TOKYO NIGHT CURUSING

HAPPENING

8月20日から代官山の「GALLERY SPEAK FOR」で開催された「TOKYO NIGHT CURUSING !!」。「CURUSING」とは「CURATION」と「CRUISING」を掛け合わせて作られた造語だそうだが、その名の通り、TAGGER・YEN氏のキュレーションのもと集まったのは、東京を中心に夜の街をクルージングする、いずれも名うての12名のグラフィティアーティスト達である。


グラフィティの取り締まりや除去作業が強化される東京において、最前線で活動を続けるグラフィティアーティスト達のカンバス作品を、ギャラリーでゆっくりと鑑賞できる非常に貴重な展示となった。

複数のスタイルを自在に操り、ハードコアな活動で知られるZYS氏の作品。黒く塗りつぶされたカンバスの上に、街の中でも独特の存在感を放つ美しいラインで短剣を描いた。よく見ると、カンバスを縁どるように同色の黒で細かくタギングされている。

街中至る所に貼られた、あまりにも膨大なステッカーから、インターネット上の掲示板で謎の新興宗教の布教活動か?などと噂までされるekys氏は、白いカンバスの上にHELLOステッカーと自らのタギングを描いた。その横には反転して描かれた「syke」なる作品が。

線路脇や、幹線道路沿いにも巨大な作品を多く残す、WANTO氏とSECT氏は、人物の写真が並ぶモノクロームの台紙の上にそれぞれ自身の名前を描いた。壁を打ち破るように飛びだしたWANTO氏の作品は、緻密な線と綺麗な色使いが印象的(写真右)。カンバスを埋め尽くすようにSECT1の文字が並んだSECT氏の作品はモノグラム模様にも見える(写真左)。

その他のアーティスト達も、それぞれ街に描く時とは一味違った作品を展示していた。また、参加アーティスト達によって、ひとつひとつハンドペイントされたTシャツやキャップも展示・販売されていた。

『この作品の方々は皆さん来日してたりするんですか?』という質問が多かったという裏話もあるが、国境は当たり前のように飛び越えた域での展示なのは言うまでもない。オープニングでは、アーティスト、関係者を含め多くの人が来場し、入り口近くの柱は来場者達のタギングによってあっという間に埋め尽くされた。パーティーも盛況だったが、グラフィティが犯罪行為であるがゆえ、自らを名乗らないグラフィティーアーティスト達のストイックな姿勢には強く胸をうたれた。

TOKYO NIGHT CURUSING !!
会期:2005年8月20日〜9月4日
会場:GALLERY SPEAK FOR
キュレーター:THE YEN
参加アーティスト:AJI, Asec, DEM, DISKAH, DOPESAC, gKQ, NEIM, RACK, SECTUNO, SYKE, WANTO, ZyS
協力:phil co.,ltd.、EC、BOMB THE SYSTEM

Text: CAVAI

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE