モ’エレメント 2005

HAPPENING

札幌で行われた9日間にもおよぶアート・イベント「モ’エレメント」は、世界的な彫刻家、イサム・ノグチが基本設計を行ったモエレ沼公園を会場とした、さまざまなアート表現の発表の場である。正式には今年は第一回目。作品は、プロ・アマを問わず広く一般募集され、参加者の在住地を選ばないことから、札幌だけではなく、東京やカナダ、韓国などからも出品やライブ・パフォーマンスが行われた。

「モエレ沼公園のアーティステックな空間でここの建築と一体となって、作品の発表が自由にできたら素晴らしいことではないだろうか…」。そういう素朴な想いから本イベントは発足された。実行委員を構成するメンバーは、すべてデザインや音楽、映像制作などを行う札幌在住の20代〜30代の現役クリエイターである。昨年の秋にプレ・イベントを行ない手応えを感じられたため、本年度のモエレ沼公園のグランドオープンに併せて、札幌市やその関係機関等のバックアップを受けて「モ’エレメント2005」を企画し開催された。

会場は「HIDAMARI」。本公園を象徴する建物である通称「ガラスのピラミッド」である。会期は土日を2回はさんだ9日間。展示室では平面作品、オブジェ、映像作品などが展示された。具体的には、絵画から、イラストレーション、モビール、写真、掛軸をモチーフにした作品や、フリーペーパーの展示、オブジェ、映像作品など。そして、公園の外の景色がみえる吹き抜けのホールでは、3日間プログラムが組まれて、午後から夜までエレクトロ・ミュージックのライブや、ライブ・ペインティングが行われた。本イベントは入場は無料で、誰でも自由に楽しむことができる。街の喧騒より離れて、広大な敷地内での作品発表は、余計なノイズもなく落ち着いて作品を鑑賞するのに非常に魅力的な空間である。

週末の日中のモエレ沼公園では、親子連れや、観光客ふうの人々で賑わう。そういった人たちも本イベントを楽しんでいる光景も見られた。本イベントはクリエイターのための展示ではなく、たくさんの人に見て楽しんで欲しいアート・イベントを目指している。

「モ’エレメント」は、来年の開催も予定されている。今年は無事終了したが、今年の様子を収録した図録、DVD作りが予定されてる。そして、それが終わった後に2006年度に向けた制作が始まる。もし、あなたが作品作りをしているなら、来年度の出品を検討してみたらどうだろう。また、本イベントの制作に興味があったら、サイトよりコンタクトをとってみるのも良いと思う。来年度の「モ’エレメント」にも期待して欲しい。

モ’エレメント2005
会期:2005年9月3日〜11日
会場:モエレ沼公園
参加アーティスト:桃田百合若、キム ドンヨン(韓国)、田村鮎子、jobin、joe、中前真由美、カミグチヤヨイ、OTO、 yuki sato、 ムラヤマトシミ、toytoy’s、ryuku、鈴木謙太郎(PLATINAMIX)、ハヤミズ ミエ、kyottan、片桐三晴、 石田美紀、石川伸一、haruko、羽石こなみ、tamas、瓜屋かな子、佐々木望、矢島智隆、Dr.ツクール・ガラクータ、辻谷勢津子、満更(坂本大介・船戸大輔)、marimba, yuko#jory、久富祐子、ドラマチッククリエイション&エンタ ーテイメント企画、福地秀樹 、竹本英樹、小牧寿里 、Jere mie Bouchard(カナダ) Katsuya Ishida(CAD.), Itaru Kawai, Wataru Kamei(and/or), Junichi Oguro(aerostitch), OIKK, Junkan, 3+, paravol, 310326 + RICCIO, REgrap hy(李友未)
http://www.moelement.com

Text and Photos: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE