NY-TOKYO ミュージック・フェスティバル 2007

HAPPENING

イベント当日、午前中からの雨で、屋外で行われるイベントだったため、レポートする立場ながらも集客の心配を勝手にしていた。会場はニューヨーカーの憩いの場として知られ、マンハッタンの中心に位置するセントラル・パーク、私自身もマンハッタンという都会に息苦しさを感じた時などよく行っている場所のひとつである。

会場に着くと、わずかながらも入り口には列ができており、会場の方からも音が聴こえてきた。公園内の道路を行きかう人も何かあるのかと気にかけているようだった。その雰囲気が私たちの気持ちを少し興奮させた。

NY-TOKYO

NY-TOKYO ミュージック・フェスティバル」というタイトルがあらわすように、イベントは、音楽を通じてニューヨークと東京の文化を結びつけるというものだろう。
ニューヨークにいれば気付くが、日本のファッションをかっこいいと思う若者も少なくなく、会場にはゲストであるNIGOのブランドBAPEなどを着たファッションに気の遣う人が多く見受けられた。


日本人がニューヨークに魅力を感じるようにニューヨーカーも東京、日本のファッションだけでなく多方面において魅力を感じていることがわかる。
会場内には、新製品であろうTVゲームの紹介やスケートボードの小さなコーナーなどいくつか楽しむものがあり賑わっていた。ファーストフードのコーナーもあり、ビールを片手に開演を待つ人も少なくない。

NY-TOKYO

開演が近くなるにつれ雨のほうもあがり、コンサートにはもってこいの天候となっていた。ステージ中央にはDJブース、また大画面が両サイドに設置されており、アーティストごとにモーション・グラフィックスが流れる仕組みになっている。
このイベントのメインといってもいい「TERIYAKIBOYZ」-ILMARI(RIP SLYME), RYO Z(RIP SLYME), VERBAL(m-flo), WISE, NIGOの5人組のユニット-の出番が来たときには、観客の歓声で会場は沸いた。

NY-TOKYO

DJブースに現れたのはBAPEの恐竜のような顔のついたパーカーで顔を覆ったDJ、このときは誰か分からなかったがすぐにNIGOであることが分かった。他のメンバーもBAPEのパーカーで顔を覆った形で登場。パフォーマンス中、彼は英語で会場を沸かせ、観客の気分を思い切り、ハイにしたのが手にとるように分かった。

NY-TOKYO

バックステージでTERIYAKIBOYZのひとり、m-floのVERVALと話すことのできる機会があった。驚いたことにニューヨークは今回が初めてだと教えてくれた。観客の反応はどうですか?と尋ねたところ、思っていたよりも反応がよかったと答えてくれ、本人もとても楽しんでいるように伺えた。

NY-TOKYO

その後もアーチストのパフォーマンスが続く。ファラオ・モンチはダンサーもおり、日が暮れて暗くなるにつれ観客も気分が高潮しているように見えた。真っ暗なセントラルパークの中で色とりどりに光る会場のライトはとても綺麗に見えた。
日本からのもう一人のゲストDJ アッパーカットの出番では、歌というパフォーマンスが無い中でも彼のパフォーマンスは観客の意識を集中させていた。

NY-TOKYO

最後には、ヒップホップの大御所RAKIMがサプライズゲストとして登場した。RAKIMはロングアイランドで育った才能有るR&B、ヒップホップのラッパーとして知られる。彼の出番では観客が日も暮れた雰囲気にハイになっていたのもあるのか、彼の登場に興奮したのか、大げさなパフォーマンスではなくとも、会場が温まっているのが感じ取れた。

夜はあっという間にふけ、終演は少し寂しいものがあったが、多く楽しむことができた。
日本とニューヨークということだけではなく、このような観客とアーチストが関わるイベントが増えるといいと思えるような一日であった。

NY-TOKYO ミュージック・フェスティバル
日時:2007年9月22日
会場:セントラル・パーク, ニューヨーク

Text and photos: Yukino Kotake

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE