THE ALBUM リリースパーティ

HAPPENING

ビジュアルと音楽の関係性を意識的に一つの媒体として落とし込み、そのどちらが主というのではなく、両面からアートとい領域にせまり、ビジュアルから音楽を感じ、音楽からアートを連想させ、またその逆も然りというコンセプトを持つアートブック「THE ALBUM」が、BEAMS Tからリリースされた。そのリリースに先立ち、代官山「UNIT」で、本の参加アーチストとアートなシーンの重要人達が参加したリリースパーティーが行われた。


UNITの下にある「Saloon」と言う空間も使い、2フロアー構成のイベント。
音楽のジャンルはロック、テクノ、ハウス、エレクトロニカ、ノイズなどなど盛りだくさんで、無戒秀徳DMBQ、ALTZ、ニッポニア・エレクトロニカなどのアーチストが参加しアートブックの内容が伺い分かるラインナップ。さらにヴィジュアル、ライティングにも個性的なのアーチスト、宇川直宏、EXONEMO大橋二郎などをピックアップしていて、視覚的にも刺激があり、こちらも本の内容に相応しいラインナップ。

千原けん輔と赤岩やえによるアートユニットEXONEMOのインスタレーションVJは驚きと新鮮さに溢れていた。
回転する台に様々な素材を使い、リアルタイムに刻々と移り変わる風景を創造し、3台のDVカメラで三つのアングルから撮影された映像を、3台のプロジェクターから各々のDVカメラの映像を映し出す。また、3台のモニターに映像を流し、さらに3台のDVカメラで撮影しプロジェクターに映し出す。このアナログなものとデジタルを融合したビジュアルインスタレーションは既存のVJの枠を大きく超えていて非常に刺激的であり、同じ対象が撮影される角度によって刻々と変化するさまは不思議な感覚を観る者に与える。だれでも思いつきそうで、あまり行わないこの様な手法を、EXONEMOはアートとして提示しそれを観る体験は実に素晴らしかった。

そして、「THE ALBUM」において、楽曲とイラストレーションを提供している元ナンバーガールの無戒秀徳のライブは、彼一人、ギター一本とエフェクトという非常にシンプルな構成だが、そのシンプルさゆえに詩と音楽がより強いパワーを持って会場に響き渡り、独特な空気感を作り出していた。その詩の内容が深く心を揺さぶり共感を呼ぶとともに、深く入り込めば込む程、聴き手の無意識の領域まで侵入し、音楽を媒介としたアート的な体験を呼び起こした。
また、こちらはライティングを珍しく宇川直宏が担当して、随所に独特なタイミングのフラッシュや照明無しなどの演出を加えて、場をサイケデリックな空間へと変化させていき、さらに会場の雰囲気を盛り上げる。

他に様々なジャンルのアーチストがライブやDJ、ヴィジュアル演出を行った。DMBQの激しくドライブ感あるライブやシフトとも親交の深い、ニッポニアエレクトロニカの浜里堅太郎と大橋二郎による、オーディオ・ビジュアル、The Wafの爆音ノイズライブ、東京では初となるAltzのライブなど。一晩で行われるイベントとしては非常にボリュームのある内容だった。

既成の音楽メディアに対するアンチテーゼとしての性格も持つこのアートブック「THE ALBUM」は、言葉が語ることは難しい、音のビジュアル、ビジュアルとしての音というものを両義的に表し、DVDとは別の質量を持った、本という形式が視聴者と音楽とビジュアルの双方向的コミュニケーションをページを繰る動作と相まって可能とし、既成の音楽メディアが終始しがちな音楽の背後にある物語性や、主義思想に縛られることなく自由に音楽とビジュアルに触れるという別の楽しみを提案している。単なるBGM付きアートブックとして以上の意気込みを感じた。
そして、この試みに賛同するアーチストと雨の平日だったにも関わらず、たくさんの人々がイベントを熱く盛り上げた。

THE ALBUM RELEASE PARTY
日時:2005年6月2日 21:00-
会場:代官山UNIT
料金:2500円
出演:無戒秀徳, ALTZ, DMBQ, コンピューマ, 井口弘史, 宇川直宏, EXONEMO, 大橋二郎ほか
主催:BEAMS T

Text: Yasuharu Motomiya
Photos: Photoperformer Pas

※THE ALBUMは、SHIFT FACTORYで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE