BASTARD. CHOOSE MY IDENTITY

THINGS

スペインの出版社Actarから新刊「Bastard. Choose My Identity」が出版された。


世界が一つとなって、文化が混ざり合い、伝統が失われたとき、何が起こり何が生まれるのだろうか。その答えを求め、作者たちは過酷な旅に出た。たった21日間で世界中のホットスポット、メキシコシティー、L.A.、東京、香港、バンコク、ドバイを訪れ、フランクフルトに戻った。アーティスト、ミュージシャン、デザイナーたちとの多くの出会いがあった。「Bastard」はこの旅を通して得られた一つの解釈の形でもある。グローバル化にはマイナスの影響しかないという事実は一つの側面に過ぎない。しばしば私たちの暮らすこの時代は、メディア、スタイルや意見の積極的な交流がこれまで以上に必要とされる活気に満ちた新時代のように思える。写真、イラスト、グラフィックデザイン、タイポグラフィーは文化、日常生活、運動、伝統、国家的、または個人的なアイデンティティを十分に表現したこの作品の中に溶け込んでいる。世界中のタイポグラファーによって作り出された書体を集めたCD-ROMもサウンドトラックと共に付属している。

詳しい情報はウェブサイトから。

Bastard. Choose My Identity
著者:Christian Ernst, André Rösler, Lars Harmsen, Ulrich Weiss
出版:Actar
言語:英語
仕様:396ページ、19.5 x 23.5 cm、フルカラー、ハードカバー、CDR付き
価格:35ユーロ
ISBN:84-96540-154

購入はこちらから。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE