THE WHIP

PEOPLE

Southern Fried」「Kitsune」などの注目レーベルからリリースするマンチェスターのエレクトロ・バンド「The Whip」が、代官山「Unit」で昨年末にライブを行った。半クラブ形式のライブイベントでは、Kitsuneレーベルの、Gildas & MasayaをDJに迎えるなど、彼らにゆかりのあるアーチストも共演し会場を埋めた人々を楽しませた。

THE WHIP

2007年のフジロックフェスティバルに続き、今回で日本に来るのは2度目となる「The Whip」のメンバー、ダニー・サヴィル(Key)、フィオーナ・ダニエル(Dr)、ネイサン・サダース(Ba)、ブルース・カーター(Vo)に、3月リリースされる予定のアルバムについての話を中心にインタビューを行った。

The Whipを結成に至った、いきさつを教えてください。


ネーサン:ブルースとダニーがナイロン・パイロンというバンドにいて、そのバンドを通して友達になったのですが、それからよく一緒に遊んでいました。その後バンドは解散したのですが、曲を一緒に作ったりしていました。

ダン:イギリスのパブの貯蔵庫で。

ネーサン:そう、色んなものが住み着いている貯蔵庫で・・それで、曲を書き続け、曲がたまった時にギグとかライブとかをやろうと思って、その時に僕とフィオーナがバンドに入りました。

なぜ解散したのに続けたのですか?

ダン:それは、僕らのやりたいことだからです。曲を作るのは好きだし、音楽作るのに、一緒にやりやすいし。バンドがうまくいかずに解散したからといって、曲作りを止める理由にはならないし、曲を書くということが僕らのすべき事だからです。

ブルース:僕ら二人になるまで続けていて、あとのバンドは自然消滅しました。

ダン:そう、だから、それはその時すべきと思った事だからしたし、いずれはまたやろうと思った時にやるだろうと考えてました。

THE WHIP

ナイロンパイロンは二人だけではなく他にもメンバーがいたのですか?

ダン:ナイロン・パイロンには4人いて、他の二人は別の事をしたり、色んな音楽をやったり、普通に就職するなど、自分達の道に進みました。

音楽のスタイルは今と同じようなものだったのでしょうか?

ブルース:今と結構近いです。今のバンドは、やりたいことに率直で、シンプルでまっすぐですが、前のバンドは、何というか、みんながみんなそれぞれの意見を持っていて、バラバラでした。

ダン:4人それぞれが違うアイディアを持っていて、それをそれぞれアルバムに載せようとしていたり、他にアルバム制作に関わった人たちもいたりして・・・

ブルース:全然まとまりがなかった。

ダン:それぞれ意見や見解、曲についても大きく違っていたので・・・強調すべき部分だけ強調した感じで、みんながキーボードを使って、バンドの4人全員ががダンス系音楽をやっていたので、そこからそういう面を続けていった感じです。

THE WHIP

二人(フィーとネイサン)が入って大きく変わったということですか?

ブルース:いえ、そういう訳ではなく、もっと実際の曲作りに影響がありました。前のバンドでは、ドラムがもっと複雑な音を出していたので、今度はもっとシンプルなビートで、余計な飾り部分は取り除かれた感じになりました。

ダン:僕らは単に全てをもっとシンプルにしたかったのです。アイディアが色々多すぎました。僕とブルースは自分達のやり方で仕事していたので、やりやすかったです。

ブルース:その頃はリスナーも、キーボードとギターが同時に使われている音楽が分かりませんでした。まだリスナーには早かったんじゃないかと思います。未だに分かってくれていないかもしれないですが、でもだんだん分かってくれるようにはなってきていると思います。

マンチェスターは、バンドスタイルのダンスミュージックが盛んなのではないかと思ったのですが、そうではなくなっていたということなんでしょうか?

ダン:はい、もちろんマンチェスターは長い間そのような音楽を作りだしてきていて、ニューオーダーの時代でさえ、彼らもキーボードを使っていたバンドだし、過去にそのような音楽は作り出されていて、成功しています。

ブルース:つまり、キーボードを使うバンドはいっぱいいて、そのバンドがダンスミュージックをやっているかどうかで、キーボードを使っているかどうかが問題というわけではないのです。

ダン:ライブバンドなのにダンスミュージックを作っているような感じです。

THE WHIP

確かに最近のダンスミュージックは、1人の人間がラップトップコンピューターを使用してライブパフォーマンスすることが多くなっていますしね。

ダン:僕達の間でも、そういう話をしていたのですが、(ラップトップを使った音楽のように)1人でそれ全てを行ってしまうよりは、僕達は演奏するときに踊ったり動きまわったりするのが好きだし、ライブバンドを観に行くのは、ステージでその音楽が演奏されているのが直に見ることができるということだと。

フィオーナ:そうすることで、もっと自然なエネルギッシュな感じがあると思うし、もしそれがただラップトップからだけだったら、単調な感じで、そういうエネルギッシュな感じは出ないと思うんです。

ダン:それから、ライブバンドだと、観客と話したりふれあったりして、観客の反応を見ることも出来るけど、ラップトップだけなら、それだけになってしまいます。

ファットボーイスリムのレーベルからリリースした経緯は?

ブルース:レーベルの方から連絡がありました。

ダン:僕らがシングル「Muzzle no.1」をリリースしようと思っていた時、マネージャーは色々な人にアプローチして断られたりもしていたので、もっと小さなレーベルにしようということになり、ファットボーイスリムのレーベルにあたってみました。すると彼らはすごく僕達のやっていることに興味を持ち、アルバムのリリースを考える程気に入ってくれて、結局シングルをリリースしました。そこで、アルバムも作る事になり、一緒に仕事しているみんなもすごくやりやすくて、最高です。小さなチームだけど、とってもみんなやる気があります。

THE WHIP

日本ではなかなかそういうことは少ないですね。まだ売れていないバンドにマネージャーがついて独立するのは珍しいと思うのですが、それは一般的なことなのですか?

ダン:イギリスではそうですね。まだレーベルと契約もしていないのに、既に色々なことが始まっていたり、バンドに人がついたり、変な感じですね。バンドとしてスタートする時に、一番最初に連絡があったのが、弁護士でした。デイブが業界で連絡をとった色々な人たちとのことで、法的な面でサポートしてくれたのが、彼でした。そんな感じで、契約する前にすでに色々な役割を持った人たちがバンドについていたのです。

フィオーナ:知り合いのバンドの多くは、バンドを組んだ時にすぐ、自分達の友達を入れてマネージャーにしたりしています。でも私達はそうはせず、待ちました。

ネイサン:僕らはひどいマネージャーを見てきたし、ひどいというか、要するに、マネージメントがどういう風になされているのかが分かるようにはなっていました。

フィオーナ:友達がマネージャーだと、レーベルと契約したり色んなことが最終的に始まって動き出した時に、どうしていいかわからないし、適した人を入れないと、大変なことになります。だから、適した人を捜すためには時間をかけることが重要だということは分かっていました。

フィオーナ:契約を交わしたり、それを的確に行うのが、マネージャーの重要な仕事ですよね。

ネイサン:多くのレコード会社は、バンドのビジネス側も管理したいものです。イギリスのバンドは大抵、ギグをして飲みにいくことばっかりで、実際のビジネスに関しては、一緒になってバーで飲んだくれている人より、きちんと管理できる人に任せておきたいと思っています。

ダン:マネージャーがいれば、いた方が良いかもしれないけど、最初僕らは出来る事は自分達でやっていたんです。でもそのうち、曲作りしている時間より、メールをしている時間が長くなり、自分達で管理しきれない程になってしまって、もう限界でした。

マネージャーを通してファットボーイスリムのレーベルからCDをリリースしたそうですが、KitsuneレーベルはMySpaceを通してリリースしたのですよね?直接コンタクトをとって話を進めるのも可能ということなのでしょうか?

フィオーナ:直接連絡してくる人もいますし、レーベルを通してくる人もいますし、マネージャーを通してくる人もいます。誰かが話を持ってきた場合は必ずマネージャー、レーベル、もしくは他のバンドメンバーに話をします。コミュニケーションはすごく良くとれているので、どちらにしても結果は同じです。

THE WHIP

この中で誰がMySpaceを担当しているんですか?

フィオーナ:ブルースは、MySpaceの虜です。彼がコンピューターしているところを見かけたら必ずと言っていい程MySpaceを見ています。

ブルース:ファンとコミュニケーションをとるのはいい事だし、どんな曲が好きかとかバンドのどんなところが好きなのかなど、反応が聞けるというのも良いし、バンドを続ける上でとても良いと思います。そういえば、日本のファンとも連絡をとっていて、昨日もMySpaceで出会った友達と飲みに行きました。

ブルース:MySpaceで出会ったその友達の「イチ、ニー、サン、シー」と言っているのが僕らの曲に入っているんです。

ダン:そう、アルバムにも入っています。ロンドンのスタジオに彼女が遊びにきて、彼女がいる間にマイクでそれを入れてもらって、ネットで送ってもらいました。彼女もバンドをやっているので、ギグをしにロンドンに来た時です。

今回のアルバム(3月リリース予定)についてはどういった内容ですか?

ブルース:ライブはクラブみたいにすごくエネルギッシュですが、このアルバムは昼間に家でも聞けるし、もうこの中の2、3曲聞いた事がある人がいるかもしれないです。クラブっぽい感じの曲も入ってますが、ただクラブっぽいのではなく、質のよいアルバムとして際立っていると思います。

有名なプロデューサー、ジム・アビスが参加されていますが、実際にはどういう作業をやりとりしているのでしょうか?どういうプロセスで作っているのか知りたいのですが?

ネイサン:レーベルのA&R担当のネイサンという人が、ジムを良く知っていて、その人を通してジムと知り合いになりました。ジムはオルティメート・プライド等の他のバンドもプロデュースしたことがあり、僕らもジムの事は知っていたし、ネイサンが僕らに、「ジムにプロデュースしてもらうのはすごくいいと思うよ」と言われてたのがきっかけです。

ブルース:それで、ダニーと僕はジムとお昼を食べにいったり、ロンドンのギグにも来てもらいました。ジムは自分で色々やりたかったみたいなので、僕らは特に何をしようともせず、ただスタジオに向かいました。ジムのような人と仕事が出来るだけで、光栄です。

ダン:ロンドンのスタジオに入って、ドラム、ベース、ギターの撮り直しをし、ところどころキーボートもやり直ししたり、スタジオではほとんどの時間一緒に作業していました。

一緒にスタジオに入って、こうしたほうが良いとか、ああした方が良いとかいうことは?

ダン:そういうのはたくさんありました。彼は、僕らに自分達の境界線を超えて考えさせるように促すのがとても上手です。

アレンジなどは自分たちでしたのですか?

ブルース:90%くらいそうですね。一曲だけ、曲の最後の部分、アウトロを自分達でアレンジしました。新しいエンディングを付け加え、サイケデリックな感じに終わるようにしました。これは自分達で色々試してみた中で最終的に良く仕上がって、これはすごくおもしろくて、レコーディングの中で一番楽しかったです。それから、ジムにアルバムの中で他の曲より劣っている曲があると指摘され、もう既にレコーディング終えた曲だったのですが、「この曲だけど、もっと良くできるよ」と言われ、リミックスすることにして、結果的にもっとハードで踊れる感じの曲になりました。それがあの日本人の女の子の声が入っている曲です。

THE WHIP

レコーディング中のエピソードなどありますか?

ネイサン:たくさんありますよ。いっぱい笑いましたね。ジムと最初の日はちょっと、何て言うか、気まずい雰囲気があったんですが、それを自分達から崩していって、お互いをからかったりして、だんだん打ち解けていきました。

ブルース:そう、冗談をお互いに言い始めて、たくさん笑いました。

ネイサン:そこだけのバンドを作って、「コネクションズ」とふざけた名前をつけたり。

ブルース:ジャズ・ファンクなジョークのつもりで。アルバムの3曲でザイロフォーン、大きくて古いオルガンとピアノを使いました。それをコネクションと呼んで、3曲使ったんです。

ネイサン:本当のバンドじゃないですよ、ちなみに、ジョークです。コネクションズのアルバムは出ません。コネクションズは解散しました。音楽性の類似により解散したんだと思います。

制作自体はそんなに長くは感じなかったんですか?

ダン:9月に始めて、終わったのが先週の金曜日です。

ネイサン:1ヶ月超レコーディングして、6週間くらいかな、やったりやらなかったりで。9月から今まで詰めてやっていたという訳ではなく、その間ギグもやったり、3、4週間ツアーに出ていたりもしました。

ブルース:何日かはロンドンのスタジオにいて、ギグのため電車で移動、それからまたロンドンに戻るというような感じでした。移動ばかりでしたね。昼間はレコーディング、夜はギグと、大変でした。ロンドンに帰る電車の中でも仕事をしたりしました。ノーウィッチの着替え室でちょっとヴォーカルをやったこともあります。ノーウィッチのトイレで。それはもうインスピレーションいっぱいです!その他、ワゴンの後部席やサウナ、うちの台所、寝室、色々な人の自宅等、所々で少しずつレコーディングをしました。

最後に、アート、カルチャー、音楽やファッションなどが好きで、それを自分で発信しようとしている人たちにメッセージはありますか?

The Whip:続けること、諦めずに、決して投げ出してしまわないこと、他の人にそれは無理だと言わせない事、機械に負けるな!

マンチェスターと聞いてすぐに思い出すのはハッピーマンデーズなどに代表されるFactory系のロック・バンド。それから時代は二周りも三周りもしているが、果たして彼らのサウンドから進化した現在を聴き取れることができるのかは、3月にリリース予定のファーストアルバムを待ってみよう。

WhipPreOrdTopBan.jpg
The Whip「X Marks Destination」
発売日:2008年3月19日
レーベル:KSR
定価:2,415円(税込み)
Amazonでの購入はこちらから

Text: Yasuharu Motomiya
Photo: Aya Watada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE