共感ブランディング

THINGS

podcast.jpg

マーケティングの視点から、ポッドキャストの活用事例を挙げ、解説している「共感ブランディング」—顧客の心を巻き込むポッドキャスティング徹底活用術。

本書では、インターネット上の音声媒体である「ポッドキャスティング」というユニークなメディア及び、デジタルネットワークを介した「音」(音声、肉声、音楽など)のコミュニケーションの魅力を、様々なケースを通して紹介しながら、今後の企業コミュニケーションのあり方、あるいはオンデマンド型の情報スタイルについて読み解こうとするもの。

情報伝達という役割だけでなく、情感や感覚を共有(シェア)するという聴覚メディアならではの機能をどのように、個人や企業のコミュニケーション活動に活かしていくのか。言葉、画像、動画、音声などを取り込み、マルチメディア(五感の媒介)化していくインターネット環境の可能性を検証しています。


『顧客を絞るな!メッセージを絞り込め!』『「あるもの探し」をしよう。顧客を惹きつける魅力は、すでに自分の中にある!』『直感的にわかる「ファスト・メッセージ」と、じっくり感じとる「スロー・メッセージ」を組み合わせよう!』『不特定多数に広く伝える「ブロード」志向と、特定の相手に深く伝える「ナロー」志向を使い分けよう!』など、示唆的なメッセージもふんだんに盛り込まれている。

ラジオ放送が話し手の個性を伝えるメディアであるように、落語がエンターテインメントであるように、「肉声」がどれほど魅力的な「情報」を持っているか、様々な事例から「共感を呼び込む」ためのツールとして、ポッドキャスト活用の可能性を追求してみようというのが本書のテーマである。

メールが日常的な主流コミュニケーションになり、ブログなどのテキスト情報がメインストリームとなっているいま、「肉声」で伝えることの重要性を再認識でき、ポッドキャストが持つ可能性を理解することができる好書だ。

共感ブランディング
顧客の心を巻き込むポッドキャスティング徹底活用術
著者:鷲尾和彦
単行本:238ページ、18.6 x 13 x 2 cm
出版社:講談社
ISBN-10: 4062820447
定価: 1,575円(税込)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE