DING DONG! アートフェス

HAPPENING

ドイツはハンブルグ、アルトナ駅。やたらと道幅の広い歩行者天国を歩いて行くと、1970年代に建てられたという、巨大な空きビルに出くわす。店舗のひとつであった、ドイツ全国に支店を持つ百貨店のカールシュタットも2年ほど前に閉店し、その看板の跡がまだなまなましい。しかし、道行く人が足をとめ、その中へと吸い込まれていく。そう、ここが「DING DONG! アートフェスティバル 2006」の会場だ。


入り口にはクローゼットがぽつんと置いてあるだけだ。そこから中の様子は見ることができない。受付嬢に促され、その扉をあける。おとぎ話の主人公のようにクローゼットの中をくぐりぬける。

すると、カールステン・ボットの世界が広がっていた。床には、彼の蒐集した年代もののおもちゃや人形、雑誌、ランプ、瓶、タイプライターなどありとあらゆるものが所狭しと散らばっている。

クローゼットの扉からノスタルジックなこの空間に入り込んだ瞬間に、外の世界と遮断され、時間の流れがよくわからなくなってくる。足下のものに目を奪われながら進み、次に広がった空間を目の当たりにすると、来場者はわくわくとするに違いない。3000平方メートルという大きな空間に、参加アーティストによるインスタレーションが立ち並んでいるのだ。

今回のこのアートフェスティバルには、ドイツ、アメリカ、イギリス、カナダ、日本など世界各国から選ばれた30数名のアーティストたちが参加している。アーティストたちは期間中に滞在制作を行い、最終日までにどんどんと作品が完成していくというもの。パフォーマンス、ワークショップなども行われた。アーティスト村というコンセプトの通り、おとぎの国を探検するように、ひとつひとつの作品を見ていくことができる。

カールステン・ボットの部屋を出ると、まず顔をつっこみたくなるティルマン・ターブイキン&トーマス・バーディシュビヤーの作品。アルミが貼られた中で、オペラがなっていた。

56K」によってポップなサインがつけられたインフォメーション塔を囲むように、アネリ・シュッツの天井から床までゴムを張ったゴムの森がある。皆、おそるおそるゴムをかきわけて進んでいた。その奥に、アナ・ベル・ジェンスのペットボトルのキャップでできた川がある。蛍光灯の明かりできれいに発色している。

ルップレヒト・マチアス&アナ・ロペスの、ベッドの置かれた森小屋の周りには、天井からゴムでつるされたアクリル板のオブジェがゆらゆらと揺れている。

柱を利用した樹の下には、ニーナ・ブラウンの作品が地面からにょきにょきと生えているように見える。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE