ウィーン・フォーラム

HAPPENING

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム

いま、「セックスワーカー」と呼ばれる女性たちに関する(政治的)議論が高まってきている。新聞では売春、暴力、そして殺人についての一面記事を数多く目にする。しかし、政治的議論に耳を傾け、新聞記事に目を通したところで、私たちはここで実際に起きている暴力、人権侵害、そして人身売買について本当に考えていると言えるのだろうか?そうではない、と私は思う。

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム
Vienna Forum Day 2 Proceedings © UN.GIFT

しかし、最初の一歩として意識を高めることは有益だ。「人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム」は、人身売買を撲滅するための知識を共有し、整理された戦略を開発するべく、116カ国から1400人の代表者を集め行われた。そして、人身売買撲滅のためのさらなる認識、よりよい手段、より団結した行動を呼びかけた。このフォーラムは、様々なケースで行われる人身売買に対して、整理され団結した活動が必要だとの認識から設立された「人身売買と戦う国連国際イニシアチブ(UN.GIFT)」によって開会された。

映画は意識を呼び起こせるか?

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム
Gartenbaukino © UN.GIFT


フォーラム2日目の午後、映画『トレード』の特別上映会がウィーンで最大の映画館ガルテンバウキノで行われた。作品は700人を集客し、会場はほぼ満席と思われた。アメリカ人プロデューサー、ロズ・へラーが『トレード』を紹介し、『私たちは支援すべきだ』と語った。でもどうやって?

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム
Cesar Ramos, Director © UN.GIFT

主演のひとり、シーザー・ラモスの繊細な演技は、私の胸を打った。ロズ・へラーは、この世界で起きている事実に、私たちがただ無知でいてはならないということをはっきりさせようと試みた。彼は正しい。私たちは知らなければならない。映画が後半にゆくにつれ私は強くそう感じた。

少女アドリアナは13歳の時、メキシコシティで人身売買者に誘拐された。彼女の17歳の兄、ジョージは死にものぐるいで、彼女を救うため故郷を発つ。
人身売買によって巨額の金を稼ぐ犯罪者の国際的ネットワークに捕えられ、苦難の時を迎えたアドリアナの唯一の友は、同じ組織に誘拐されたポーランド人の少女ベロニカだった。
ジョージは、妹を誘拐した犯人を追うため、想像を絶する困難を乗り越えながらテキサスの刑事レイに出会う。レイは自らの家族を失っており、その事がきっかけでジョージの味方となる。メキシコシティの居住区や、リオグランデの危険な国境、インターネット上で行われる闇の売春オークション、そしてニュージャージー郊外のアジトでの緊迫した対決に至るまで、レイとジョージは協力し、アドリアナを奪った犯人に必死で迫ってゆく。彼女が売られ、決して戻ることのできない残虐な闇の世界に消えてしまう前に…。

オーストリアの日刊紙ヴィエナーツァイトゥングで報告された国連の推計によれば、127カ国からおよそ2.5億人の犠牲者が、強制労働、性的搾取、臓器売買、強制結婚、養子縁組、乞食などの目的で137カ国に売られているという。

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム
From The Journey © UN.GIFT/Mario Romulic

セレブ活動家による支援

この3日間のフォーラムのもうひとつのハイライトは、イギリス人女優、エマ・トンプソンによる展示作品であった。「ジャーニー」(ガーディアン・オンラインに紹介されている、マデリーン・バンティングの「トンプソンとジャーニー」への寄稿に詳細が記されている)は、性的人身売買の犠牲となった女性の体験を再現してみせるもので、人身売買の恐怖を如実に表現し、既にロンドンのトラファルガー広場で展示されたものだ。ロンドンでの展示と同じように、アルベルティーナ美術館の目の前に錆び付いた輸送用コンテナが設置された。このウィーンで最初の地区の、華々しく厳かな雰囲気の中にあって、それはとりわけ安っぽく、みすぼらしく見えた。しかしそれこそがこの作品のポイントであり、会場ではこの展示の中を歩いてみようとする熱心な来場者が長蛇の列をなした。それぞれのコンテナは、アニシュ・カプーアから、アカデミー賞受賞の衣裳デザイナー、サンディ・パウエルまで、ひとつひとつが異なったアーティストによって制作されている。コンテナを出てくる来場者たちは顔面蒼白で震えていた。

『身売りされた女性の寝室。誰もいないその寝室の光景が頭から離れない。汚なく乱れたベッド、コンドームがいっぱいに入ったボウル、ベッドの下からはみ出しそうな使用済みのコンドーム、そしてあのひどい臭い。』
展示を観に行った私の友人はそう話した。

人身売買撲滅のためのウィーン・フォーラム
会期:2008年2月14日
会場:ガルテンバウキノ
住所:Parkring 12, 1010 Vienna

『トレード』
監督:マルコ・クレウスペイントナー
会場:ガルテンバウキノ
住所:Parkring 12, 1010 Vienna

エマ・トンプソン『ジャーニー』
会期:2008年2月13日〜16日
会場:ヘルデンプラッツ
住所:1010 Vienna

Text: Christina Merl
Photo: UN.GIFT
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE