フリーガー&ファンダム

PEOPLE

マルチ言語を話し、マルチタスクをこなす、インテリジェントで人を喜ばせることが上手な二人組。

Vlieger & VandamVlieger & VandamVlieger & VandamVlieger & Vandam

フリーガー&ファンダムは、キャロラインとヘインは、オランダ人夫婦のデュオで、この二人が結ばれたのは、二人の友人がセッティングしたカジュアルなお見合いの手柄による。結婚するまでに至り、クリエイティブな活動でも息がピッタリなこの二人を繋げたことは大正解であり、この情欲に満ちた友人はかなりの斡旋料をもらうべきかもしれない。フリーガー&ファンダムの二人は、年間二つのコレクションを制作し、彼らの商品は世界中50カ所以上のブティックで売られ、2006年には大人気のガーディアン・エンジェル・バックがMoMAのパーマネントコレクションに加えられた。

どちらもファッションを勉強したことはなく、だからこそ、レベルの高いデザインと質を兼ね備えながらも、少しおふざけの要素を取り入れた、使い勝手の良い、誰にでも受け入れられるようなこれらのバックの市場を見つけることができたのだ。

ロッテルダムにある彼らの自宅兼仕事場を訪ね、お茶やビスケットをほおばりながら、話を聞くことができた。


2002年にロッテルダムに移ってきた時の話から始まり(おそらくこれが最初ではないと思うが)、地元メディアが街中での治安の悪化を盛んに取り上げていたこと、その矛先が移民たちに向けられていたこと、ガーディアン・エンジェルのシリーズはどのような発想をもとに生まれたのかという所に至った。キャロライン曰く、「私たちが実際に体験したことをもとにしたというよりも、メディアに対しての反応により、このバックが生まれたのです。ちょっと(メディアが)反応し過ぎなのではないかな、一般市民を不安にさせるだけなのではないか。ガーディアン・エンジェルバッグがこんなにも長続きするとは、夢にも思いませんでした。」

Vlieger & VandamVlieger & Vandam
Guardian Angel, “Messenger”/”Classic”, Spring / Summer 2008

フエルトにエンボスされた拳銃やナイフは、すぐさま人気商品となり、二人はファッション界の先端を行く事となった。ヘイン曰く、それからは「毎シーズンごとにバックの形も少し変え、色も変えるようにしている」そうだ。しかし、そんな二人にもガーディアン・エンジェルスには飽きがきてしまったようだ。「もう拳銃やナイフには飽きてしまって」とキャロラインは続け、「だから他のものを作りたいと思うようになりました。現在は、念願の新しいコレクションであるカミーに、ついに色々なクライアントが興味を示し始めているところです。」

Vlieger & VandamVlieger & Vandam
Camee, “Charlot”/”Moustache”, 2008

カミー・シリーズは2008年1月に、誰もがあがめるパリのプレミエール・クラッセ・フェアでデビューし、革のバッグに模様のないフエルトの色で形どられた小さな胸のポートレートされている。アメリカのポップアーティスト、アレックス・カッツが撮るポートレートとランドスケープに触発されたものであり、フリーガー&ファンダムの初期の実験的なシリーズもまた反映されている。ヘイン曰く、「結構前に作った帽子で、『ヘアー・ウエア』という、これもフエルトで作られた、髪の毛のような形をした帽子を作りました。これらのバックは、このときに作った帽子を参考にしていたのです。この帽子をまた取り上げたくなり、カミーバッグと一緒にこの帽子を紹介したいと考えました。ですから、これはアレックス・カッツに発想を得た色と帽子へのアイディアだったのです。」

キャロラインとヘインはグラフィックデザインや3Dデザインを勉強し、早いうちからファッション世界へ何も考えずに飛び込むのを防いだ。バッグの長い歴史を調べたりすることで時間を無駄に費やすよりは、「セカンドハンドのハンドバックを使い、上の部分を切り取り、私たち自身で考えたデザインをフエルトで留め具やジップを使って、バックとつなぎ合わせました。バックのつくり方が分からなかったので、そのセカンドハンドのバックの複雑な部分のみを切り取って、自分達で考えた拳銃とナイフをデザインを付け足しただけだったのです!」このようにして、フリーガー&ファンダムは生まれた。

二人は、アムステルダムの展覧会で初期のガーディアン・エンジェルのデザインを見てもらうため、様々なサンプルを片手にアメリカを旅して歩いた。するどい批評で有名なニューヨークという都市で店を構えるブティック・オーナーたちから、暖かい前向きな反応があった。

Vlieger & Vandam
GMT Charms (black), Autumn / Winter 2008-2009

その後彼らは、素晴らしい小さなバッグ、もしくは「トラベルチャーム」とも言えるGMTシリーズをデビュー作として発表し、大成功をおさめた。世界中を飛び回る人たちにとって欠かせないGTM、つまり「グリニッジ標準時」や、眼鏡、音楽やチケットなどの粋な旅人のための必需品の要素を組み合わせたものだ。「GMTチャームズは、眼鏡ケース、名刺入れ、iPodやカメラ用のポシェットなどの、小さいバッグのコレクションです。全てのパーツは、バラバラにすることができ、肩掛けやリスト・ストラップ等を使って色々な方法で他のバックと繋げたりすることができます。」彼らはその後、フルサイズのトラベルケースのコレクションである、GMTラージ、そしてGMTトートをコレクションに加え、これらもストラップを使って小さいサイズのチャームシリーズと繋げることができる。

Vlieger & Vandam
“Guardian Angel Collection”, Vlieger & Vandam’s original collection from 2002 made with the second-hand bags.

その後、彼らのとてもユニークでウィットに富んだ発明が、後に話題となった2005年のMoMAのニューウィングでの展覧会、『Safe, Design Takes on Risks』の一作品としてガーディアン・エンジェルスが取り上げられるまでは、さほどの時間はかからなかった。この展覧会の後、ガーディアン・エンジェルスは、MoMAのパーマネント・コレクションに加わることとなった。彼らのキャリアで一番輝かしい時期で言えば、ふたりは目を輝かせて「今シーズン、アムステルダムのドローグ・デザインのショップ本店で、GMTチャームズを取り扱ってくれることになったんです。」

フリーガー&ファンダムグッズの人気は高まるばかりだが、生産ラインはローテックなままである。「私達が買った帽子を作るための古いプレスは、アルミニウムの型を熱し、それからペダルで凹をプレスします。型を取ったウールのフエルトを使い、帽子づくりの職人達のようにそれを濡らしてプレスをかけるのです。」とキャロラインは説明する。二人は同時に熱く語り、「フエルトは、全く複雑ではなく、すごく使いやすいので大好きです。フエルトはどんな風にも形を変えられるし、色も沢山あるのが大好きです。」

Vlieger & Vandam
Daschund Snow White, Autumn / Winter 2008-2009

ひとりが言いかけたことをもうひとりが終わらせられるほど、彼らは息がピッタリで、片方が話していることに対して、首を縦に振り同意する。もし、キャロラインのクリエイティブヴィジョンが、ヘインのそれと違っていたら、もしくはその逆だったとしたらどうなってしまうんでしょう?

キャロラインは、「意見の違いがあることはそんなにありません。そんなことがあったとしても、なぜそうしたいのかが理解できるのです。今までに食い違ったことないと思いますし、こういう風にしたかったのに!と思うこともないです。」それに、ヘインが付け加え、「今丁度スケッチをしながら色々なことを話始めたところで、方向は定まっていると思います。もし彼女がひとつのアイディアをすごく良いと感じたら、僕にいいと思わせるまでそのことについて話続けるし、その反対もあります。ですが、今のところ、今まで発表した全てのバックに関しては、共にデザインをしています。」

では、公私共に、結婚していることの利点は何でしょうか?

「お互いに一緒に仕事をし、生活を共にするのを楽しく感じているし、デザインに関して一緒に楽しめることも、一緒に苦労をするのも、ブランド作りに繋がっています。時々苦しいときが続いても、一緒に集中して決断を下しますし、事が上手く運んでいる時や、考えてもみなかったチャンスが訪れた時でも、一緒に喜びを分ちあうことが出来ます。」とヘインは言う。「私達のコレクションは、ほとんどが自分達の日常で見たり読んだりした体験に基づいたものです。私達の生活は、仕事と深い関わりがあるため、コレクションは非常に私的なものなのです。」

素晴らしい事に、二人のこの帝国とも言えるブランドを二人だけで運営していて、作品のアイディアからプロダクション、流通からプレスの対応、プロモーション、販売に至るまで全てをこなす。マルチタスクをこなす、マルチ言語を話す、ハイパーインテリジェントな、スーパーに人を喜ばせることが上手なふたりなのだ。フリーガー&ファンダムは2008年、ついに人材を募集しているので、これを読んでいるなら、チャンスです。

フリーガー&ファンダム
住所:Betje Wolffstraat 60, 3027 RN Rotterdam, The Netherlands
TEL:+31(0)10 4677699
info@vilegervandam.com
www.vliegervandam.com

Text: Lotje Sodderland from Maxalot
Translation: Kyoko Tachibana

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE