デザインタイド 2006

HAPPENING

11月1日〜5日デザインイベントに東京の街が沸いた。DesignTide in Tokyo 2006 は原宿、明治通り沿いにある空きビルを利用したメイン会場と青山界隈のショップやギャラリーでの展示が中心となったエクステンション会場の2箇所で展開。国内外約100組のデザイナーが終結した。
イベント全体のテーマは「”DESIGN”&PEACE」。開催前には同ビルの前に「ほんとに必要なものだけを」と書かれた仮囲いを掲出するなど、展示内容も全体に環境問題や平和を意識したものが多い。


ビルでは、3階と1階の一部で国内外約60組の参加デザイナーがテーマに沿ったオリジナル作品を披露するほか、1階では約25組のデザイナーが出品する物販コーナー「Tide Market(タイドマーケット)」を開設。

インタラクティブインスタレーションやフリークライミング積み木のオモチャなど、参加型の展示が多いことも特徴的であった。

パリで有名なデパートのショーウィンドウなども手がけているフランスの女性クリエイター、ジェラルディン・ゴンザレス with Z.F.D. の作品。大きなブラックのハートモチーフはミステリアスで特別な雰囲気を醸し出している。自然は何よりも強いというメッセージが込められている。

1階エントランスを入ってすぐの「treasured trash=タカラモノニナッタゴミ」プロジェクトでは、各ジャンルのクリエーターが提案するオリジナルの資源ポスト(ごみ箱)や、廃材を用いたオブジェなどのアートワークを展示。

カラフルなシャンデリア。しかし、よく見ると廃ボトルなど海岸に打ち上げられたプラスチックゴミで作られている。メッセージ性の強いエコな作品はイギリス出身のデザイナー、スチュワート・ヘイガースのもの。

3日午後には遠山敦 × ASYL CLACK ライブペイントショウが開催された。
Treasure(タカラモノ)をテーマに、世界に一つしかないタンブラーと資源ポスト(この世に必要ないモノなんてない=ゴミ箱ではない)をライブで制作。

遠山敦が手掛けた作品をASYL CLACKの面々がその場でアートディレクション。欲しい部分を来場者の方に伺いながらのさながら“実演販売”。絵はその場で切り分けられ、タンブラーとして販売された。並べられたタンブラーは次々と売れていった。

ASYL CLACKの佐藤氏と資源ポスト制作中の1コマ。普段見ることのできない両者の独創的なペインティングに、大勢の観客が魅入っている。時々二人の話し声も聞こえ、終始和やかな雰囲気で進んでいった。エントランス近くで行われていたこともあり、来場したお客さんは必ず足を止めて様子をうかがっている。大変な盛り上がりを呈していた。

メイン会場以外も原宿、表参道を中心とした青山界隈各会場でショップディスプレーさながらの演出を各会場素晴らしくまとめあげていた。デザインを主軸にしたイベントはこの時期には多々あるが、ただ表現するのではなく、ようやくその「意味」への追求が始まったような気がする。なぜデザインなのか、その解答が出されるまで繰り返して頂きたいイベントである。


DesignTide in Tokyo 2006

2006年11月1日〜11月5日
会場:東京、原宿、渋谷、青山界隈
http://www.designtide.jp

Text and Photos: phil_internship

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE