リアラ

PEOPLE

ストックホルムとロンドンを拠点に1998年より活動を続けるデザインチーム「REALA」。デザインにとどまらず、世界的に人気のある多くのミュージシャン達のミュージッククリップを手がけるなど、映像制作においての活躍も著しい。
キュートで素朴感あふれるイラスト、コラージュ、アニメーションには、きらりと光るユーモアのセンス。自らのバンド「RE:RE:RE」含め、バラエティに富んだ作品を収録したDVD「REALA」は好評販売中。中心メンバー、ヨナス・ウイリアムソンとサミュエル・ニーフォルムの2人に話を伺った。
今回のカバーと連動し、まもなくリリース予定の「REALA」オリジナルポスター(PRINT’EM)とTシャツ(BEAMS T)もお見逃しなく!


お2人はどのように出会い、「REALA」を結成したのですか?

サミュエル(以下S):僕たちは幼なじみで、小さい頃から知っていました。実は、僕の叔父エリックがヨナスの従兄弟で、ヨナスと同じ家に住んでいたりします。<

ヨナス(以下J):「REALA」は正式に1986年にスタートしました。リアルバートという名前の犬について描いた子供向けのコミックブックがきっかけです。

デザインを始めたきっかけは何ですか?

J:2人とも、ストックホルムの「コンストファック」でグラフィックデザインを学びました。実際にフォントやあらゆる種類の紙を使う経験ができて、とても楽しかったですよ。デスクトップデザインの入門コースは、僕たちにとって本当に重要でした。それから2人ともニューヨークの「パーソンズ」に留学もしましたね。

S:あとはロンドンの「セントラル・セントマーティンズ」にも。

ミュージックビデオ作品について印象が強いですが、これまでに手がけた作品について教えてください。

S:バンドの大小に関わらず、何年にも渡ってかなり多くのミュージックビデオを手がけています。一番大きいのが「ガービッジ」ですが、一番いい作品とは言えなく、彼らもそこまで満足できなかったようでした。ちょうど今は、ノルウェーのバンド「ダーマ」とコラボレーション中ですが、メインメンバーのオレがものすごく僕たちの作品を気に入ってくれているようです。大抵、ヘンリー・ムーア・セルダー、ヨハネス・ナイフォルム、アンドレアス・ニルソンなど、他のディレクターとのコラボレーションという形で制作します。これまで手がけた最高のビデオは、サイケデリックなロックンロールバンド「シルバーブリット」のものです。全てのセンスにおいていいビデオですよ。

ストックホルムのバンド「THE KNIFE」も手掛けてますね?

J:2003年の「ユー・テイク・マイ・ブレス・アウェイ」のビデオを一緒に手がけました。ディレクターは、ヘンリー・ムーア・セルダーです。

ポップなアイコンやアニメーション、形、カラー、コンセプトですが、デザインに対するポリシー、欠かせないものは何ですか?

J:パッションと強いアイディアが一番大事です。それから対象となるものの歴史、言語、表現や、他人の目にどう映るかを知ること。それが何か新しいものとして作品を人に提供するための要素だと思います。

最近はどのようなプロジェクトを手がけていますか?

J:今は、アート、ミュージアム、フェスティバルなどの企業イメージを手がけていますね。ストックホルムでも、海外でも。

S:「アート」の制作もしてますよ。

仕事以外には何をしますか?

S:子供たち(テューリ、エリー)と有意義な仕事を過ごしたり、ふざけまわったり、優雅なディナーをフィアンセと他のレディー達に振る舞ったりします。

J:僕はよく車の調子がおかしくなるんですよね。特にオーブンのような友人のマーティンに貸した時は。今日みたいにね。

影響を受けているアーティストや出来事などはありますか?

J:パブロ・ピカソ、アインシュタイン、、

S:マルセル・デュシャン、マルティン・ハイデガー、ルートヴィッヒ・ウィットゲンシュタイン、ストックハウゼン。とにかくなんでも。

J:それに思いがけないものにも美しさを感じますね、、。

SHIFTカバーのコンセプトを教えてください。

S&J:これは進行中のプロジェクト「デッド・ウェブ」の一部です。このプロジェクトは、初期より忘れられたウェブサイトやアート界の外にいるアーティストの調査です。フロイトの人間の潜在意識にまつわる古い考えに似せたもの。それをワールドワイドウェブに適用させています。

今後の予定や次のプロジェクトはありますか?

S:おそらく海外に移動することです。ブルックリンかベルリンへ。7月にはヨハネス・ナイフォルムと一緒にシカゴで「アート」を展示します。

J:もっと広いオフィスに移動します。状況を改善できるように。

最後にメッセージをお願いします。

S&J:物事には「真実」と「嘘」の2つだけしかありません。両方ともデザインやアートにとって同じくらい大事です。ありがとう!

REALA
住所:Hornsgatan 8, SE-118 20 Stockholm
TEL:+46 8 642 81 63
http://www.reala.se

Text and translation: Yurie Hatano

※REALAの「BEAMS T」制作によるオリジナルTシャツ、「PRINT’EM」の印刷によるポスターは、6月下旬よりシフトファクトリーで発売予定です。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE