NIKE 公式オンラインストア

アリー・カプラン・ナカムラ

PEOPLE

アリーの持つ世界は、地球の中心にある複合文化スポットのようだ

Ary Kaplan Nakamura

彼の祖父母は、日本とロシアからアルゼンチンに移住した。それぞれの断片と祖先の物語は、彼の顔、家、そして作品にいくらか影響を与えている。
両親は音楽のサマーキャンプで出逢った。ともにミュージシャンであり、アートへの関心も深い。

このように入り交じった血筋を持ったことは、あなたにどのように影響していますか?

自分をここに存在させている文化を知るために、日本とイスラエルを旅しました。日本では自分自身についてたくさんのことを発見しました。自覚している自分の性格が、血筋によるものだとは思いもしませんでした。この旅で私は日本人としての自分を知りました。


Ary Kaplan Nakamura

ご自分について、何を発見したのですか?

例えば、私は学校で皆の前で質問したりすることに臆病でした。恥ずかしがり屋でした。日本に来て、彼らも質問などしないことを知りました。人に笑われるのを怖がっているのです。日本のコミュニケーションは繊細なものでした。

Ary Kaplan Nakamura

なぜ日本に行ったのですか?

愛媛県の海外移住者子弟のための奨学制度を受けたからです。私はこのグループの代表を務めてもう6年になります。日本にいる間に日本語を学び、ドキュメンタリーの監督として働きました。

KipaJerusalenIsrael.jpg

イスラエルにはどのような経緯で行ったのですか?

これも奨学制度を受けてです。日本への滞在のほうがずっと長く、10ヶ月いましたが、イスラエルには1ヶ月しか滞在しませんでした。行ってすぐに、イスラエルは祖父母の国ではないと知ったのです。彼らはユダヤ人でしたが、もともとの故郷はイスラエルではなく、ロシアだったのです。

Ary Kaplan Nakamura

アリー・カプラン・ナカムラはブエノスアイレスで映画制作を学んだ後、テレビ番組やコマーシャルのディレクターとして活動した。そして音楽家、写真家、映画監督として常にアート界に身を置いてきた。

子どもの頃は何になりたかったのですか?

初めは建物の爆破解体技術者になろうと思っていました。父が建築家だったからです。単に父への反発心でした。それから音楽を学び、あらゆる楽器に触れました。7年生の頃にはもう、真剣に写真を始めていました。

現在はビデオジャーナリストとして活動していますが、この仕事の何がいちばん好きですか?

物事を自分が体験したとおりに表現できるのが好きです。現実をあるがままに反映することが好きなのです。時には映像に音楽を足したりもしますが、「格好良いから」という理由でそうしたくはないのです。

Ary Kaplan Nakamura

これまでで、あなたのキャリアはどのように変化しましたか?

最初は、自分は映画制作を生業にしていくだろうと考えていました。それがコマーシャルへと移ったのですが、私はコマーシャルの業界と、コマーシャルで強制的な消費を助長することが嫌になってしまったのです。今ではテレビすら見ません。

クラリンでの仕事はどのように始まったのですか?

当時私は、ギルダのサンクチュアリでフォトエッセイを出版していました。ギルダは路上で悲劇の死を遂げたカンビア歌手です。クラリンの人々はその仕事を通じて私のことを知ったのです。今は自分の好きな要素を全て使って仕事ができています。その要素とは、音楽、写真、映像です。とても満足しています。

Ary Kaplan Nakamura

個展も開いていますね?

はい。日本から戻ったあと、レコレッタ文化センターで個展を開きました。ブログやメールの無かった時代なので、写真や映像、文章は、日本から色々な人に郵送しておいたものでした。
イスラエルから戻った後は、ボルゲス文化センターで「中東へのチケット」という展示をしました。

Ary Kaplan Nakamura

確実に言えること、それはアリー・カプラン・ナカムラが独特のリズムで生きていて、それが彼の写真や映像から伝わってくるということだ。彼は何かを探し続けている。そして、おそらくそれはまだ見つかっていないのだろう。

これから新しくやってみたいことはありますか?

ごく近いうちに映画を作りたいと思っています。フィクションとドキュメンタリーの融合です。本来私はファンタジー映画が大好きなのですが、それは、映画の中に入り込めるという点が好きなのです。ファンタジー映画においては監督ではなく観客でいたいのです。種明かしをしてしまうと解けてしまうような魔法があります。私にとっては寿司がそうでした。作り方を学んだ途端、食べるのが嫌になってしまったのです。

アリーにとってのファンタジーは、砂漠のように渇いた都市の中のオアシス。
彼の言う通り、考えずただ楽しむためにあるものも、確かに存在する。

Ary Kaplan Nakamura
www.arykn.com

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE