NIKE 公式オンラインストア

パリ・ファッション・ウィーク 2008

HAPPENINGText: Arisa Kobayashi

デザイナーはその選ばれし90のメゾンの一つになるために、日々の精進で脳みそをブラックホールにしなければいけない。モデル達は、あなたが一日とでさえ耐えられないであろうケーキとの決別を、デザイナークローズに誓わさせられる。そしてそこに行くべき人も、数々の過酷な試練を生き抜ける者の中から、ふるいにかけられるのだ。水たまりの上を通った車に、頭から水をかけられてもびくともしない根性を持っているかを確かめる事を、プリントアウトしたはずのチケットが片道だけということに一人寂しくなっているときに、財布の中には3枚の小さな硬貨のみで絶体絶命のピンチに追い込まれても笑顔でなんとか乗り越えられるガッツがある事、私を待っていてくれる唯一のファッションショーのインビテーションを信じてパリまで行ったのに、たよりのそれはどこかに消えていた。時の迅速で適切な行動力を通して。

そして、何事もうまく行かないと、パリから程近いあの夢の王国へ逃亡してしまった人からは、見放されてしまう。こうした険しい道を乗り越えてやってきた特別な人による特別な人のためのショーが特別でないわけがないのだから。きっとあなたが人生で目にした最も美しいもの。それが、パリ・ファッション・ウィーク

パリ・ファッション・ウィーク 2008パリ・ファッション・ウィーク 2008
Gaspard Yurkievich. Photo: Shoji Fujii

私と名前がそっくりで、小さい頃に大好きだったあの物語に出てくる女の子みたいに、災難がたっぷりの不思議な国で白いせっかちなウサギを追いかけ、好奇心たっぷりに向かった先は、この冒険を続けるのにふさわしい本をそっくりそのまま描いたギャスパー・ユルケビッチの世界。コレクションのテーマである「ザ・ビューティフル・フォール」は、1970年代のパリを描いたアリーシャ・ドレークの本のタイトルからそのまま取られた。巨大化したプルタブ達はバイオレットが奇麗なドレスの上で、パンツのポケットや背中、腕の中間そして首周りまでもを這う黄色のジッパー共にそれはまるでパンジーの花のようにゆさゆさと揺れる。柔らかなシースルーの生地を這う、サーペンタインラインにはフリルがあしらわれてよりいっそう上品に。そこに、カメリアの花が咲き誇るタイツと黒とゴールドのストライプが、ヒールのグラマラスシューズを合わせて。彼女の描いたシックなパリジャンは、ギャスパー・ユルケビッチの手によってゴールドのフロアが眩しいその会場をよりいっそう眩しく輝かせた。そう、「全ては黄金の昼下がりに…」。あら、どこかで聞いた事のあるフレーズ!

パリ・ファッション・ウィーク 2008パリ・ファッション・ウィーク 2008
Robert Normand

ファッションウィークで、誰に会って嬉しかった?と聞いてみてほしい。意外な答えが返ってくるだろう。バックステージで自分の創造物を見ているデザイナー、努力をし私の前を颯爽と歩くモデル、憧れ続けたに違いない大きな満員の会場で始めの音を奏でなければいけない彼らや、夢を叶えて最前列で足を組んで座るあのライターたちも、きっと同じ答えを見つけるはずである。ファッションウィークを飛び回る、彼のようになりたいと思い続けた憧れのその人を我武者羅に追いかけて、手の届かない存在だった彼のすぐ隣に座っている自分を見つけたときに気づかされる。セレブよりも誰よりも、成長した自分に会えた事が嬉しいのだという事に。そんないろいろな人の思いが私の頭の中を行き交ったのは、スレンダーとグラフィックが、ネオクラシシズムとモダニティが、ジャージーとウールが、クリスタルと色が錯綜するロベール・ノルマンのショーのせいに違いない。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE