ジェレミーヴィル

PEOPLE

日々のインスピレーションは、自分の中の小さな子供

Jeremyvillecover.jpg

シドニーを拠点とするアニメーター、漫画家、イラストレーター、プロダクトデザイナー、編集長、ファインアーティスト、トーイデザイナー、服飾デザイナー、あらゆる顔を持つJeremyvilleが登場!最新のコラボブック「Jeremyville Sessions」に加え、SHIFTカバーとの連動インタビューをお楽しみください。

自己紹介をお願いします。

まず僕はアートスクールではなく、建築を選びました。そこでは応用アート、デザイン、また規律や構造を自分のクリエイティブ思考過程に取り入れる方法を学べたからです。コンセプトやプロジェクトに関して、1つの特定の媒体はないと考えます。

最近のコレットのグループ展に参加していました。KAWS、マイク・ミルズ、村上隆、奈良美智、フートゥラ、ファフィなどと一緒に。また制作した本には、デザイナートーイの世界で初めての本「Vinyl Will Kill」と、ベック、デビルロボッツ、ジェフ・マクフェリッジなどとコラボレートした最新の「Jeremyville Sessions」があります。それから「sketchel」という、カスタムバッグをコンセプトにした僕達のプロジェクトには、ミス・ヴァン、ゲイリー・ベースマン、ハイメ・アニョン、ジュヌヴィエーヴ・ゴクレールなど、これまで500人以上のアーティストを引き込んでいます。

Jeremyvilleとしてスタートしたきっかけは何ですか?

僕は、アニメーター、漫画家、イラストレーター、プロダクトデザイナー、編集長、ファインアーティスト、トーイデザイナー、服飾デザイナーです。何においても、1つの肩書きやタイトルを持つことが好きではありません。限定されすぎています。ある分野から違う分野をまたぐことが好きで、それがJremyvilleの一部を表わしていると言えます。だからJeremyvilleとしてスタートしたのです。Jeremyvilleは、何かがおこり、他の者、アーティスト、クライアントが訪れたりコラボレートできる場所です。心の状態でもあり、プロジェクトに基づいたコンセプトでもあります。

Jeremyvillecover.jpg

現在取り組んでいるプロジェクトや活動は何ですか?

ファフィを僕の家のディナーに招待しました!楽しい夜でしたよ。ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」展のための、実寸大ダースベーダーヘルメットも描いています。この展覧会には他に、ジェフ・ソート、ダレク、シャグ、コジック、バフモンスターが参加しています。「クイックシルバー」のためのデザインも手がけていて、ドイツのケルンのギャラリーに描いた僕の60インチの巨大Qeeが売れました。それから「コンバース」のシューズデザインも手がけたばかりで、「MTVイタリア」のトーイもペイントしました。LAからの新しい本であるコミックブック選集にも参加していますし、新しいトーイも登場する予定、ニューヨークの「キッドロボット」とのトーイもつくっています。

Jeremyvillecover.jpg

Refillマガジン主催のスケートボード展「Refill 7」にも参加していました。マーロック、ルースター、ジェフ・ステイプル、マーク・アトラン、アンディ・ジェンキンス、ジェレミー・ホリスター、Dmote、マーダ、ビッグフィート、ファフィ、ティルト、モンスター・チルドレン、リンゼン、マヤ・ハヤック、 コディ・ハドソン、ルカ・イオネスキュ、マイケル・レオン他、たくさんのアーティストがいました。

Jeremyvillecover.jpg

最新の「Jeremyville Sessions」は楽しくて濃い出来ですね。コンセプトや、制作中のストーリーなど聞かせてください。

ありがとう。この本はコラボレーションの全てです。ミュージシャン、ベック、ジェフ・マクフェリッジ、コレット、ミス・ヴァン、デアネ・チョイク、レゴ、MTV、アディダス、デビルロボッツ、ゲイリー・ベースマンなど、300のアーティストやカンパニーが関わっています。IdNによる出版。このカバーの反射するシルバーを上手く出すために制作サンプル5回分かかりました。クリス、ジョナサン、ローレンス他、IdNチームが素晴らしい仕事をしてくれました。

前作の本「Vinyl Will Kill!」はどうでしょうか?

「Vinyl Will Kill!」は、IdN出版、メーガン・メイアのアートディレクションによる、デザイナートーイの世界初めての本です。僕はこの中で、ファフィ、デビルロボッツ、ゲイリー・ベースマン、キンジー、コジック、ティム・ビスカップ、サンダーバード、フリフリ、スケアリーガール、ビル・マクマレン、Mars-1、ティム・ツィ、ジェイソン・シュウなどたくさんのアーティストにインタビューをしました。ウォールペーパー・マガジンの”今月の一冊”に選ばれました。

プロジェクト「sketchel」「comics」「hazkems」についてそれぞれ教えてください。

Jeremyvillecover.jpgJeremyvillecover.jpg

sketchel:
僕とメーガン・メイアで考案した、カスタマイズできるバッグデザインです。これまでに500人以上のアーティストが参加しています。ベック、ジュヌヴィエーヴ・ゴクレール、ゲイリー・ベースマン、ティム・ビスカップ、サイマン・チョウ、ジョン・バーガーマン、ミス・ヴァン、タドゥ、ネイサン・ジャーヴィシャス、ティム・ツィ、ハイメ・アニョン、マーク・アトランなど。

Jeremyvillecover.jpg

the comics:
僕のアートキャリアは「シドニー・モーニング・ヘラルド」でマンガを描くことによって始まりました。1日にだいたい関連した5つの漫画を描きました。何か賢明なものを思いつくまで約20分ほどしか与えられず、そこでは素早く考えるということ、伝える必要のあるエッセンスを取り入れること、アートをむき出しの基礎まで剥ぎ取ることを学びました。つまり漫画は僕がすることの1つにすぎず、他の仕事にはあまり浸透しませんが、それはイメージを創りだすスピードにおいてということかもしれません。最も適切なビジュアルの芯に素早くたどりつくことにおいても。しかしそれが全てです。いまだに漫画を描くことが大好きで、最近はLAのシェパード・フェイリーの新しいマガジン「Swindle Magazine」にて2ページ掲載の漫画を手がけました。

Hazkems:
間違った道からやってきて、Jeremyvilleの周辺に住むキャラクターたちのグループです。

普段、仕事以外で何をするのが好きですか?

走る。泳ぐ。描く。読む。考える。瞑想する。うろつく。

影響を受けている人や、本、出来事などはありますか?

一番影響を与えてくれるのは、自分の中にいる小さな子供の部分です。その子はレゴやスマースで遊ぶ12歳で、何かをつくるためだけに成長したがっています。自分の中にそのイメージを住まわせて、子供としての将来ビジョンを毎日保っています。それが僕の日々のインスピレーションです。

Jeremyvillecover.jpg

SHIFT カバーのコンセプトを教えてください。

愛と友情についてです。イタリアから帰る飛行機の中で描きました。飛行機の中から差し迫る夕焼けを見て、太陽の光のしずくを手に持つことを想像しました。隣にいた仲間と一緒に。赤いラブハートは、鳥になって飛んで行きます。

これからの計画はありますか?

まもなくパリで個展を開催します。それから北京ではイベントで絵を描きます。ちょうどMTVイタリアでペインティングをしてきてミラノから戻ってきたところでもあります。フリフリ、タドゥ、リンゼン、マウロ・ガッティ、ヨー・クラス、トキドキも一緒でした。

Jeremyvillecover.jpg

読者にメッセージをお願いします。

常にスケッチブックを持ち歩いて、思いつく考えや落書きなど、どんな時も書き込んでください。成長して発展できるいい方法ですよ。

Jeremyville
住所:110 Surrey Street, Darlinghurst Sydney, NSW 2010, Australia
TEL:+61 9332 1450
info@jeremyville.com
http://www.jeremyville.com

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE