NIKE 公式オンラインストア

アート・ブリュッセル 2007

HAPPENINGText: Filip De Haes

ブリュッセルで開かれた25回目のアートフェアは沢山のメディアに注目された。全国放送のラジオでも初めてこの展示について流れ、さらにテレビでもプレビューが紹介された。僕達はアートを愛するオープンマインドな若者として、会場まで電車とメトロを使って行くことにした。そこでフレンドリーなフランス語を話す見知らぬ人から無料の招待チケット2枚を頂き、彼のおかげで入場料の15ユーロが浮いた。artbrussel220407i.jpg

artbrussel

アート・ブリュッセルは、ブリュッセルのシンボルであるアトミウム・モニュメントに近いブリュッセル・エキスポの2つのホールで開かれた。世界中のギャラリーが披露する何百もの作品が小さいキャビンの中に飾られていた。当然全ての作品は購入する事ができたのだが、僕達は値段を聞く気にもならなかった。

artbrussel220407i.jpg

沢山の訪問客がスーツを着ており、そしてとても若者と呼べるような人たちではなかった。“シック”なイベントであることを強調するように、キャンペーン用のバーがありスポンサーの一つは車マセラティのディーラーだった。アートが飾ってある子供用のスペースも設けられており、それは年配のアーティストが高い作品を売ろうとしているものくらい冴えないものだった。

artbrussel220407b.jpg
Xing Dong Cheng Gallery

これはデザインフェアではなくてアートフェアだ。レンガが天井から吊るされていたり、何本かの傘がボールの様になっていたり。キャンバスを緑に塗りたくってそれをアートとして売る。ほんの一握りのギャラリーが価値のある作品を展示していた。しかし上流階級またはアートエキスパート達はこのフェアを楽しんだに違いない、と僕は思う。

Art Brussels 2007
会期:2007年4月20日〜23日
会場:Brussels Expo
住所:1 Place de Belgique, BE-1020 Brussels
http://www.artbrussels.be

Text: Filip De Haes
Translation: Kimiyo Nishihara
Photos: Filip De Haes

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE