NIKE 公式オンラインストア

OFFFフェスティバル 2007

HAPPENINGText: Eduard Prats Molner

2007年度のフェスティバルもこのパフォーマンスで終わりを告げようとしている。新進気鋭の音楽家、そして美しいオーディオヴィジュアル作品で知られているビデオアーティストでもある高木正勝のライブパフォーマンスだ。


高木正勝のライブ

これ以上良いエンディングはなかったと思う。生のピアノと見事なヴィジュアルでオーディエンスからはアーティストとイベントの両方に拍手で暖かい称賛が与えられた。

OFFFは正式には数時間後のクロージングパーティでのビールと音楽にまみれた中で幕を閉じる。今までの中では、今年のOFFFが一番成熟していたように思う。スタッフや運営団体も過去の機会に比べてとてもいい働きをしていたし、何よりもプログラムが素晴らしく、バランスのとれたものだったと思う。

毎年このような素晴らしいイベントを可能にしてくれるディレクターのヘクター・アユソとOFFFの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい。良心的な価格と誰にでもアクセスしやすい環境の中で、沢山の個人と団体のさらなる進歩を助けるであろう、とてもインスパイアされる時を過ごすことができた。

2005年度のフェスティバルではジャレッド・ターベルと話す機会があったのだが、その時に「猫のゆりかご」(Cat’s Cradle 1963年)という本を勧めてくれて、それが私の初めてのカート・ヴォネガットとの出会いだった。

ヴォネガットは去年の4月ニューヨークで84歳で亡くなってしまった。僕は、過去の二年間の間、科学やテクノロジー、ファンタジー、愛、そして戦争についての彼の本とショートストーリーを楽しんでいた。彼の文章は僕に多大な影響を与えており、このフェスティバルでの刺激的な体験を通して、沢山の感動的な感情を私に呼び起こさせた。

『POO-TEE-WEET?』 – スローターハウス5(Slaughterhouse-Five 1969年)

OFFF BCN 2007
会期:2007年5月10日〜12日
会場:CCCB
住所:Montalegre 5, 08001 Barcelona
http://www.offf.ws

Text: Eduard Prats Molner
Translation: Junko Isogawa
Photos: Hugo Ahlberg, Eduard Prats Molner

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE