NIKE 公式オンラインストア

ギャレット・チョウ「ナイキ・ウィンドランナー」

HAPPENINGText: Ania Markham

昨年私は、ロンドン・ポリスのストリートアート・グループのメンバーであったギャレット・チョウにインタビューをした。そのグループは解散してしまったが、ギャレットは今一個人のアーティストとしての位置を築いている。(彼はすでにグラフィックデザインにおいて輝かしい経歴があるが。)最近の90sqmにて行われたアパレル「ナイキ・ウィンドランナー」のリニューアルイベントは、彼の最新の作品を見ることができる完璧な機会となった。このイベントは、アパレル「ウィンドランナー」のニューライン、“スプリット” をフィーチャーした面白いリメイクジャケットを祝うものだ。

ギャレットは最近、キプロスにあるナイキ用に沢山のペイントを手掛け、この新しい「ウィンドランナー」に加わることになった。以前からこのリニューアルの話しは持ち上がっており、ギャレットは “スプリット” をテーマにしたペインティングのシリーズを思いついていたのだ。ナイキの策略と共に、彼はそのテーマに蘭の花を取り入れて発展させた。

『蘭は、全体のウィンドランナーのコンセプト “スプリット” に深い関係があると思いました。蘭の花は新しい固有の種を作るために育てられているようなもので、2種の蘭をかけ合わせて完全にオリジナルの新しい種になります。これが、新しいウィンドランナーの背後にある感覚に似ていいると思ったのです。』ギャレットのペインティングは色をたっぷり使った描写の蘭に、「ウィンドランナー」の要素を取り入れたものだった。また、中心にジッパーを施し、イメージがミックスしているペインティングもあった。

90sqmで行われるほとんどのイベントでは、作品を鑑賞したり、ドリンクを飲んだり、DJの音を楽しむ参加者が沢山集まる。川の近くに位置し、せわしいアムステルダムのセンター街からも離れており、夏の夜を過ごすのに理想的な場所の一つだ。イベントはいつも、友人たちと偶然に会い、それぞれ皆が何をしているのかを知るのに良い機会となる。言うまでもなく、この「ウィンドランナー」のリニューアルイベントも90sqmにとっての大きな成功となり、オーナーであるイドーは忙しく客達に対応していた。次のイベントも楽しみだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マナカ・プロジェクト
MoMA STORE