ライカ

PEOPLE

私はちょっとお腹がすいたのでサンドイッチでも食べに出かけることにした。5番通りまで出たところで、お店のショーウィンドウにエイリアンの様なキュートな男の子が仰向けに寝っ転がっているのに気付いた。本当に可愛かったのでちょっと覗きに入ることにした。空腹はまだ我慢できる。

ちょうどカメラを持っていたのがラッキーだった。というのも、そこで見つけたのは「LAIKA」に所属する20名以上のアーティストが集まる素晴らしいエキシビジョンだったからだ。LAIKAは、ウェブ、アニメーション、映像制作やキャラクターデザインも得意とするポートランドのデザインスタジオ。ばかばかしいM&MsのCMを始め、彼らは過去に多くの成功を収めているようで、私たちはテレビで彼らの仕事を良く見ていた。なんとなく、そう書いてしまうと彼らの作品や才能を制限するようで好ましくないが、実に彼らの活動の幅は多岐に渡っている。

LaikaLaika

悲しい事実がある。実はLAIKAは、ここポートランドに以前存在したウィル・ヴィントンという会社なのだ。ヴィントン社は、長編映画の資金を集める為、2002年にNikeのオーナー、フィル・ナイトを株主に迎え入れたが、その年、ナイト氏が多数の株主となったことで、ヴィントン社は舵を取りそこね、倒産してしまった。ヴィントン社はナイト氏を所有権侵害で訴え、これに勝訴。ナイト氏は2005年に社名をLAIKAと改めた。私はウィル・ヴィントンには特別な思い入れがある。カリフォルニア・レーズンと、のろのろ動くマーク・トウェインのクレイアニメーションは長い間、私の夢に悪夢となって現れ続けていたからだ。あー思い出すだけで怖い。

Laika
Colleen Flanigan “Conquest”


さて、今夜、私の夢に何が出てくるか皆さんがお分かりになったところで、今私はこのゴールドスミス・ビルのアートスペースに入ったところです。ここで『私が先よ!』『違うわ、私が先よ!』という作品のキーキー鳴る声で出迎えられた。そこで私は非論理的になってみようと思い、反時計回りで見て回ることで作品たちを困らせようと思いつきました。 それで、私が最初に見たのは信じられないものの集合体でした。それは、犬、猫、人間の毛、金網、セメント、スチール、沢山の素材と、すばらしい織物の才能。コリーン・フラニガンと織物師ジェニー・マクルーバーの作品で、タイトルは「コンクエスト」動きとリアリティと面積の交互性が美しいディスプレイです。

Laika
David Candelaria “DJ Robot for hire”

「雇われDJロボット」は最初に私が惹き付けられたデビッド・キャンデラリアの作品。問題は、ロボットやその背の高さではなく、その後ろにある黒いブランケット。それが私の後ろについてきて離れなくなるように感じたのです。気が小さくてごめんなさい。

Laika
Heidi M. Sowa “Tea Set”

ハイジ M.ゾーヴァの「ティーセット」というこの作品は、美しかったです。継ぎ目のない流れるような磁器。この伝統的なティーセットのバリエーションも大好きです。

Laika
Kingman Gallagher “Untitled”

キングマン・ガラッガーの作品「UNTEITLED」もとても気に入ったものの一つ。低い声の使い方とシュールレアリスムなこの感じがいい。

Laika
Charles Daniels “While Traveling to the Tree of Knowledge of Good and Evil”

チャールズ・ダニエルズによる「善悪の知識の木への旅行中に」というペイントの作品は、私の目を引きました。3体のキャラクターは実に悪そうで、とても不気味。色彩も素晴らしく、信じられないほど効果的に使われていた。

Laika
Stef Choi “Above and Beyond”

私のお気に入りのうちの1つ!まず言わせて欲しいのは、かわいい小さくて丸い人が大好きだということ。これがすべてに当てはまっていたのです。砂浜で作ったような枯山水。カボチャとスースのようなポンポン木。小型望遠鏡。かわいい小さな青い体。ステフ・チョウイのこの作品は、上から下まですべて私の心を捕らえました。もう大好き!

ゲイリー・ローグはいくつかの素晴らしい金属作品を展示していました。タイトルは「UNTITLED」。そこで立ち止まってちょっと考えてみた。アーティストが作品にタイトルを付けるということは、難しいことなのか?つまり、作品がつくられるまでの時間、どのくらい作品と過ごしていたのか?そして、ひとつのアイデアに辿り着くまでに、どのくらいのアイディアを費やして、結果「UNTITLED」というタイトルとして知られる作品がこの世に生まれることになったのか。私なりにタイトルを考えてみた。「風と草きりがま」「摩天楼草きりがま」「空きりがま」?さて、あなたは?

Laika
Stef Choi “Crater Lake”

ステフ・チョウイの「上へ、そして越えよ」。LEDが積まれた2つ美しい木製の作品は、まさに私が求めていたもの。もう自分を押さえることができないほどです。「火口湖」は大好きなモノの一つなので、この作品にとても惹かれました。雲の乗ることは私の夢で、本当にあったら乗ってみたい。空想的で美しい夢の乗り物。ありがとう、チョウイ。

Laika
Edward Juan

エドワード・ファンは4つのセットからなる数点の素晴らしい木の作品を展示していました。それらは、ヨーロッパ(特に北欧とオランダ)をイメージさせるインスタレーション。静かなバランスがとても印象的でした。

Laika
Mike Wellins “Untitled”

そして「タイトルがない」作品がもう一つ。マイク・ウェリンズのこの作品は、楽しく、想像力に富んでいました。それは、学校でのジオラマ制作の日々を思い出させました。もっと興味あるヴァージョンとして、そんなにジオラマっぽくもなく。光と影の代用としてのブルー(海)とグリーン(芝)の使用は、創造的であるだけでなく、このVooDoo虫採りジャングルの中で真に迫っていました。

Laika
Suzanne Moulten “Prankster”

スーザン・モールテンの作品「いたずら者」は生きていると、私には思えたほど。油絵には見とれてしまいます。なにげない日常のひとコマがこんなにも楽しくなるなんて。

Laika
Scott Fassett “Northwind”

スコット・ファセットのミクストメディア作品「北風」は、おかしな理由から私が来たことで作動し始めたようだ。悪気がなく、遊園地のようなクオリティを醸している。近づいてみたら目がぐるぐるするとか、「おまえさん、元気かい?」と話しかけたらヒゲが動くとか、何か愉快な仕掛けを期待してしまう

Laika
Rick Guinan “Penguin on the Left”

そして、別の部屋では4つの映像作品が、何からも邪魔されることなくループで上映されていた。私のお気に入りはリック・ガイナンと彼のチームによる「左翼のペンギン」。

ここでわかったことは、LAIKAが単なるアニメーション・スタジオではないということ。彼らは素晴らしいストリーテリング・スタジオです。この展覧会の作品は、素晴らしい物語の断片で、その一瞬の時が凍って展示されているように感じさせてくれました。これらのアーティストの作品は美しいだけでなく、創造力もかき立てられます。私はイラストレーターでありませんが、これらのイメージを通して、LAIKAとアーティストとのプロジェクトが至る所で人々に想像的な物語を吹き込むということが分かった気がします

最後に、不気味なマーク・トウェインのビデオをYouTubeで発見したので教えておきます。これであなたも悪夢を見ることでしょう。

Laika Artist Showcase
会期:2008年10月16日
会場:Goldsmith Building
住所:32 NW Fifth Avenue, Portland, OR 97209

LAIKA house
住所:1400 NW 22nd Avenue Portland, OR 97210
TEL:503-225-1130
ask_us@laika.com
http://www.laika.com

Text and photos: delilah.loves.you
Translation: Haruka Kibata, Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE