インサイド/アウトサイド

THINGS

「ストリートは誰もがアクセスできる媒体で、官僚的な価値観に縛られず全ての人に開かれているという点で平等だ」。

インサイド/アウトサイド


権力と巨額資金が世界規模で行き来するアート界に対抗するため、アーティストはグラフィティーを始めた。街中に溢れる世界企業の巨大看板広告、消費社会の加速を扇情するTVコマーシャル。貧富の差が益々広がるばかりの社会に反抗したバスキアやキース・へリング など、80年代NYストリートカルチャーから発生したグラフィティーは、今、さらに発展を見せている。

「インサイド/アウトサイド」は、現代の世界で最もホットなグラフィティーアーティストたちの活動を記録したドキュメンタリー映画。今回、4月5日〜11日にアップリンク・ファクトリーにて「インサイド/アウトサイド」〜REBELWEEK/反逆者たちの七つの証言〜が、7夜連続で毎回多彩なゲストスピーカーを向かえて開催された。
私が参加したのは、4月8日の 「態度としてのアート/武闘派アーティストのグラフィティ観」、映画上映の後アーティストの天明屋尚とキュレーターの窪田研二によるトークショーが行われた。

インサイド/アウトサイド

グラフィティーは悪なのか? それとも社会の悲痛な叫びを現す芸術なのか? 
映画の中で、「Visual Attack」と称して、ビルボードの広告モデルを真っ赤なスプレーで「殺す」パリのゼウス。「広告のもたらす影響力を利用して、こちらは最小限の力で最大の攻撃をするのさ。」と彼は語る。

インサイド/アウトサイド

都会の山岳隊としてビルの頂上に自らの証「タグ」を残すことを生きがいにするサンパウロのピグメウス。クリンクというオリジナルの蛍光インクを開発して、巧みに街を乗っ取っていくKR。自分で作ったポスターをストリートに無断で貼りつづけているニューヨークの女性アーティスト、スウーンは作品が認められ、今ではMoMAブルックリン・ミュージアムでも展示されている。「多くの人に見てもらえるのは嬉しいけれども、だんだん巨大なアートマーケットに飲み込まれていくようで複雑な気分」。

インサイド/アウトサイド

カメラは国や文化、方法や状況が違う様々なアーティストの活動を映し出す。
ある人には落書きと忌みを嫌われ、あっという間に消されてしまう儚いグラフィティ。法律を犯し、警察から逃げ惑う。そんなあえて危険を冒してまでもストリートに拘り続ける意味、そこに介在する価値とは何だろうか? これは単なる芸術のあり方だけではなく、自由とは何かという大きな議題を社会に投げかける。

アーティストの天明屋はトークショーで、江戸時代に活躍した河鍋暁斎という画家を例に出して、日本のグラフィティー界について話した。「河鍋暁斎は政治批判をして投獄されたこともある元祖グラフィティーアーティスト、狩野派という学校にいながら、浮世絵という今で言うストリートでも画を書いていた」。グラフィティーとは、既存の保守的な社会に対する対抗という信念であり、単に「タグ」を書くことではない。彼はそう訴える。
「ただネームを書いて、自分の縄張りを主張するようなグラフィティーはエゴ。見る人をどう意識しているのかがポイントで、そこがなければただの落書きになってしまいます。」
グラフィティーが悪かどうかはさておき、伝わるものかどうかということが一番大切なのだ。

インサイド/アウトサイド
[2005年/デンマーク/57分]
監督:アンドレアス・ジョンセン、ニス・ボイ・モラー・ラスムッセン
撮影:アンドレアス・ジョンセン
編集:アダム・ニールセン
出演:ゼウス、スウーン、KR、イアスノット、オス・ジェメオス、ピグメウス、アダムス&イッツォ、ロン・イングリッシュ
音楽:THA BLUE HERB、UPSETS FEAT ZERO、ロン・イングリッシュ、JEL、SHING02 他
DVD発売予定日:2008年7月4日
問い合わせ:UPLINK
TEL:03-6821-6821
info@uplink.co.jp
http://www.uplink.co.jp

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE