ゾナビエンテ・ベルリン 2006

HAPPENING


ゾナビエンテ・ベルリン2006」は、サブタイトルに「音と視覚の展覧会」と題し、6月1日より7月16日までベルリン市街中心部の広範囲に渡って、大規模に開催された。

会場となった「アカデミー・デア・キュンステ」、「ベルリナー・フェストシュピール」、旧ポーランド大使館、クーダム/東駅のアリアンツのビル、そしてサウンド系アーティストのレジデンス会場である「テスラ」を中心に、約50組の国際的なアーティストがサウンドインスタレーションの展示の他、パフォーマンスや映像の上映を行った。また、ご存知のように会期中である6月9日から7月9日はワールドカップ期間中ということもあり、会場を利用したパブリックビューイングも開催された。

展示の全体的な傾向としては、音楽的な問題を取り上げた側面を持つ作品、サウンドインスタレーションとは何か、といったような根源的な問いかけを内包する作品が多かった印象を持った。音そのものを如何に取り込むか、如何に発するか、といった常につきまとう問題への回答である。例えばそれを多チャンネルで発するという選択肢を選ぶ作品、あるいは音を発するものそのものが作品、外の音をそのまま作品の中に取り込む作品等、色々なアーティストの解釈が表れていた。根源的には、全身を使って音や作品を体感する、という方向性が示されていたように思えた。

自分の意識の変化を呼び起こされた事だ。例えば、常日頃通り過ぎる道に設置されたサウンドインスタレーションに気付き、あたりの風景をもう一度再確認してしまうような、別の視点を喚起されたことがしばしばあった。別の見方をすれば、ワールドカップで盛り上がったこの街の喧噪も、その衰勢の変化の中に“芸術”として異なった意味を見いだせた、そんな展覧会だった様に思う。

個人的に印象に残ったアーティスト、作品を幾つか紹介してみよう。

カンディス・ブライツ / legend
合計30台並べたモニターからボブマーリーの名曲の合唱が聞こえる。しかし一台一台をよく見ると、そこには一人一人の顔が映し出されており、各々が彼の歌を聴きながらそれにあわせて歌を口ずさんでいる一つ一つの映像だった。“合唱”をメディアを使って再現することにより、より一層のダイナミズムを引き出し、体感的感動を呼び起こす作品。

タムタム / farben
教会だった建物の廃墟に設置されたスピーカーより聞こえる某かの音。あたかも、スピーカーより発せられる音そのもの以上に、建物の向こう側から聞こえる、交通の音や鳥の声さえも、その作品体験に内包してしまう。

クリス・ヴリーシャウアー / glass works
パリ広場のアカデミー・デア・キュンステの会場の入り口に設置されたインスタレーション。大量な透明な瓶を棚に並べ、時折瓶がそこから落とされて行く。実際のところは、このインスタレーションはベルリンのとある場所の瓶専用のゴミ箱と連動しており、ここに瓶が捨てられるのを契機とし、インスタレーションの瓶が落とされる、という仕組みになっている。

エドウィン・ファン・デア・ヘイデ / pneumatic sound field
「テスラ」の中庭に設置された棚に、弁を利用した独自のモジュールが多数設置されており、それらのモジュールは空気を送り込むことによって発声する。空気を送り込むポンプを電子制御する事により、時として耳障りなノイズ、空気の吐き出される音など様々な音の表情を紡ぎだし、未だ経験した事のない音的体験をもたらす。

カールステン・ニコライ / fades
暗闇のなかに、さざ波の様な音響とともに投影されるシンプルな光の帯のパターン。会場内を埋め尽くしたスモークにそれらが影を落とし、心地よい浮遊感を喚起する空間となっていた。

ジャネット・カーディフ + ジョージ・ブーレス・ミラー / opera for a small room
古いレコードなどが散乱した掘建て小屋に見える作品が、音と光の演出により、そこが一瞬にしてアメリカの片田舎の小屋を想起させたり、ダイナミックなロックキャバレーショウの舞台となったり、まるで映画を見ているような展開を見せてくれた。最後は観客からの鳴り止まない拍手と歓声で大円団というオマケがついて、なかなか圧巻な作品体験だった。


ゾナビエンテ・ベルリン2006

会期:2006年6月1日〜7月16日
会場:アカデミー・デア・キュンステ 、ベルリナー・フェストシュピール、 旧ポーランド大使館、アリアンツビル、テスラ, etc…
http://www.sonambiente.net

Text and Photos: Yoshito Maeoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
クォン・オサン
MoMA STORE