ハモニカビル

PEOPLE

札幌を拠点に活動するデザインユニット「harmonica bldg.(ハモニカビル)」。可愛いだけ、ポップなだけではない遊び心あふれる作品は、SHIFT2007カレンダーに採用された。3月3日からは、札幌SOSOにて、初の展覧会を開催する。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

「harmonica bldg.(ハモニカビル)」は藤田直樹と小島歌織、男女2人からなるデザインユニットです。2004年に結成し、札幌を拠点に活動しています。普段はそれぞれ別のデザインプロダクションに所属していて仕事とは別の創作の場、普段、表現しきれないものの提案の場としてハモニカビルをやってる感じです。ただ、プライベート作品と仕事と全く切り離しているわけではなく、いずれ仕事とハモニカの双方向にリンクできたらいいなと思っています。

ハモニカビル結成の経緯を教えてください。

知りあって間もない頃、二人でこれまでの作品を見せあうといった機会があったんですけど、その時に、互いの作品の嗜好やテイストの共通点だったり、反対に自分に持ってない表現方法なんかが「面白いな」と、感じたんです。それからしばらくして、藤田の作品のイラストを小島が依頼されて描いたきっかけから本格的に組んで他にも何か一緒に創ってみようという話になり、現在に至ります。

主にどのような活動をしていますか?

結成当初は、知りあいの洋服店の広告、ポスターやツールを創ったり知人の名刺や展覧会DMなどといった身近なものが多かったですね。その後、作品を見て気に入ってくれた人から依頼されるようになり、昨年は「般若心経0-ゼロ-」のブックデザインをさせていただきました。

SHIFT2007カレンダーに採用された作品、また作品の元である「般若 心経0-ゼロ-」について教えてください。

般若心経0-ゼロ-」は知りあいの住職、ゆうがん氏が、これまで般若心経にふれる機会がなかった若い人や、興味がなかったり、敬遠していた人たちに、もっと身近に感じてもらおうと企画されたもので、約30組のアーティストが参加した般若心経のアートブックです。

私たちが作った「メイドさんも、ヒツジさんも」は出版パーティ用に作ったポスターです。1枚は今回カレンダーに選ばれた「メイドさん」、もう一枚には「ヒツジの執事」。本のコンセプトに沿って「般若心経」から遠い世界の住人として、メイドとヒツジ(執事)を起用しました。

カレンダー作品となったメイドさん以外にも、言葉遊びから生まれ た様々ないきものたちが登場するそうですが、他にはどのような?その言葉遊びについても教えてください。

他にはDMで使用したツルさん, メカさん、うさぎさんがいます。ツルさんは鳥の鶴ではなくおばあさんの鶴さん。メカさんは、鶴ときたら亀・・・・・・のはずがメカに。亀ときたらウサギ。なんですけど、これもバニーガールに。・・・ここまでくると元の言葉やターゲットからかなりズレてはいるんですけどね。

年賀状として届いたくまのぬいぐるみはとてもインパクトがありま した。キャラクターくまのぬいぐるみについても教えてください。どのようなきかっけで誕生したのですか?

あの、犬なんですよ…笑。よく間違われますが…。もともとは洋服店のポスターに登場したところからきています。このポスターは、興味の対象がぬいぐるみから洋服へ移る女の子をテーマに作成したもので、お腹がさけて中からカラフルなボールが出てくるといったビジュアルになっています。何故犬のぬいぐるみのお腹が裂けてしまったのか、その理由を少し掘下げて作品にしてみました。

nenga02.jpg

3月3日から札幌「SOSO」で開催される「ご主人様」は、ハモニカビ ル初の展覧会とのことですが、意気込みを聞かせてください。

初めての展覧会なので当然気合いは入っていますが同時に、般若心経0からはじまった一連の作品の集大成であるとも考えています。この手法はこれでやり切った。と思えるくらいなものにしたいです。

展示やオープニングパーティはどのようなものになる予定ですか?

秘密です(笑)。展示自体が初めてならば、オープニングパーティも初めてのことです。結構なプレッシャーですが、あまり気負うことなくやっていきたいと思います。来てくれた人に楽しんでもらえるようなものにしたいですね。

今月のSHIFTカバーについて教えてください。

3月に行われる展示の作品の一つを「SHIFT」させたものです。まばたきする短い時間の中でも色々なことが変化しています。そういうものに気づくこと、目を向けていくことはとても大切なことというメッセージをシンプルに表現してみました。

今後の活動の予定や、これから挑戦したいことはありますか?

制作途中のままの自分たちのホームページの完成とか、やらなくてはいけない細かいことは色々あるんですが・・・。とりあえず人を、自分を楽しませる作品をたくさん作りたいです。

最後にメッセージをお願いします。

ここまで読んでくださってありがとうございました。今回、SHIFTのカバーを飾ることができてとても光栄に思います。作品を見てくれたことをきっかけにまた何か新しい「繋がり」ができたら嬉しいです。

harmonica bldg.(ハモニカビル)
藤田直樹 | 小島歌織
http://www.h-bldg.com
info@h-bldg.com

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE