S.S.VALLEJO

PLACE


The S.S. Vallejo


ゴールデン・ゲート・ブリッジの北端ある小さな町、サウサリート。アーティストの集まる地としてよく知られているこの町は多数のハウスボートと長期滞在する外国からのボート民がまざりあうコミュニティのホスト地でもある。ハウスボートの中心にある「S.S.Vallejo」と呼ばれるフェリーボートはずっとサウサリートのアートシーンの中心にあった。

1949年若いアーティスト、ゴードン・オンスロウ・フォードは、船体の金属はガラクタになるはずだった古いフェリーボートに偶然出あった。フォードはそのボートを預かり、彼自身の家として使い始めた。そのとき、サウサリートは主に産業船の拠点だった。第二次世界大戦中、リバティ船を組み立てるために頻繁に使用された。


Gordon Onslow Ford – Floating Woods (circa 1952)

ゴードン・オンスロウ・フォードは1930年代フランスのシュールレアリズム運動の側にいた。彼のペインティングは特に、点、線、丸の3つの形にフォーカスしていた。長い人生の多くにおいてそれは変わらなかった。フォードは、フランスで出会った風変わりなギリシア人アーティスト、ジーン・バルダと共にボートを買った。バルダはフォードに夢中になり過ぎ、結局フォードはボートを立ち去っていった。


Jean Varda – The Phoenix Reborn (date unknown)

ジーン・バルダはフランスのシュールレアリストシーンと繋がっていたコラージュ・アーティストでもあった。その精神はずっと若く、バルダは自分自身でコミュニティを作った。彼の自家製ボートで贅を尽くしたディナーパーティを開き、湾に浮かぶ彼の家は「踊り子」でいっぱいだった。バルダは価値のない紙と生地のくずをすばらしい都市景観に変えてしまったのだ。彼は手元にあるものなら何でもアート作品にした。

バルダはアラン・ウォッツと名付けられた禅の哲学者とボートを共有した。ジャック・ケルアクやボートをサンフランシスコビート場面のホットスポットの1つにしたアレン・ギンズバーグなどのように、バルダとウォッツは多くの有名なビート詩人たちを引き付けた。60年代、ボートはサンフランシスコのサイケシーンの多くの重要人物のホスト役をつとめた。ティモシー・リアリー、ゲーリー・スナイダー、アラン・ウォッツ、そしてアレン・ギンズバーグは、ボートの上でめまぐるしく変化する文化的な景観ついて、1967年のオラクル・マガジンの記事に記録されている有名な、「ハウスボート・サミット」に集まった。


Steve Speer – Teletubbies and assorted Burger King swag

バルダとウォッツは共に1971年に亡くなった。その死は、ボートの未来を不明瞭なまま残した。「S.S Vallejo」は何度も移動を繰り返した。一度は禅センターとなり、その後はホームレスにとって居心地のいい場所になった。 しかし結局、ボートは金持ちの誰かの手に渡り、2000年、時間をかけて必要な修理がされた。


Steve Speer with cash and a bible gun – all he needs

ニューヨークのアーティスト、スティーブ・スピアも修理を手伝った一人だった。説明不可能な自然の神秘的信仰、大衆文化、記号論、そして一般的な分野へのスピアの執着は、この歴史的なアーティストのボートに向けた完全なものになった。過去6年間でスピアは作品の印象的な大部分、彫刻と絵から壁に隠れたメッセージ、ボートの船体の中の巨大ななぞめいた作品をを制作してきた。


Steve Speer – FWFSZ NBO FWFSZ JT B TUBS EAC *

おそらくいつの日か、「S.S. Vallejo」は誰もが認める博物館になるだろう。しかし当分は何も明かされないまま、個人の住居として残されている。Googleがボートを所有している、という噂があるが、ボートに住むには20ページの質問に答えなければならず、身体検査や精神的な心理検査にはきわめて特別な人のみが耐えられた。本当であるか否かに関係なく、私たちはウェブサイトを通して、そのの世界を垣間みることができた。

Text and Photos: Ammon Haggerty from Qaswa
Translation: Miwako Nakazawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE