60デイズオブスペース

PLACE


ゲリラストア・コンセプトの例にいくつかの非常に成功しているものがある。とりわけ、ワルシャワやベルリンのような場所にある「コムデギャルソン」、アメリカの「ヴェイカント」のようなものだ。そして「60デイズオブスペース」という新しいオランダから来た挑戦者は、「90sqm」が昨年アムステルダムの到るところで開催されたショッピング&カクテル・イベントを開催したように、ナンバー1となるための王冠を取るということはできない。しかし、「60デイズオブスペース」は確かにコンセプトをはるか遠くへ押し動かしたし、いくつかの有名ブランドをも参加させた。彼らは首都にとどまらず、ロッテルダム、デンハーグ、アーネムにも仮のスペースを設けた。そして、そう、最終的にやはりアムステルダムにも。いったい、だれがこの新しいベンチャーの黒幕なのだろうか?

新しいオランダ的ライフスタイル・マガジン「ブレンド」が、まさに「60デイズオブスペース」の隠されたブレーンである。彼らはブランドと新しいローカルな才能を融合するためのパイプラインとして働いている。出版者のジュリアン・ベ−カーはこう言う、「ブランドのサーカスではないんだが、それはブランドによって可能になった素晴らしい店だ。」現在、店はデンハーグのセンターに12月の終わりまで駐在している。「60デイズオブスペース」は4000・の土地を利用して、フィリップス、オニツカタイガー、プレーステーションやバガブーなどの主なブランドから、限定品や内部品、および特別生産商品などを陳列した。

さらに、スペースは買い物中や買い物をした後にカルチャーイベントを見せてくれるであろう。地元のアーティストやグラフィックスデザイナーによるアートの取り付け、地元のタレントに映画上演やイブニング演奏会。ファッション、人々、音楽、メディア、および芸術に強い「ブレンド」は、この店を自身が持つ関心と値打ちの物理的な拡大とみなした。彼らは自分たちの役割を「アンダーグラウンドカルチャーの最たるものを地上に持ち込むこと」と形容しているが、彼らはスペースを普通の店よりも“小さくない”ように見せる重要性を強調した。店の装飾は、地元の芸術家とのコラボレーションで、生身がありそして、鋭さを感じさせるものである。そして彼らは商品からわずかな利益だけを儲けるのだ。

雑誌は去年創刊したため、この大きいなマーケティングは、真新しい購読者層に自己と自己の値打ちを紹介するすばらしい方法である。さらに、1年間の雑誌の購読するなら、「60デイズオブスペース」へ行けば「ニュー・バランス」のトレーナーのフリーペアを手に入れられる。悪くない。また、店も都市毎に白黒刷りの雑誌を製作し、二万部だけ発行している。
『これは我々に地元の芸術家を紹介する余地を与え、さらに彼らに自分を売り込む場所を与えた。私たちは、店への関心を呼ぶために様々な場所を選んで雑誌を配布している。それに各都市がそれぞれ違った個性があるので、それぞれのゲリラ店や雑誌もその地方の個性を反映し完全に異なった感じを楽しめるのだ。』

まさしく12月の終わりまで「60デイズオブスペース」はデンハーグで昼夜問わずにイベントを主催しているので、調べてみてはいかがだろうか。ロッテルダムとデンハーグでともに大成功したこのイベントは、来年にはアーネムとアムステルダムにやってくる、これはアナタが新たな才能と出会ったり、余分な特別なクリスマス・プレゼントをゲットしたりできる最後のチャンスかもしれない…。


60デイズオブスペース

オープン:2005年12月31日まで
営業時間:水〜土曜 12:00〜20:00
住所:Grote Markt 10-13, Den Haag
http://www.blend.nl

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser from Post Panic
Translation: Rin Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE