界中で現代美術を扱うスペースが大小問わず頻繁にオープンしている。
それぞれが、少しでも他とは違う自分たちなりの特色を誇示しようと、地域密着型だのデジタルアートだのと大騒ぎしながらも、結局プレスリリースに目を通せばどこも似たような内容でうんざりさせられるのも事実だ。

そんな中、街中に貼り出されるポスターもアート雑誌が組む大々的な特集もないにも関わらず、パリのマニアックなアートラバーの会話の中に忍び込むように上るようになってきた新しい空間がある。

その名は、ル・ラボラトワール

ル・ラボラトワールル・ラボラトワール
Photo: © Alain Potignon


この 今までにない新しい試みのカルチャースペースは、2007年10月に科学者であり作家でもあるアメリカ人、ダヴィッド・エドワーズによって、パリの中心部に設立された。「アート」と「科学」という、一見全く交わることのないような二つの分野の境界線上で対立しながら生まれる、デザインや現代美術における実験的作品の発信の場であり、その名の通り、普段私たちが実生活で足を踏み入れることのない、ラボ、すなわち研究所でおこなわれている実験のプロセスに、大衆を招待しようというもくろみなのだ。

このスペースで行われる展覧会やイベントは、基本的に「アート」の世界から選ばれたアーティストと、「科学」の世界から選ばれた科学者のコラボレーションによって成り立つ。アートによって生み出される「創作」と、科学によって提示される「発見」は、実は交差するものなのではないか、という考えを前提に、ここでの「革新」が起こる。また「アート」と「科学」のどちらもが多くの場合、最終的に完成された、または結論に達した状態で発表されるという点にも着目し、何かが始まるそのときから終わりに達するまでの過程を、このスペースを利用して明るみに出そうという挑戦でもある。

ル・ラボラトワール
ベルエアー展 Photo: © Marc Domage

昨年10月に開かれた、造形作家ファブリス・イベールとバイオテクノロジー学者であるロバート・ランジェの「思考のためのマチエール」展を皮切りに、ル・ラボラトワールでは年間に3つの展覧会が企画される。
2007−2008年度には、インダストリーデザイナーのマチュー・ルアナーとハーバード大学で教鞭をとる科学者でル・ラボラトワールの創設者でもあるダヴィッド・エドワーズによる「ベルエアー」展、フォトジャーナリストのジェイムズ・ナクトウェイと映画監督アシャ・メイダーが、発展途上国の医学研究者たちとコラボレートしながら、第三世界にはびこる病に焦点をあてた「命のための闘い」展、ミシュランで2度も星を獲得した料理人のティエリー・マルクスと化学物理学者のジェローム・ビベットによる料理とコロイドに関する展覧会などが行われてきた。

ル・ラボラトワールは、「アート」と「科学」の両現場の最先端にいるプロによって導かれ制作された作品の発表の場であると同時に、観客がそのどちらの分野にも必須である「研究」という行為に、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を研ぎすませて感じることが可能な場でもある。

ル・ラボラトワール
ティエリー・マルクスの頭の中展 Photo: © Marc Domage

「アート」も「科学」も一般にはすぐに、「よくわからないもの」と敬遠されがちである現実は否めない。そのような私たちの潜在意識を覆してくれるのが、ル・ラボラトワールの展示会場とそこに隣接する視聴覚ライブラリーに常駐して、 気軽に声をかけてくれる係員の存在だ。彼らは 誰でもがわかりやすい言葉で、「アート」や「科学」、そして目の前にある展示作品や、それらの作品が制作されるに至ったアーティストと科学者の共同作業によるプロセスなどを説明してくれる。彼らと私たちとの何気ないディスカッションから、また別の「革新」が生まれるのかもしれない。

現在、フェスティバル・ドートンヌのプログラムの一環として、2009年1月12日までアーティスト池田亮司と数学者であるベネディクト・グロスの「V≠L」展が開催されている。2009年にはインド人アーティストのシルパ・グプタと神経学/遺伝学者のパメラ・スクラーによる「恐怖は遺伝するのか?」展と、建築事務所「R&Sie(n)」と数学者フランソワ・ジューヴによる「機嫌による建築」展が企画されている。

数多くあるパリのアートスペースの中でも、一線を画す展示を行う場所がやっと現れた。

ル・ラボラトワール
住所:4, rue du Bouloi, 75001 Paris
TEL:+33 (0)1 78 09 49 50
開館時間:金〜月 12時〜19時
info@lelaboratoire.org
http://www.lelaboratoire.org

Text: Kana Sunayama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE