デビッド・オライリー

PEOPLE

アニメーターのデビッド・オライリーの作品に際立っているなと思う点は多々あるけれど、最初の印象では、スクリーンの中で爆発してバラバラに崩壊する、ピクセルの集まりのような生のグラフィックや、典型的コンピューター・アニメ映像にありがちな伝統的しきたりに無関心なところが特徴だ。彼は3Dをこよなく愛するが、それも全て不当な理由からだ。ツルツルとした反射する表面、重々しいレイトレーシング描画、ディズニー風のくだらないナレーション、これらは忘れてほしい。ユーモアのある、たまに、撹乱するようなエフェクトを用いながら、カラフルなゲームスタイル・グラフィックの持つキュートな部分とシュールで邪悪なアイロニーたっぷりの物語を組み合わせているのが、ここにいる型破りな3Dっ子だ。

ベルリンのクロイツベルク地区にあるカフェでコーヒーを飲みながら、彼のキャリアや映像制作について、最近になって彼がベルリンへ引越してきたことなど、気ままにおしゃべりをした。


デビッドは、まだ学生だった頃に彼の初めてのアニメ作品をデザイン会社のグル、シャイノーラに送った事がきっかけとなり、飛躍的なスタートをきる事となった。彼らの反応は完全にポジティブなもので、数少ない実績ながら後にシャイノーラ・プロジェクトに参加することとなった。

『3Dキャラクターのアニメーションなんてやったことなかったんだから、彼らにしてみたらとんでもない賭けだったと思う。でも僕を急に困難な状況に追いやったというのは、抱えきれないほどの事を与えることで僕が溺れていくか、泳げるようになるかを見るには一番いい方法っていうことを彼らはわかってやっていたんだと思う。』

そうして、昼間は「Studio AKA」で仕事。夜はシャイノーラでフレームの大量生産という、トーストと豆でしのいでいく生活が続いた。それは19才の彼とっては至極普通のことだった。

『シャイノーラで学んだ事はすごく重要なことで、自分のすべてを捧げることなくして素晴らしい仕事なんかできないんだってこと。ワーカホリックな人たちの中にいたから本当に伝染するんだ。彼らはどう生活していかないか、ということを教えてくれたよ。』

アニメーターを目指す人たちはみな注目。長くつらい仕事のための準備をしましょう。思い浮かべて下さい。何時間もコンピュータの前にかがみ込み、夜中はコーヒー、ベイクド・ビーンズ、たばこで何度も中断するということを。
デビッド・オライリーにとっては、そんな長時間の貧しい食生活を過ごした甲斐あって、今ではBBCやソニーといった企業をクライアントに持ち、一年をのんびりとしたペースで仕事に望み、余った時間には映像作品の制作に打ち込むことができるのだ。

デビッド・オライリー
Stills from David’s new series PSS

そんな彼はちょうど新シリーズの第一話となる「PPSープリーズ・セイ・サムシング」を制作したばかり。それは1匹の飼いねずみと1匹の飼い猫が未来都市のフラットに一緒に暮らすというシュールなコミック仕立ての物語。それは、さながら下品なところを除いたレン&スティンピー風アニメだ。デビッド曰く『時速90万キロの感情で駆け抜ける、30秒間の猛烈に胸の張り裂けんばかりのインターネット・ターボ・ドラマ。』

“RGB XYZ’, 2005

この新シリーズでデビッドがどんな反応を受けることになるか楽しみである。2005年に制作したショートフィルムの「RGB XYZ」という作品ではかなり多くの批評家からの称賛を受けているからだ。この数年前の作品は、最近になってからも多くの注目を集め、世界中の映画祭やアニメ・フェスティバルで取り上げられており、今年のベルリン映画祭では佳作賞を獲得している。

メディアからの意見によると、彼の作品のアニメ風スタイルの美的無秩序性な部分だったり、思い切りの良い荒削りな3Dグラフィックに注目しているようだ。

近年、精巧な3Dアニメーションソフトウエアが簡単に手に入るというのになぜ?

『ほとんどの3Dアニメーションは同じテクニックを繰り返し使っている。レイトレーシング、モーションブラー、アンチエイリアシングなどなど。何かもっと生に近い形でやる方が、誠実性のあるものになると思う。それだけでなく経済的意味合いもあって、プレビュー機能の早さと同じくらいのスピードでアニメーションのレンダリングができちゃう。それで出来上がったものをその日の終わりに見ても、物語自体には全く影響はないからね。それにツルツルに見えるものは作りたくないんだ。』

デビッド・オライリー
Stills, “Serial Entopics”, 2008

ちょうどコーヒーを飲み終えた頃、月曜日の午後をカフェで過ごしている周りのみんながリラックスしている様子にお互い気づいた。そこで、デビッドに彼がベルリンへ引っ越して来た訳を聞きたくなった。

『ガース・ジェニングの2本目の作品「サン・オブ・ランボー」の制作を終えたばかりで、しばらくは静寂の時を過ごすことになるなと思ったからここに来た。それでショート・フィルムを作った。』

『ベルリンに住むのにそんなにお金かからないし、1年くらい住むなら余裕があったから、商業ベースなことはやらなかった。1年たったらベルリンから出ると思ってたけど、まだここにいるよ。』

デビッド・オライリー
Still, “Son of Rambow”, 2007

昨年ロンドンでガース・ジェニングスの「サン・オブ・ランボー」制作終了後、デビッドはベルリンに引越しており、ロンドンに戻る理由はないらしい。彼の言葉は多くのアーティスト、ミュージシャンや作家がベルリンに訪れる理由ー安い家賃のためだけでなく、多くの都市では得難いのんびりゆったりしたバイブがあるーを反響させる。

『ここではたくさん仕事もするけど、それだけじゃない人生を送っている。人も素敵だし、よりオープンなコミュニティーがあるよ。』

そして何よりもここでは楽しみなデビッドの作品が待っている。今後のプロジェクトには、不思議にも「ホーリー・ゴースト」名義で彼が始めた無名のもう一人の自分の作品も含まれる。このタイトルでは、他のアーティストとのコラボレーションに焦点をあて、全てのプロジェクトが順守しなくてはならない十戒を設けている。

外では灰色の雲が垂れ込めてきた。それは霧雨の降るもう一つの顔のベルリンだ。支払いを済ませ、店を後にして、さようならを言ったその時、フラットに帰り作業に戻るデビッドを想像した。いくつかレンダリングし、シーンのスケッチを起こし、PPS用にクレイジーなスクリプトのアイデアを着想して、一人クスクスと笑っている様子を。

ひとつ確かなのは、この活発な22才はイノベーターであるということ。私たちに疑問を抱かせることに熱心で、私たちに馴染みのない全く違ったものを提示することに満足しているイノベーターだ。彼のウェブサイトにうまい事書いている『ウォルトはお墓で漏らすだろう。』

Text: Peta Jenkin
Translation: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE