NIKE 公式オンラインストア

アンリ・サラ展

HAPPENING

1999年、2001年、2003年と連続3回に渡るベネツィア・ビエンナーレへの出展を経て、「ザ・ロング・ソロウ」は、ベルリンをベースに活動するアルバニア人アーティスト、アンリ・サラ(ティラナ出身、1974年生まれ)のイタリアにおける初めてのソロ・ショーである。


2度目のベニス・ビエンナーリで彼は、このショーでも公開されている作品「Uomoduomo (2001)」でヤング・アーティスト賞を受賞した。ミラノの大聖堂で眠りかけた老人が、無意識的な神経反射によって繰り返し頭を上げたり下げたりしているというもの。「タイム・アフター・タイム (2003)」の中の、馬のような非現実的で不思議なキャラクターの動物は、ティラナの夜のストリートの端にじっと立っており、時々車が通過する時にのみ明確に見える。

また、「ザ・ロング・ソロウ」とは、このショーのメイン作品の名前でもある。ニコラ・トラサルディ財団による13分間の新作ビデオは、アメリカのフリージャズ・サックス奏者ジャミール・ムーンドックの長いソロパフォーマンスを映し出す。この、明らかにベルリン周辺の建物の空虚に浮かんでいるようなミュージシャンは、取り囲む庭や邸宅などと共に、美しくてシンプルなビジュアルの構図の要だ。音楽がより力強くなると、焦点はムーンドッックの顔に移る。慣習的なライブミュージックを模倣し、感情や特徴、パフォーマンスの激しさを強調し、デリケートで形式的な様子をクローズアップすることで明らかにする。音楽がより力強くなると、焦点はムーンドックの顔へと移る。

このショーには、「ゴーストゲームス (2002)」という、ノース・カロライナの夜のビーチで子供たちが懐中電灯を片手に蟹を追い掛けるゲームや、「スリー・ミニッツ (2004)」という、ドラムキットのシンバルがスポットの光を反射してストロボ効果や様々な画像を作り出す作品などがある。アンリ・サラの作品は、社会規制や孤立、放棄などの政治的な寓話を瞬間的にもたらし、それでいて反復の使用や、静寂、未解決の物語りは、どんな文学書をも麻痺させるほどだ。厳しい光と深い闇のコンビネーションを伴うアンリ・サラのビデオは、見る者に夢のような経験をさせる、感覚的で形式的な成功作である。

ANRI SALA “THE LONG SORROW”
会期:2005年12月15日〜18日
会場:Circolo Filologico Milanese
住所:Via Clerici 10, Milan, Italy

Text: Francesco Tenaglia
Picture courtesy Fondazione Nicola Trussardi
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE