AER

PEOPLE


AER」は、2002年スペイン、バルセロナに設立された新しいビジュアル・コミュニケーション・スタジオだ。「AER」の専門は主にインタラクティブ・メディアだが、それ以外に多様な分野の仕事を請け負ってきた。ユーザーの経験に基づいて機能する、非慣習的なウェブサイトから、事務的事項に忠実でよりスタンダードな会社向けの物まで、設立依頼幅広く扱ってきた。これまでで最も特出した点というと、最小限の制約で仕事を成し遂げてきたことにある。総じて、AERの美意識は風潮やトレンドの吹き溜まりではなく、コンセプトやアイデアによって正当化されたものだ。

フランス、パリのレーベル「アクティブ・サスペンション」のミュージシャン「DOMOTIC」のサイトは、無料のプロジェクトだった。簡単にいうと「AER」は、彼の音楽が気に入ってウェブサイトを無料で作ることを申し出た。つまりこれは、「AER」とステフ・シリオンとのコラボレーション・プロジェクトということだ。ビデオから持ってきたフレームをトレースしたり、はさみで切り抜いたり、大量のスキャン、そして口でのアナログ効果音レコーディングなど、このサイトの創設の大部分はマニュアル作業だった。

「ヒューマン・テレビジョン」はフィラデルフィアの「ジャイアンティック・ミュージック」レーベルのミュージシャン。「AER」は次のニューヨークでのコンサート用ポスターの作成を申し出た。ポスターを作るプロセスは理論的にはバンドが音楽を作るプロセスを模倣した。つまりは切り取り、貼り付け、複写、レイヤーなどで、プロセスを隠すことはしなかった。汚れ、マスキングテープ、スキャナーベッドなど、いわゆる不完全と思われる物は全て見えるように残した。

P-pi.org」は、バルセロナを拠点にするアクセサリーデザイナー、クリスティーナ・パニアグアの為のウェブサイト。2005年このサイトは最優秀プロモーションサイトとして「ラウス・ゴールド」を受賞した。「プレミオス・ラウス」はスペイン、バルセロナで「ADG-FAD」(アートディレクター、グラフィックデザイナー連合)が主催する年に一度のコンテストだ。

ヒロシ・ツノダ・デザイン・スタジオ」サイトでの第一目標は、「ヒロシ・ツノダ」のデザインを完全に主役にした、ビジュアル的にインパクトのあるウェブサイトを作ることだった。また、ウェブサイトに人の手が加わったということや、大量生産や工場的なコンセプトとは一線を画すという証拠を残すのはとても重要なことだった。「ヒロシ・ツノダ」のデザインは彼一人で成され、しばしば個々特有の物だ。最終的な目標はシンプルで使いやすく、そして内容が分かり易いと言うことだった。

「AER」の目的は人をひきつける様なコンセプトを基にしたプロジェクトをリードし、発展させることだ。彼らは非営利的なプロジェクトを続ける余地を残しつつ、小さめで本質的な構造で新たな仕事を選ぶ自由を維持するようにしている。


AER – comunicacion visual

住所:c/ Zamora 105, 2-1 Barcelona
TEL:0034 933 001 678
info@aerlab.com
www.aerlab.com

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Yuki Furusho

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE